星空日誌「つぶやき」

1億画素のミラーレス一眼

6月末に富士フィルムのミラーレス一眼、GFX100が発売開始されてから、1億画素というフレーズを、写真仲間の間でよく耳にするようになりました。やはり、億という言葉にインパクトがあるのでしょうね。

H6D-100c

1億画素のカメラと言えば、ハッセルブラッドのH6D-100cもありますが、ミラーレスのフジGFX100は、ボディがコンパクトで持ち運びも容易です。35ミリ一眼レフカメラよりはやや大きく感じますが、このサイズなら、街中で持ち歩くのも可能でしょう。

フジGFX100のセンサーには、GFX50sと全く同じ大きさで、画素数を増やしたセンサーが用いられています。ハッセルブラッドのH6D-100Cに用いられているセンサーより一回り小さいので、その点が残念です。

センサーサイズ比較

上は、ハッセルブラッドのH6D-100Cの1億画素センサー(53.4 x 40.0mm)と、H6D-50Cの5000万画素センサー(43.8 x 32.9mm)の比較写真です。フジGFX100のセンサーは、H6D-50Cと同サイズで、H6D-100Cよりセンサーサイズが一回り小さくなります。

プロミナーで撮った網状星雲

台風10号が西日本に近づいています。14日の20時現在、雨は小降りですが、風が強くなってきました。どうか大きな被害が出ることなく通り過ぎてほしいです。

最近、ギャラリーに追加できる作品を撮影できていないので、5月末にプロミナーで撮影した網状星雲を処理してみました。

網状星雲

上が処理後の画像です。4枚しか画像を撮っていないにも関わらず淡い部分を強調したので、かなり荒れてしまいました。やはり、あと10枚くらいは追加したいですね。次回の新月期に撮影できたら、画像を追加して仕上げ、ギャラリーに掲載したいと思います。

中古機材販売ページに、国際光器のヘラクレス赤道儀を追加しました。ヘラクレス赤道儀はペンタックスMS-5並みの大きさの赤道儀で、30センチクラスの天体望遠鏡でも搭載可能の架台です。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお問い合わせいただければ幸いです。

タカハシ FC-100DZ

お盆休みの時期になりましたが、接近中の台風10号の進路が気になりますね。今の予報によれば、15日木曜日に九州から四国方面に接近する予定です。どこかに出かけるなら、東方面が良さそうですね。

先日、協栄産業大阪店に立ち寄りました。新しく販売開始されたタカハシのFC-100DZの伸縮型フードを確認したかったのですが、残念ながらまだ展示されていませんでした。

店員さんによると、FC-100DZの問い合わせは多いようです。納期は約3週間とのことでしたので、今ならまだ増税に間に合いますね。星祭りの会場などで、新しくなった2枚玉フローライト屈折を覗いてみたいと思います。

Astro6D

上の写真は、私が使用している天体写真用改造カメラAstro6Dです。現在、通常¥378,000(税込)のところ、サマーセールで、56,120円オフの321,840円で販売中です。最終処分特価と書かれていますので、そろそろ販売終了するのでしょうか。

五藤テレスコープ MX-HD

昼間は皮膚が焼け付くような日差しの酷暑が続いていますが、夜になると雲が広がってきてしまいます。暖かく湿った空気が冷やされて、雲が出てくるのでしょうね。暑くて車の運転も辛い時期なので、自宅での惑星観望がいいかもしれません。

五藤テレスコープ赤道儀

五藤テレスコープの新型赤道儀MX-HDの受注が、8月1日から始まりました。MX-HDはハーモニックドライブを用いた小型赤道儀で、今年春に発表され、天文ファンの注目を集めていました。私も個人的に気になっていた赤道儀で、原村星祭りの会場で見せていただきたかったのですが、残念ながら参加できませんでした。

五藤テレスコープ以外にも、タカハシから新しい機材(赤道儀?)が発表されるのではないかという噂も出ています。Temma2Zシリーズを継ぐ、Temma3シリーズが発表されるのでしょうか。消費税増税の前に機材の更新を考えている方にとっては、この噂の真偽も気になるところですね。

キャンプブーム

近畿地方も梅雨明けしましたが、夜は曇りがちの天候が続いています。8月1日が新月ですので、そろそろスカッと晴れてほしいですね。

雑誌などで特集が組まれていますが、今、キャンプブームだそうです。1泊以上のキャンプへ行く人の数が5年連続で増えていて、特にここ1、2年は盛り上がりを見せているようです。

キャンプ場

星空撮影で利用させていただいている八塔寺の望ヶ丘キャンプ場も、大賑わいです。数年前は、ハイシーズンでもテントが数台並ぶ程度でしたが、今年はキャンセル待ちで、予約が取れないほどの賑わいだそうです。

また、兵庫県養父市にある、星空ハイキングで人気の若杉高原おおやキャンプ場も、夏休み中は、ほとんど予約で埋まってしまっています。本当にキャンプブームなのですね。

キャンプは撤収と後片付けが大変そうですが、暑い夏に涼しい自然の空気の中で眠れるのは最高だと思います。ブームが落ち着いた頃に、私もキャンプを体験してみようかなと思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode