星空日誌「つぶやき」

梅雨明けはいつ

キヤノンから、新しいミラーレス一眼「EOS R5」と「EOS R6」が、昨夜、発表されました。どちらの機種も、現行機種(EOS R)の不満点を解消した魅力的なカメラに仕上がっていると思います。使ってみたいですね。



今、天文界でホットなニュースと言えば、予想よりも明るくなったネオワイズ彗星(C/2020 F3 (NEOWISE))です。現在、明け方の低空に見えているので、是非撮影したいのですが、梅雨が続いて全く晴れ間がありません。先週までの天気予報では、そろそろ梅雨が明けている頃なのですが、今はいつ梅雨明けするのかわからなくなってしまいました。

いつでも遠征できるように、ネオワイズ彗星の撮影機材として、プロミナーとSWAT-350 V-specの組み合わせを準備しています。この組み合わせなら、軽量コンパクトですので、飛行機での移動にも対応できます。今後も本州の天気が悪ければ、北海道まで行くしかないかもしれませんね。

梅雨が明けたら惑星シーズン

発達した梅雨前線の影響で強い雨が続いていますが、梅雨明けも気になり始める頃ですね。

近畿地方では平年、7月21日頃が梅雨明けです。しかし、今年の沖縄地方は平年に比べて11日、梅雨明けが早かったので、それに倣えば、近畿地方も次の週末ぐらいが梅雨明けになるでしょうか。



今年は7月14日に木星が衝を迎えます。また土星も、木星に続くように、その1週間後の21日に衝を迎えます。梅雨が明け、安定して晴れが続く気圧配置になれば、良シーイングに恵まれます。強拡大が必要な惑星撮影には最適の季節の到来ですね。

高解像度の惑星の撮影には、天体用のCMOSカメラが適しています。CMOSカメラには、センサーサイズの異なる様々な機種が発売されていますが、惑星にはセンサーサイズの小さなカメラが適しています。

惑星撮影にToUcamProやImaging Source社のカメラが用いられていた頃は、センサーサイズは1/4インチが主流でしたが、今は1/3インチの機種の中から選ぶのがお勧めです。



上は、私が使用している「ZWO ASI 224MC」と「ZWO ASI 290MM」です。290MMはモノクロセンサーが用いられているので解像度は高いですが、カラー画像を得るのは少々面倒です。実際、私も224MCを使用する機会が多くなっています。

惑星撮影は難しいと思われがちですが、実際に撮影してみると案外と簡単に写ると感じると思います。惑星は、光害の多い都市部でも撮影を楽しめるので、今年10月の火星準大接近に向けての練習も兼ねてトライしてみてはいかがでしょう。

なお、撮影方法については、Webサイトの惑星撮影の方法ページや惑星の画像処理ページにもまとめていますので、是非ご覧ください。

ビクセンSDフラットナーHDとレデューサーHDのレビュー記事

以前、ブログでご紹介した、ビクセンSDフラットナーHDとレデューサーHDの内容を、WebサイトにSDフラットナーHDのレビュー記事としてまとめました。是非ご覧ください。

下の写真は、ビクセンED103Sで撮影しているときの様子です。



ED103S鏡筒の固定には、VSD100用のバンドを使用しています。ED103S付属の鏡筒バンドはやや強度が弱く、天頂付近ではガイド流れに悩まされました。長時間露光で撮影する場合、しっかりしたバンドは必須ですね。

MT-200で撮った木星

木星観望の後、ZWO社のCMOSカメラ「ASI 224MC」を取り付けて撮影した木星の写真です。



写りはいまいちですが、大赤斑が見えているタイミングだったので、木星らしい姿を捉えることができました。

天気予報を見ると、しばらく梅雨空が続きそうですね。梅雨が明けたら、Mewlon-250CRSを使って、本格的に惑星撮影を始めたいと思います。

木星をMT-200で観望

昨夜はよく晴れていたので、ミラーを再メッキしたMT-200で木星を観望しました。

風が少しありましたが、幸い気流はそこそこ良く、木星の縞模様や大赤斑もよく見えました。やはりニュートン反射のシャープな中心像は、惑星観望に最適ですね。

MT-200

惑星観望の際の個人的な楽しみの一つは、アイピース比較です。昨夜は、手持ちのアイピースで木星の縞模様を見比べてみました。

比較したのは、タカハシHi-LE、SMCペンタックスOr、ニコンOr、SMCペンタックスXO、ビクセンLV、ビクセンHRです。個人的な感想ですが、ビクセン HR 3.4mm が最もコントラストが良く、木星の縞模様が見やすかったように思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode