星空日誌「つぶやき」

星もとで気になった機材

「星をもとめて」の会場には、たくさんの機材が集結しました。
その中で特に気になった機材をこちらで紹介します。

まずは「iOptronのCEM60赤道儀」です。
iOptron赤道儀
赤道儀には、Explore Scientific社の15センチ鏡筒が載せられ、協栄産業ブースの横に展示されていました。

iOptron CEM60赤道儀の実機を見たのは初めてで、思っていたよりも大きいと感じました。CEM60赤道儀は、本体の重さが12キロほどで、耐架重量が約27kgという赤道儀です。外観からは、がっしりとしていそうでした。

天体望遠鏡を覗きながらコントローラーのボタンを押すと、視野内をスムーズに動いていきました。モーターの動きは滑らかそうです。ただボタンを離してモーターの動作を停止すると、視野内の星が少し揺れていました。赤道儀のクランプが緩んでいたのかもしれません。

iOptronのCEM60赤道儀には、エンコーダー付とそうでないモデルが用意されています。エンコーダー付モデルは、オートガイダーが必要ないほどの高精度とのことで、実際の追尾精度が気になるところです。

次は「スカイウォッチャーEQ8赤道儀」です。 スカイウォッチャー EQ8 赤道儀
搭載可能重量が約50キロにも関わらず、三脚セットで50万円を切る価格が魅力の赤道儀です。フリー観望会場でお会いしたNさんが持ってこられていた機材です。

赤道儀の架台部分がピラー三脚ということもあり、図体はかなり大きく感じられました。パッと見た印象では、タカハシEM400並みの大きさです。赤道儀には、30センチクラスのRC鏡筒(シュミカセ?)を載せられていましたが、外観からは不安定感はなく、余裕で載っている印象を受けました。

モーターを動かして高速駆動しているのを見ていると、最初は小気味よい音と共にスムーズに回転していきますが、途中から「ギィー」という音を発しながら動き始めました。どこか赤経ギアの当たりが悪いのかもしれません。

また、この赤道儀には極望が標準で付属していないので、複数の星を使ってアライメントを取り、極軸を合わせていらっしゃいました。このアライメント作業ですが、暗い星が指示されることもあるようで、隣で作業を見ていると結構手間がかかりそうという印象を受けました。

最後は、タカハシから最近発売された、PM-SPポータブル赤道儀です。
タカハシ PM-SP赤道儀
ポータブル赤道儀なので、カメラ三脚の雲台に載るコンパクトボディです。タカハシカラーのアルミ鋳造の本体ボディで、PM-1XYの赤緯体がベースになっています。重さは2キロ弱だそうですが、手に持つとずっしりとした重量感が伝わってきました。

PM-SP赤道儀の特徴としては、倍率5倍の極軸望遠鏡が内蔵されていることがあげられます。極望のスケールは、スカイメモのスケールとタカハシP2の極軸望遠鏡を合わせたような指示スケールで、なかなか使い易そうでした。内蔵型の極望なので、外付けタイプよりも指示精度が良いのではないでしょうか。

タカハシPM-SP赤道儀には、ハンドコントローラーも付属していました。恒星時駆動以外にも0.3倍などが選べるようですが、オートガイド端子は設けられていませんでした。メーカーの方に伺うと、今後、オートガイドに対応したコントローラーも用意されるようです。

オートガイドの話になったので少し触れますが、Temma2M以降に採用されたタカハシのオートガイド端子は、独自の規格のもので評判があまりよくありません。撮影中に接点不良でオートガイドが止まったり、オートガイド端子自体が不良で、赤道儀を修理に出したという話も聞きます。

タカハシ以外のメーカーの赤道儀のオートガイド端子には、RJ-11(6極6芯)が一般的に使われていて互換性があります。使う側の立場に立って設計するなら、タカハシの赤道儀にも同じ規格のオートガイド端子を使用して欲しいところです。

以上、「星をもとめて」で気になった機材の簡単なレポートでした。現地では、皆様に機材の使用感についていろいろと教えていただき、ありがとうございました。

星祭りセールはお買い得

星もと特価星をもとめてのメイン会場では、協栄産業や国際光器をはじめとした天文ショップが出店していました。天文ファンにとって、毎年恒例のガラクタ市や、星もと特価の商品は気になるところですね。18時過ぎから始まったガラクタ市には、大勢のお客さんが詰めかけました。

今年からExplore Scientificの代理店になった協栄産業では、同社のアイピースや望遠鏡がたくさん並べられていました。中には3インチのアイピースや天頂ミラーも展示されていて、今後は2インチを越えた世界が広がるのでしょうかね。協栄産業ブースの中で特に安いと思ったのは、ビクセンのSXD2とSXP赤道儀です。SXD2赤道儀は、税込みで248,000円、SXP赤道儀は288,000円でした。台数限定だったようですが、通常の価格よりかなり安いですよね。

協栄産業の隣では、コーワ光学が双眼鏡の展示販売をしていました。こちらでは、機種名は忘れましたが、口径3センチの5万円程度の双眼鏡に2万円を切る価格が付けられていて、閉店間際には残り1台になっていました。思わず買いたくなったのですが、昨年末に同じコーワ光学の3センチ双眼鏡を購入していたので踏みとどまりました。欲しい機材があれば、星もとのような星祭りのセールで買うとお買い得ですね。

話が変わりますが、キヤノンから新型デジタル一眼レフカメラのEOS7DMarkIIが発表されました。キヤノンEOS7Dから約5年ぶりの後継機で、一時は新型機種が出るのか危ぶまれていたほどです。最高10コマ/秒の連射と、65点ものAF測距点が備えられたEOS7DMarkIIは、連射が必要なシチュエーションで人気が出そうですね。

星をもとめて 2014に参加してきました

星をもとめてイベントこの週末は、毎年、京都府るり渓で開催されている星のお祭り「星をもとめて(星もと)」に出かけてきました。昨年の星もとは、台風が直撃という大変残念な天候でしたが、今年は終始良いお天気で、きれいな星空を楽しむことができました。やっぱり星祭りは星が見えないと盛り上がりませんね。私が参加した星もとの中で、今回は一番の天気だったと思います。

この好天のため、たくさんの天文ファンが会場に集まっていました。特に天体観望の会場となる駐車場は、夕方には満車状態で、様々な天文機材が並べられていました。ニコンの10センチED鏡筒やツァイスの天体望遠鏡等、普段見かけない珍しい天体望遠鏡も多く、機材を眺めるだけでも楽しい観望会でした。

星もとのメイン会場の方では、ビクセンやタカハシを初めとした天体望遠鏡メーカーが、自社の天体望遠鏡を並べていました。天体望遠鏡の観望待ちの列の横で、メーカーの技術者に熱心に質問されている方もいらっしゃいました。ユーザーにとって、メーカーの方と直接話をできる機会はなかなかありませんので、貴重な場ですよね。私もタカハシから新しく発売されたポータブル赤道儀「PM-SP」について、いろいろお話を伺うことができました。

会場では、八塔寺でよくご一緒する方や、このブログを見てくださっているという方々にお会いすることができました。機材の使用感などいろいろ教えていただき、ありがとうございました。またどこかでお会いできましたら、どうぞよろしくお願いします。そして、来年も星をもとめてが晴天に恵まれますように!

一軸オートガイドテスト

タカハシP-2赤道儀昨晩は透明度が良く、全天綺麗に晴れていました。21時に、月が東北東の空から昇ってきましたが、それまでは自宅からでも暗い星までよく見えていました。月がなければ、遠征したかったですね。

遠征はあきらめましたが、代わりに、P2赤道儀のAMD-1モーターの追尾テストを行いました。AMD-1は、元々はオートガイドには対応していませんが、K-Astecさんでオートガイド端子を追加していただきました。梅雨前に改造してもらったのですが、この夏は天気が悪く、やっとテストすることができました。

AMD-1モーターは赤経軸のモーターですので、一軸オートガイドになります。撮影には、EF200ミリレンズとプロミナーの500ミリレンズを使いました。ガイド無しでは星が少し流れて写りましたが、オートガイドするとほぼ点像に写ってくれました。極軸をしっかり合わせて撮影すれば、一軸オートガイドでも上手くいきそうです。

AMD-1をやっとテストできましたが、K-AstecさんのHPを見ると、二軸オートガイドに対応したAMD-2を開発されているようです。地平線高度が低い天体を写す場合は、大気の浮き上がり現象などで、極軸をしっかりと合わせても赤緯方向に流れて写ることがあります。このような対象を撮影するときは、二軸オートガイドの方が安心でしょうね。

BORG76EDとBORGマルチレデューサー0.7×DGT

ボーグレデューサー雨続きの天気から打って変わって、このところ、晴れの天気が続いています。天候が良いなら星空撮影に出かけたいところですが、満月近くの月が夜空を照らしているのが残念です。この天候を新月期に取っておきたいですね。

ところで、先日、ビクセンED103SとBORGマルチレデューサー0.7×DGTの組み合わせでテスト撮影を行ったところ、鏡筒長が長すぎてピントが合いませんでした。そこで、このマルチレデューサーをBORG76EDと組み合わせてテスト撮影したところ、思っていたよりも良い結果が得られました。メーカーのBORGマルチレデューサー0.7×DGTのページにも、「設計上、ボーグ76EDとの相性が良い」と書いてありましたが、その通りの結果でした。テストの結果は、レデューサーの星像比較のページをご覧ください。

BORG76Eは、購入した当初は撮影に使用していましたが、その後、ガイド鏡に格下げとなり、最近は防湿庫に入ったままでした。今回のテストで、また第一線に復活させて、星雲・星団の撮影に使えるかもと印象を新たにしました。昔の鏡筒がこのようなマルチユースのレデューサーで蘇るのは嬉しいですね。

星空日誌メニュー

話題の天文書籍等
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブログ記事の検索

カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
プロフィール
最新の記事
過去の記事
リンク集
others
mobile
qrcode