星空日誌「つぶやき」

アトラス彗星 C2019/Y4

新型コロナ肺炎の感染が日に日に拡大しています。日本でも外出自粛の動きが広がっていますが、”自粛”という対応では、感染の拡大を防ぎきれないように思います。海外に比べ、日本は危機感が低いと感じます。今のうちに外出禁止で対応しないと、後々、取り返しのつかない事態になってしまうのではないでしょうか。

天文の世界では、増光を続けるアトラス彗星(C2019/Y4)が注目されていますね。アトラス彗星は、発見されて以降、増光を続け、近日点通過後にはマイナス等級まで明るくなるのではないかと騒がれています。もしそうなったら、久々の大彗星ですね。

話題のアトラス彗星を、3月24日の夜に撮影してみました。残念ながらこの夜は風が非常に強く、赤道儀が風が揺られてしまい、超高感度でノータッチ撮影するのがやっとでした。それでも風の影響で星像が流れています。



上の画像は、一枚画像をトリミングしたものです。青緑色の彗星のコマは明るくしっかりしており、そこからわずかな尾が伸びているのが分かります。これから太陽に近づいて、どのような姿になるのか楽しみですね。あまり期待しすぎず、見守っていきたいです。

しし座のM65とM66

天体写真ギャラリーに、しし座のM65とM66銀河の写真をアップしました。2月末の新月期に、タカハシ Mewlon-250CRSで撮影した写真です。



しし座のM65とM66の写真は、すぐ北に位置するNGC3628銀河と一緒に撮影されることの多い天体です。NGC3628を含めたこれら三つの銀河は「しし座のトリオ銀河」や「しし座の三銀河」と呼ばれ、天体ファンに親しまれています。

今回は、二つのメシエ天体のみをクローズアップ撮影してみましたが、このように拡大してみると、M65とM66の色合いの違いや形状の違いがより明確になり、興味深いですね。

一方で、NGC3628が入っていないと構図的に少し寂しい気もします。でもこの感覚は、北側にNGC3628が存在するのを知っていて、トリオ銀河の写真を見慣れているからかもしれません。

ところで、明日から3連休がはじまりますが、兵庫県のおおやキャンプ場では、星を見て楽しむイベントが、20日(金)・21日(土)に開催されます。天体望遠鏡でお馴染みの株式会社ビクセンも協賛するイベントで、天気も良さそうなので盛り上がりそうですね。公式ページはこちらですので、お近くの方は訪れてみてはいかがでしょう。

MT-200の光軸調整

今日は、タカハシMT-200のセットアップをしました。

再メッキした際、主鏡のセンターマークが消えてしまいました。そこで、製図ソフトで直径20センチの円と中心点を紙にプリントし、それを目安にして、ミラーの中心にセンターマークを入れました(これは何度やっても緊張しますね)。



次は斜鏡です。タカハシの最近の望遠鏡では、斜鏡にもセンターマークが入っています。ただ、斜鏡にマークを入れると主鏡で集めた光を遮るので、今回はマークを入れずに光軸調整することにしました。

光軸調整は、まず斜鏡だけを付けた状態で、斜鏡の前後方向(鏡筒の前後方向)を合わせます。次に、斜鏡に写った鏡筒後ろ側の像を見ながら、斜鏡の傾きと前後を調整します(傾きを調整すると前後方向の調整も若干変わります)。この時、 同心円を描いた紙などを鏡筒後部に置くと、調整する方向がわかりやすいと思います。



最後に主鏡を取り付け、主鏡の傾きを調整すれば、光軸調整が終了です。レーザーやセンタリングアイピースで確認したところ、光軸はしっかり合っていそうです。あとは実際の星を見ながら最終調整ですね。昨夜はよく晴れていましたが、今夜は雨のようです。次に晴れた夜に最終調整を済ませたいと思います。

きりん座のNGC2403

兵庫県でも新型コロナ肺炎の感染者が報告されました。実際は、保健所が実施していないだけで、もっと感染者がいるのではないかと思います。

ところで、先日の3連休は新月期と好天が重なり、各地の天体観測場所は天文ファンで賑わっていたようです。私が訪れた八塔寺も大盛況で、久しぶりに皆さんとお会いできて、楽しく撮影することができました。

再メッキから返ってきたタカハシMT-200は光軸の調整が間に合わなかったため、撮影には、Mewlon-250CRSを持っていきました。天文薄明が終わり、最初のターゲットとして選んだのは、きりん座のNGC2403銀河です。

NGC2403

撮影開始の時間帯、NGC2403は、まだ東天に位置していましたが、子午線越えの際に望遠鏡の向きを入れ替えるのが面倒なため、テレスコープイースト(望遠鏡が東側)の状態で撮影を開始しました。

最終的にL画像を8枚、RGB画像をそれぞれ2枚ずつ撮影しましたが、家に帰って画像を確認すると、L画像の4枚は他に比べてかなり星が肥大していました。薄明が終わった直後ということもあり、気流が安定していなかったのでしょうね。ミラーが外気に十分に馴染んでいなかったのかもしれません。

NGC2403の後は、しし座のM65とM66銀河を撮影し、時間は足りませんでしたが、M83銀河も撮影しました。処理が終わったら、ギャラリーに追加していきたいと思います。

ステラショット2 発表

昨日、アストロアーツ社が、天体撮影支援ソフト「ステラショット2」を発表し ました。「あれ、もう次期バージョンが登場?」と思ってしまいましたが、「ステラショット」が発表されてからもう5年も経っていたのですね。



新しい「ステラショット2」には、極軸補正機能「スーパー・ポーラー・アライメント」が搭載されるなど、更に便利な機能が追加されたようです。

対応デジタルカメラですが、従来の機器に加え、ニコンとキャノンのミラーレス一眼カメラに対応するのはもちろん、ZWO社やQHYCCD社のCMOSカメラも使えるようになるのは嬉しいですね。最近、ZWO社のCMOSカメラは人気がありますので、ステラショット2が対応になれば、「ステラショット2」のユーザーは増えるのではないでしょうか。

個人的には、ドイツ式赤道儀で、鏡筒を東西反転せずに子午線を跨いで天体を導入できるようになる点が嬉しいですね。「ステラショット2」は、3月26日発売 で、価格は40,480円(税込)です。Wifi対応のコントロールユニット「GearBox」付きの場合は、62,480円(税込)とのことです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode