星空日誌「つぶやき」

大阪と紀伊半島の星空

先日、大阪市内で星空撮影を行う機会がありました。予想はしていましたが、やはり大阪市内の夜空はかなり明るかったです。南天で見ることができたのは、木星とおとめ座のスピカぐらいでした。

大阪の夜景写真

上は、宝塚市の自宅から撮影した大阪平野の写真です。凄まじい人工光があふれ出していて、星はほとんど写っていません。この明るさの中で星を見るのは、やはり難しいですね。ちなみに斜め右上に写っている白い線は、国際宇宙ステーションISSの軌跡です。ISSは久しぶりに見ましたが、かなり明るいですね。

夏の天の川を観察・撮影しようと思えば、大阪都市部から離れる必要があります。夏の天の川は南側が見どころですので、大阪から北方向に行っても南側に大阪の光害が入り、天の川は見づらくなります。

そこで大阪よりも南にある紀伊半島の方向に離れるのがベストです。ただ、南の端まで行き過ぎると、今度は紀伊半島南端にある都市の明りが影響しますので、紀伊半島の真ん中やや南ぐらいがベストスポットになります。下は、天の川観測ポイントの一つ、五條市大塔町で撮影した天の川です。

天の川の写真

年配の方に天の川の写真をお見せすると「子供の頃は自宅の軒先から天の川が見えていた」とよくおっしゃいます。環境保護が叫ばれて久しいですが、星空環境だけは一向に改善される兆しがなく、悪化の一途です。しかし、最近、星空撮影を楽しむ方が増えてきており、星空も守るべき自然環境の一つとして訴えるにはチャンスかもしれません。このサイトでも、星空撮影の方法をご紹介しながら、星空の大切さを訴えていけたらと思っています。

大台ケ原とドブソニアン

月がまだ大きかったのですが、天気予報が良かったので、木曜日の夜、久しぶりに大台ケ原に出かけてきました。大台ケ原と言えば、紀伊半島の中でも特に星空が美しい場所として知られています。標高が高いので、透き通った夜空も魅力の場所です。

天気予報は最高でしたが、日の入前に現地に着くと、周囲はガスに覆われていました。下界は真っ青な晴天が広がっていたのですが、大台ケ原は天気予報が良くても曇ることが多いので、不安になります。しかし、薄明が終わった頃になると、雲は消え、満天の星空が広がりました。

ドブソニアン

この日は、以前、砥峰高原で2度お会いしたTさんと再会しました。以前は30cmのドブソニアンで観望を楽しまれていたTさんですが、この夜は口径50cmのドブソニアンを持ってこられていました。上がその写真ですが、50cmともなると巨大です。大砲のようですね。

このドブソニアンで銀河や星団を見せていただきました。50cmの集光力は素晴らしく、子持ち銀河を見ると、腕が巻いた様子がよくわかりました。また、圧巻だったのはオメガ星団です。この夜は大気の状態もよかったのでしょう、視界一杯に微恒星が広がる様子が見事でした。日本からでもこれほど見えることを知り、本当に驚きました。貴重な天体望遠鏡でいろいろな天体を見せていただき、ありがとうございました。

大台ケ原の春

上は、大台ケ原の道端に菜の花が咲いていたので撮影した写真です。シグマ20mmF1.4レンズで撮影したのですが、ボケの柔らかさと抜けのよさは、明るい単焦点レンズならではですね。このレンズもニコンマウント用が欲しくなってしまいました。

シグマ180mmマクロで撮影したM8M20

昨日に続いて、シグマ180mmマクロで撮影した、M8 M20付近の天の川です。M8 M20付近は、夏の天体撮影の定番と言える被写体ですね。180ミリで写すと星雲は小さくなってしまいますが、周囲に天の川銀河の微恒星が写って、豪華なイメージになります。

M8とM20付近

ところで、撮影に使ったシグマ180mmマクロレンズは、重さが1.6キロ以上もあります。同じようなスペックで、天体撮影に使われているキヤノンEF200mm F2.8LII USMの重さが約765gですので、実に2倍以上の重さです。

使われているレンズの枚数は、シグマ180mmマクロが19枚のところ、キャノンEF200mmは9枚です。レンズの枚数が重さの違いに表れているのでしょうね。シグマ180mmレンズは、中望遠レンズと言えどもこのように重いので、しっかりした 赤道儀に載せて撮影したいですね。

シグマ180mmマクロで撮った出目金と彼岸花星雲

シグマの180mmマクロレンズ(APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM)で撮影した、さそり座尾部の星雲群の写真を、デジタル一眼レフギャラリーに追加しました。さそり座尾部の星雲といえば、出目金と彼岸花星雲です。下の写真でも赤く写っ ているのがお分かりいただけると思います。

出目金と彼岸花

撮影に使ったシグマの180mmマクロは、2012年に発売開始して以来、天体写真ファンに定評のあるレンズです。確かに、実際に天体撮影で使ってみると、星像はシャープですし、少し絞れば周辺像も十分実用できます。コントラストも高いようで、低空にあるため、撮影が難しい今回の対象も綺麗に仕上げることができました。

今回は、直焦点撮影を行う横で、ポータブル赤道儀SWAT-350にレンズとカメラを載せて撮影しました。F値が明るいおかげで露光時間は短くてすみますので、ガイドは行わず、ノータッチガイド追尾撮影ですが、これだけ写ってくれれば十分満足です。このレンズは借り物なのですが、D810A用にニコンマウント版を一本欲しいなと思ってしまいました。

VSD100で撮ったアンタレス付近

夏の天体写真と言えば、さそり座のアンタレス付近ということで、今年は、ビクセンVSD100ニコンD810Aを使用して、アンタレスのカラフルな星雲を撮影してみました。

アンタレス付近

上がその画像です。D810Aは輝星周りのゴースト(ハロ)があまり出ないので、以前使用していたAstro60Dに比べると、画像処理がかなり楽でした。実際、上の画像では、ゴースト低減の処理は一切行っていません。

この画像は、先日、訪れた大塔ヘリポートで撮影したのですが、撮影し始めのコマはコントラストが悪く、画像処理の際に使うことができませんでした。最終的に16枚を加算平均して強調し、普段よりコントラストを高く仕上げたので、若干ノイズ感は感じられますが、なかなか綺麗に仕上がったのではないかと思います。

ちなみに、VSD100とニコンD810Aは、なかなか使いやすいコンビだと感じています。VSD100は、FSQ-106EDと比べると小さいので、手軽に持ち運べるのもいいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode