星空日誌「つぶやき」

系外銀河の撮り方

そろそろ、夏の星雲星団の撮影シーズンですが、系外銀河の撮影方法について紹介したページを天体撮影の方法に追加しました。

系外銀河の例

カラフルな星雲と比べると、系外銀河はややマイナーに感じますが、変わった形の天体も多く、興味深い被写体だと思います。

5月は気流も落ち着いてきますので、系外銀河のディテールを捉えやすい時期です。このページが何かのご参考になれば幸いです。

Red Cat51が注目株

先日は赤道儀について書きましたが、天体望遠鏡では、Wiilam Optics社の「Red Cat51」が天文ファンに注目されているようです。

Red Cat51は、口径51ミリの天体望遠鏡で、光学系には4枚玉ペッツバール式が採用されています。ピント合わせ機構には、ドロチューブではなく、レンズ摺動方式が採用されていますので、望遠鏡というより、コーワ PROMINAR 500mm F5.6L のようなテレフォトレンズになりますね。付属品が豊富で値段も手頃なので、人気が出るのもわかるような気がします。

Red Cat

今月号の星ナビの特集記事でも紹介されていましたが、6センチ前後の高性能望遠鏡は大きさが手頃で、これから天体撮影を始めてみようという方にも人気があります。

口径6センチ前後で撮影に適した望遠鏡では、昨年登場したビクセンFL55Sが思い浮かびます。ただ、本体だけで約10万円と価格が高く、補正レンズも含めると18万円前後にもなるため、なかなかお勧めしづらい面がありました。

そのため、お問い合わせをいただいた際は、天体望遠鏡らしいシルエットのタカハシFS-60CBをご紹介していましたが、これからの天文ファンの評価如何では、Red Cat51も選択肢の一つになりそうですね。

ちなみにFS-60CBは以前、所有していましたが、今は手放してしまいました。その後、FC/FSマルチフラットナー1.04×が出ましたので、手元に置いておけば良かったなと後悔している鏡筒です。

協栄オリジナルのSXP赤緯体

先日、天体望遠鏡ショップの協栄産業から、SXD2赤道儀リミテッドが発売されました。SXD2赤道儀の架頭部分をSXP仕様に変更した、ショップオリジナルモデルです。

SXD2赤道儀の架頭はアリミゾ金具が標準装備で、個人的には便利だと思っていましたが、ε-130Dなどを使用する場合は、よりワイドな3インチ幅のアリガタを使われる方も多く、そのような方には不評でした。

SXPとSXD

また、SXD2赤道儀は赤緯の回転が渋く、バランスが取りにくい点も不評でした。SXD2赤道儀リミテッドは、これらの問題点を解決したモデルで、なかなか好評のようです。SXP赤道儀の後継機であるSXP2赤道儀が高くなりすぎたので、その間を埋めるモデルとしても注目されているのでしょう。

また、既存ユーザーからの要望にこたえ、最近、SXP赤道儀のヘッド部分だけが改造キットとして販売開始されました。

我が家にもSXD赤道儀がありますが、同じく赤緯の動きが渋い点が残念でした。このキットを使用して、SXP赤道儀と同じような使用感が得られるなら、交換してまた復活させようかという気もわいてきます。このような便利なキットの単体販売は、ユーザーとして嬉しいですね。

YahooのHPサービス終了について

3月31日付で、Yahoo!ジオシティーズのHPサービスが終了となってしまいました。多くの天文ファンが利用していたサービスだけに、4月以降、久しぶりにサイトを訪れると、ページがなくなっていることが何度もあり、ショックを受けています。



中でも残念だったのは、「星空素人のひとりごと」で知られる星空素人BLSさんのWebサイトです。

初めて星空素人BLSさんのサイトを訪れたのは、銀塩フィルムで撮影していた頃です。こちらのサイトを通じて、多くの天文ファンの方と知り合い、ご助言もいただきました。思い出深いサイトがサービス終了で消えてしまうのは、とても残念です。

私のWebサイトにはリンクページを設けていますが、いくつかのサイトは、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了と共に、リンク先がなくなってしまっています。移転先をご連絡いただいたページは、新しいアドレスに更新していますので、お手数をおかけしますが、お問い合わせページから、ご連絡いただければ幸いです。

また、新しいリンクも募集していますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。Yahooブログも年末に終了がアナウンスされています。このまま天文サイトが消えたり、移転先の不明なサイトが増えたりすると寂しくなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

追記:星空素人BLSさんの画像掲示板ブログは続けられていると教えていただきました。ありがとうございました。是非ご訪問になってみてください。

シグマ15ミリフィッシュアイレンズ 訳あり品

昨夜は晴れていましたが、黄砂とPM2.5の影響で空が白っぽく、星がほとんど見えませんでした。こんな日は、遠征しても、クリアな写真を撮るのは難しいですね。

中古機材のページに、シグマのフィッシュアイレンズ「シグマ 15mm F2.8 EXFISHEYE レンズ(ニコンFマウント用)」を追加しました。シグマのフィッシュアイレンズは、星空撮影ファンに人気の高いレンズで、これからの時期、夏の天の川を撮影するときに便利なアイテムです。

シグマ15ミリレンズ

フードを切り取っている訳あり品なので、お安くしていますが、動作は正常です。もしご興味があれば、お問い合わせいただければ幸いです。

なお、現行モデルは、レンズのコーティングが見直されて、 シグマ 15mm F2.8EX DG FISHEYEに名称が変わりましたが、レンズ構成やその他の仕様は同じです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode