星空日誌「つぶやき」

梅雨入り前の晴天

今日の関東地方は大雨だったようですが、近畿地方は昼頃から気持ちの良い晴天に恵まれました。空気が澄んでいたので視程も良く、40キロほど離れた富田林市のPLの塔が近くの公園から見えました。

週間天気予報を見ると、明日から土曜日にかけて天気が安定するようです。梅雨入り前の貴重な晴天ですが、月がまだ大きいのが残念ですね。



上は、明日の24時半頃の星空です。アンタレスが南中する時刻ですが、月齢19程度の大きな月がいて座にあるので、ブロードバンドでの天体撮影は難しいでしょうね。土曜日の夜なら、夜中を過ぎないと月が出てきませんが、それまで晴天が続いてくれるのか少々不安です。

やっと会えた快晴の星空

新月期と重なる期待の10連休でしたが、残念ながら不安定な天候が続きました。天気予報も直前でころころと変わり、雲一つない快晴の天気予報だったにも関わらず、一晩中曇天の夜もありました。天文ファンとしては、少々残念な連休だったのではないでしょうか。

結局、10連休の間で一晩中快晴に恵まれたのは、5月3日の夜だけでした。この夜はいつものメンバーが八塔寺に集まり、朝まで賑やかに星空観望や天体撮影を楽しむことができました。



私は、新しく手に入れたフジノンの双眼鏡「7×50 FMT-SX」を持参し、学生の頃から愛用してるカートンの双眼鏡「 ADLERBLICK 7×42 MC」と見比べたりしながら、天の川の中で輝く星団や星雲の観望を楽しみました。

カートンの双眼鏡と比べると、フジノンの双眼鏡は口径が大きい分、視野が明るく、また周辺像もシャープに感じました。カートンのアブラトリックも悪くないのですが、星像や視野の平坦性を比べると、さすがは定評のあるフジノン双眼鏡ですね。ただ本体が重いので、長時間手持ちで観望するのは辛いです。

10連休の天気と月齢

明日からゴールデンウィークですね。今年は、10連休でしばらく銀行が休みになるため、今日の銀行は非常に混雑していました。政府はキャッシュレスを推進していますが、日本はまだまだ現金が必要な社会ですね。

天文ファンにとって気になるのは月齢ですが、5月5日(水)が新月なので、10連休中は月明かりに影響される時間帯も短く、絶好の撮影シーズンとなります。午前0時を過ぎれば、東天から夏の天の川も上ってくるので、夏の天体を狙うなら、明け方に月がないGW後半が良さそうですね。



また気になる天候は、明日夜は晴れそうですが、その後は一旦天気が悪くなり、ゴールデンウィーク後半にまた回復する予報です。休みを最大限に生かすなら、明日の夜は長焦点機材で春の系外銀河を狙い、一旦休憩後、後半は短焦点光学系で夏の天体を狙うのが良さそうですね。

YahooのHPサービス終了について

3月31日付で、Yahoo!ジオシティーズのHPサービスが終了となってしまいました。多くの天文ファンが利用していたサービスだけに、4月以降、久しぶりにサイトを訪れると、ページがなくなっていることが何度もあり、ショックを受けています。



中でも残念だったのは、「星空素人のひとりごと」で知られる星空素人BLSさんのWebサイトです。

初めて星空素人BLSさんのサイトを訪れたのは、銀塩フィルムで撮影していた頃です。こちらのサイトを通じて、多くの天文ファンの方と知り合い、ご助言もいただきました。思い出深いサイトがサービス終了で消えてしまうのは、とても残念です。

私のWebサイトにはリンクページを設けていますが、いくつかのサイトは、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了と共に、リンク先がなくなってしまっています。移転先をご連絡いただいたページは、新しいアドレスに更新していますので、お手数をおかけしますが、お問い合わせページから、ご連絡いただければ幸いです。

また、新しいリンクも募集していますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。Yahooブログも年末に終了がアナウンスされています。このまま天文サイトが消えたり、移転先の不明なサイトが増えたりすると寂しくなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

追記:星空素人BLSさんの画像掲示板ブログは続けられていると教えていただきました。ありがとうございました。是非ご訪問になってみてください。

本年も宜しくお願い致します

2019年も早5日が過ぎようとしています。遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年も「天体写真の世界」をどうぞよろしくお願いいたします。

火星が15年ぶりに地球に大接近した昨年と比べると、今年は世間を騒がせるような天文現象が少なく、比較的静かな1年になりそうです。でも、明日の午前中には全国で部分日食が見られるなど、早速、楽しみな天文現象が控えています。天体望遠鏡を使って、観測や撮影を楽しみたいですね。

部分日食

写真は、2017年8月21日にアメリカで見た皆既日食の際の部分食の写真です。明日、大阪で見られる部分日食の最大食分は「0.378」ですので、太陽は、ちょうどこのくらい欠けて見えると思います。

なお、部分日食中でも太陽は大変明るく危険ですので、適切なフィルターを使い、減光して観測するようにしましょう。

星ナビの誌面が大きくなりました

既に2019年1月号を手にされた方はお気づきのことと思いますが、星ナビの誌面が、縦に17mm大きくなりました。

星ナビは、創刊号以来、日本で一番ワイドな天文雑誌ということを掲げてきましたが、今回の改訂で、日本で一番大きな天文雑誌になりましたね。

星ナビ

1年前の2018年1月号と今回の2019年1月号を比べてみると、新刊は一回り大きく感じます。ギャラリーに掲載される写真のサイズも大きくなり、撮影データーも読みやすくなったと思います。

大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会の秋キャンプに参加

3連休は、和歌山県の白浜で開催された「大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会」の秋キャンプに参加させていただきました。

「大阪あすとろぐらふぃ〜迷人会(以下:迷人会)」は、関西を中心として活動されている天文同好会です。私は会員ではないのですが、撮影地でメンバーの方々とよくご一緒になるご縁で、今回、キャンプにご招待いただきました。

白浜コテージ

上の画像は、迷人会のキャンプが行われた施設です。メンバーの方の保養施設だそうで、とても綺麗で快適でした。観光名所の三段壁からも近く、白浜の観光地を散策するのにも便利な場所にあります。

キャンプのメインは、画像処理の勉強会です。施設内のリビングには、数台の大型パソコンとキャリブレーションモニターが持ち込まれ、メンバーが撮影した画像を使った勉強会が始まりました。

勉強会は、メンバーをレベル毎に班分けし、ベテランメンバーが仕上げた見本を目指して、各自画像を処理するという形で進められました。初級の部はアンドロメダ銀河、中級は網状星雲、上級はオリオン三ツ星付近のお題だったと思います。オリオン三ツ星付近は、輝星と淡い星雲が同じ構図内に存在するので、皆さん、処理に苦戦されていました。

画像処理勉強会

勉強会では、ベテランの方はサポートに回り、メンバーから質問があれば、画像処理のポイントをレクチャーするという流れで行なわれました。講義形式と違って、各自が様々な処理方法でそれぞれの完成を目指していくので、レクチャーする側も、こんな処理方法があったのかという気づきもあり、後ろから見させていただいていた私もいろいろ勉強になりました。

最近、各天文誌で迷人会メンバーの方の作品を見かける機会が多く、作品レベルが高いと感じていましたが、今回、キャンプに参加してみて、この勉強会に秘密があったのかと納得できました。それにしても、皆さん本当に熱心で、3時間を超える画像処理勉強会は、熱気に包まれていました。

画像処理の勉強会の後は、フラット補正のコツや天体撮影機材にまつわる話題など、大いに盛り上がり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。秋キャンプでお世話になった皆様、ありがとうございました。撮影地でも、どうぞよろしくお願いいたします。

八塔寺の合同観望会

八塔寺星を観る会では、月1回、望ヶ丘キャンプ場で観望会を実施しています。11月の観望会は、初の岡山アストロクラブとの合同観望会として、昨晩、行われました。

八塔寺観望会

上の写真は、機材設置中のスナップ写真です。この後も続々と天体望遠鏡が集まり、会場全体に望遠鏡が林立する様子はなかなかの迫力でした。

岡山アストロクラブは岡山県下最大規模の天文同好会だけあって、とても多くの天文ファンが集まり、現地はスターパーティさながらの盛り上がりでした。

夜空

昨夜は時折、雲の通過があり、少し残念な空模様でしたが、現地では、初めてお会いした方や約10年ぶりに再会した方と話がはずみ、時が経つのもあっという間でした。現地でお世話になった皆様、ありがとうございました。

ちょうど、おうし座流星群の活動時期だったため、明るい流星をいくつか確認することができました。火球クラスも確認できましたので、今年は例年に比べて活発なのかもしれません。おうし座流星群の活動時期はしばらく続きますので、夜、晴れていたら、流れ星を探してみてはいかがでしょう。

星をもとめて2018に参加

週末は、京都府南丹市のるり渓高原にて開催された、「星をもとめて2018」に参加してきました。昨年は台風で中止になるなど、天気に泣かされることの多い星祭りですが、今年は曇り空でしたが雨は降らず、星空イベントを楽しむことができました。

星をもとめて2018

上は、星もとのメイン会場です。吹奏楽やハープの生演奏も行われました。以下、一部ですが、各ブースの様子です。



協栄産業さんのブースで行なわれた、ガラクタ市のスナップです。毎年、人気のガラクタ市ですが、今年は例年にもまして商品が豊富で、多くの天文ファンで熱気に包まれていました。



今年、星をもとめて初参加の天文ハウストミタさんのブースです。話題のハーモニックドライブ赤道儀を展示されていました。バランスウェイトのない赤道儀は、会場内でもかなり目立っていました。



ポータブル赤道儀のSWATシリーズでお馴染みの、ユニテックさんのブースです。SWAT赤道儀のほか、BORG製品や最新のシグマレンズも展示され、終始賑わっていました。ブース内では、外山電子さんがステッピングモーターの実演もされていました。



Astroarts社のブースです。話題の天体自動撮影ソフト、ステラショットの実演がありました。ステラショットの導入補正の機能は、やはり便利ですね。

時間の関係で、観望会ブースには立ち寄れなかったのですが、夜になると晴れ間も出てきて、天体観望を楽しめたようです。現地でお世話になった皆様、ありがとうございました。来年の星もとも天候に恵まれるといいですね。

今日は伝統的七夕です

現在、七夕といえば7月7日だと考えられていますが、もともと七夕の行事は、現在、使われているグレゴリオ暦の7月7日ではなく、旧暦など太陰太陽暦の7月7日に行われていました。

彦星と織姫星

現在の暦では、7月7日は梅雨の真っ最中で天気が悪い場合が多く、星空を見られるチャンスは低くなっています。そこで、国立天文台が中心となって、二十四節気の処暑を含む日かそれよりも前の処暑に最も近い新月を1日目として、7日目に当たる日を「伝統的七夕」と呼んでいます。

伝統的七夕の日は、毎年変わるのですが、2018年は本日8月17日が七夕です。幸い、今夜は天気も良さそうですので、天頂で輝く織姫星と彦星を眺めてみてはいかがでしょう。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode