星空日誌「つぶやき」

アメリカのスイーツ

新月期の3連休ですが、台風18号が接近中です。星空はしばらく見られそうにありませんね。天体写真ネタもあまりないので、今回はアメリカで食べたスイーツや食事についてです。

アメリカのスーパーマーケットでは、ピンクや水色、黄色といった、ちょっとギョッとするような色のケーキが販売されています。そのため、アメリカのスイーツは美味しくないのではと思っている方もいるかもしれませんが、お店を選べば美味しいスイーツもたくさんあり、スイーツ好きにもたまらない場所だと思います。

アメリカのパイ

上は、アメリカの伝統的なパイです。オレゴン州の街で毎週、土曜日に開かれる「サタデーマーケット」で並べられていました。クランベリーやラズベリーなどがたっぷり使われたパイで、秋にはパンプキンパイも登場します。今回、私はピーカン・クリーム・チーズというパイを食べてみましたが、ピーカンナッツやカスタードがたっぷり入っていて、とても美味しかったです。

写真には大小2つのサイズが写っていますが、小でも一度に食べきれないほどのボリュームです。それでも大サイズを購入する方が多く、やはり皆さん、スイーツも豪快に楽しまれるみたいですね。

ジェラート

次は、オレゴン州ベンドにある「Bonta」というジェラート・ショップです。”オレゴン一美味しいジェラート”というネットの評判に惹かれて訪れたところ、確かに評判どおりの美味しさでした。

上は、今回いただいたジェラートです。3種類のジェラートを盛ってもらいましたが、中でもチョコレート系が美味しかったです。言葉では表現しにくいのですが、コクがあって濃厚だけれどさっぱりした味わいでしょうか。また是非訪れたいジェラート・ショップです。

3つ目は、友人の家でいただいた食事の写真です。リブ肉を使ったローストビーフで、伝統的なアメリカ料理だそうです。肉はとても柔らかくて、噛むと肉汁の味わいが口に広がります。かなり大きめのカットでしたが、赤身のお肉で脂っこさがなく、美味しくいただきました。

リブステーキ

最後の写真は、アメリカではなく、東京の麹町にある「パティシエ・シマ」のバスク・オ・マロンです。バスク・オ・マロンとは、フランスバスク地方の伝統菓子で、渋皮付き栗の甘露煮を入れてじっくり焼き上げたケーキだそうです。

バスクオマロン

ケーキにナイフを入れると、栗が丸ごとごろっと入っていて驚きました。しっとりしたパウンドケーキのような生地とほどよい甘さの栗がよく合って、とても美味しかったです。アメリカのスイーツもいいですが、こんな繊細な味わいは日本ならではかもしれませんね。

天気が悪い新月期は、気持ちがもやもやしてストレスもたまりがちです。そんなときは、甘いものを食べて気持ちをリフレッシュするのもいいですね。

日生のカキオコ

「カキオコ」という料理をご存知でしょうか。カキオコとは、牡蠣を入れたお好み焼きのことで、岡山県備前市の日生町の名物B級グルメだそうです。

昨年の夏、備前市の花火大会を見に行ったときにカキオコを知り、是非食べてみたいと思っていたので、先日、八塔寺に出かけた帰りに日生町に立ち寄ってきました。
日生カキオコ 浜屋みっちゃん
今回、お邪魔したお店は、日生町にある「浜屋みっちゃん」です。ボリューム満点のカキオコが食べられると、ネットでも評判のお店です。人気店のため混むそうなので、開店と同時にお邪魔したところ、一番乗りでした。店内に入ると、中央に大きな鉄板がどんと置かれていて、その周りに座って食べる形式でした。

カキオコは、女将さんが焼いてくれます。まずお好み焼きの生地を鉄板に薄く広げ、生地の上にメインの牡蠣を載せていきます。女将さんはボールに盛った牡蠣をわしづかみにし、「これでもか!」というほどの牡蠣を載せてくれました。下がそのときの写真ですが、20個以上の牡蠣が載っているのではないでしょうか。こんなに山盛りの牡蠣を見たのは初めてです。
カキオコの牡蠣の量
女将さんは、牡蠣が山盛りに盛られた生地を、見事なコテさばきでひっくり返します。あっという間にお好み焼きに焼き上がり、下のようなビックサイズのカキオコができあがりました。

コテでお好み焼きを切ると、断面に牡蠣がごろごろと入っているのがわかります。カットしたカキオコを口に含むと、熱々の生地にふっくらとした牡蠣の感触と磯の香りがマッチして、独特の美味しさがあるお好み焼きです。
カキオコのお好み焼き
それにしても牡蠣の量はボリューム満点でした。牡蠣は大好物なのですが、ここまでたくさん入っていると、正直、最後の方は少々飽きてしまいました。お好み焼き自体がビッグサイズですし、二人で分けてもいいくらいかもしれません。

私がカキオコを食べ終える頃、北陸からカキオコを食べに来たという3人組の方や、地元の方が入ってきました。本当に人気があるお店のようです。日生町は八塔寺から車で40分ほどの距離ですし、牡蠣がお好きな方は、星見のついでに足を延ばしてみる価値ありだと思います。ちなみに、日生のカキオコは12月から3月がシーズンだそうですが、最近は冷凍技術が発達したので、一年中、カキオコを食べられるそうです。

大阪の洋食屋さん

メンチカツ定食今日から7月に入りました。あっという間に2014年の半分が過ぎてしまった、という感覚です。あと半年は有意義に過ごしたいところです。

梅雨で星が見られないので、今日は大阪のグルメネタです。
大阪の地下街を歩いていてお腹が減り、ハンバーグ定食のようなボリュームのあるランチを食べたくなることはないでしょうか?そんなお腹が減った時にお勧めなのが、大阪駅前第3ビルの地下2階にある「ぶどう亭」です。ぶどう亭は、少しレトロな雰囲気が漂う洋食屋さんで、ステーキ定食やハンバーグ定食、それにセット料理が手頃な価格で味わえるお店です。

ぶどう亭のメニューの中で、個人的にお勧めなのは、メンチカツ定食です。サクッと揚げられた衣の中に、ジューシーなミンチが詰まっていて美味しい洋食です。どの料理も注文してから調理してくれるので、ハンバーグやメンチカツにフォークを入れると、ジュワっと肉汁が中から出てきて熱々を味わえます。ボリュームもたっぷりですので、小食の私はお腹一杯になってしまいます。ライスとスープの御代わりは自由ですので、食欲旺盛な方でも満足できるのではないでしょうか。

ぶどう亭は、リーズナブルで美味しいということがネットで評判を呼び、最近はいつ訪れても行列ができています。お昼時なら少し遅い時間帯、夕方なら19時までに入ると、それほど待たずに店内に入れると思います。もし昔ながらのシンプルな洋食がお好きでしたら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

アメリカのオリジナルパンケーキハウス

アメリカのパンケーキ今日も食べ物の話題です。日本ではホットケーキとパンケーキを区別することが多いですが、アメリカではほとんどの場合、このようなケーキを一律にパンケーキと呼んでいるようです。アメリカには様々なパンケーキのお店がありますが、中でも有名なのはオリジナルパンケーキハウス(The Original Pancake House)という専門店です。全米にチェーン店があって、私もここでよく食事をしました。

写真がそのオリジナルパンケーキハウスのパンケーキですが、さすがアメリカだけあってボリューム満点、私は完食することができず、よく残りを持ち帰っていました。味はいたってシンプルなバターパンケーキで、メープルシロップかハチミツを選ぶことができます。これはプレーンのバターパンケーキですが、他にもココナッツやフルーツが乗ったパンケーキや、オムレツやワッフルのセットなども用意されていて、毎回、いろいろなトッピングやセットを試しました。

ここまで書いて、ネットを検索してみると、なんとこのオリジナルパンケーキハウスのお店が日本にもできたようです(公式サイトはこちら)。 東京の吉祥寺なので私はちょっと訪れる機会はなさそうですが、関西にできたら是非行ってみたいですね。ちなみにアメリカでは意外とオムレツが人気のようで、週末のブランチとして楽しんでいる人もよく見かけました。近くにお住まいの方は、一度試してみられてはいかがでしょうか。

元町サントスのホットケーキ

本町サントスのホットケーキ今日は昨日の荒天から一転、青空が広がったので、久しぶりに神戸に出かけてきました。神戸の街は、間近に控えたバレンタインのチョコレートフェアで賑わっていました。

神戸元町まで足を伸ばしたので、以前から気になっていた元町サントスという喫茶店に入ってみました。ここは神戸では有名な老舗の喫茶店で、ホットケーキのおいしいお店としても知られています。近頃はパンケーキが人気ですが、こちらのホットケーキはどんな味だろうということで、食べてきました。

元町サントスのホットケーキは、バター・マロン・小倉の3種類あり、今回は小倉のホットケーキを注文しました。ちょうど混んでいる時間帯だったようで、ホットケーキの焼き上がりを待っている人が前に2組ほどいたようです。20分ほど待った頃、写真のホットケーキが席に運ばれてきました。

ホットケーキには小倉のほかに、たっぷりのアイスクリームもトッピングされていました。綺麗に焼き上げられたホットケーキはかなりの厚みで、ナイフを入れるとふわふわです(鉄板で焼いているためだとか)。パンケーキはケーキ自体の味はあまりないと思いますが、こちらのホットケーキはほんのり甘く、優しい味わいです。昔ながらのホットケーキという評判にも納得でした。しかもホットケーキと飲み物(コーヒー又は紅茶)がセットで650〜700円というリーズナブルな価格も魅力でした。

また他の味のホットケーキも試したいと思いますが、タバコを吸わない私にとっては禁煙席がないのが残念です。1階だけでなく、2階にもフロアがあるので、どちらかのスペースを禁煙にしてくれるとありがたいのですが・・・でもお勧めできるお店だと思いますので、パンケーキやホットケーキのお好きな方は、神戸に訪れた際に訪れてみてはいかがでしょうか。

神戸三宮のハンバーガー

神戸のハンバーガー今日のニュースは、2020年オリンピックの東京開催でもちきりでした。最終選考会でどうなるかと思っていましたが、東京が五輪開催地に選ばれたのはとても嬉しいことです。2020年の東京オリンピックは、スポーツに取り組んでいる方々の大きな目標になるのではないでしょうか。

ところで今日は神戸に出かけてきました。今回の目的は、神戸三宮にあるハンバーガーショップ「S.B.DINER-KOBE(エスビーダイナー神戸)」でした。ここはハンバーガーが美味しいお店として地元で知られていて、以前から一度食べてみたいと思っていました。ところがいつも混んでいるので、なかなか食べる機会がありませんでした。今回は店が開く前から並んで、ようやく評判のハンバーガーを食することが出来ました。

ハンバーガープレートS.B.DINER-KOBEのお店自体は、三宮と元町の間にある小さなビルの二階にあります。店内は狭いのですが、アメリカの雰囲気で飾りつけられていて清潔感があります。注文してからハンバーガーのパテ(肉)を焼いてくれるので、調理に30分くらいかかりました。出てきたハンバーガーは写真のようなもので、想像していたよりも大きかったです。フライドポテトとサラダが付いたプレートメニューを頼んだのですが、私には量が多すぎて食べきれませんでした。普通の男性なら、ハンバーガー一個単品で十分ではないでしょうか。
※写真のマカロニは土日限定のサービスらしいです。

肝心の味の方は、ハンバーガーにはさまれたパテがとてもジューシーで、評判通りとても美味しかったです。価格は高いですが、チェーン店のハンバーガーとはひと味違うという印象でした。今回はブルーチーズバーガーを選びましたが、アボガドも美味しそうだったので、次回はアボガドチーズバーガーに挑戦してみたいと思っています。なお、このお店ではワンドリンクの注文が必須となっているようです。ハンバーガーがお好きでしたら、エスビーダイナー神戸に訪れてみてはいかがでしょうか。

錦市場のチョコレートコロッケ

チョココロッケ九州中国地方に続いて、近畿や関東甲信越地方も梅雨入りしてしまいました。平年よりも10日ほど早い梅雨入りだそうです。これからしばらくの間は、天候のぐずつく日が続きそうですね。梅雨が明けるまでは、天体撮影はお休みという感じです。

先日京都の錦市場に出かけた時に、市場の中の井上佃煮店というお店でチョコレートコロッケなるものが売られていました(左写真)。「コロッケにチョコレートが入っているなんて、どんな味だろう?」と思いつつ、一つ買って食べてみたところ、チョコレートクッキーのような味がして案外と美味しかったです。ちょっと変わったコラボですが、意外といけますね。

家に帰ってから調べてみると、このチョコレートコロッケは、観光客の間で結構有名なようです。言われてみれば、この日も修学旅行らしき学生さんが店先に並んでいて、お土産用にチョココロッケをたくさん買っていました。店の奥には椅子と小さな机が用意され、そこで食べることができるのですが、この机の前にはチョコレートコロッケの感想が書かれた付箋が所狭しと張られていました。錦市場と言えば京都の台所のような老舗の市場ですが、面白いものでも注目を集めているのですね。なんだか楽しい経験でした。

無鉄砲のとんこつラーメン

無鉄砲の豚骨ラーメン久しぶりに豚骨ラーメンを食べたくなり、大阪ミナミにある有名ラーメン店「無鉄砲」に行ってきました。「無鉄砲」は大阪で一、二を争う人気ラーメン店ということもあり、店の前には30人ほどの人が並んでいました。

「無鉄砲」のとんこつラーメンは、濃厚なスープで人気があるようです。確かにどろっとしたスープは「飲む」というより「食べる」という感覚で、スープだけでも食事になりそうなほどでした。ラーメンの麺の太さはやや太めで、スープの味が良く染みこんでいました。味のバランスも良く、美味しいラーメンだと思います。スープと麺は、天下一品のラーメンに似ていると言えば想像しやすいでしょうか。

今回はとんこつラーメンと一緒に餃子も注文しましたが、こちらはごく普通でした。こってりしたラーメンで満腹になったので、ラーメンだけでも十分だったと思います。またそのうちに出かけてみたいラーメン店です。ちなみに「無鉄砲大阪店」は、大阪市営地下鉄大国町のすぐ近くにあります。

京都祇園辻利のパフェ

特選都路里パフェの写真今日はふらりと京都に出かけてきました。我が家から京都までは阪急電車で1時間半ほどなのですが、近いと案外と行かないもので、本当に久しぶりの京都訪問でした。

今回は特に目的もなく京都に出かけたのですが、まずは京都東山にある祇園辻利でお茶することにしました。この祇園辻利は抹茶パフェで有名なカフェで、最近では東京にも店舗があるので全国的に有名だと思います。甘い物に目がない私はここの抹茶パフェが結構好きで、昔は何度か訪れていました。しかしお店が有名になるにつれ、人がたくさん並ぶようになったので、自然と脚が遠のいていました。

祇園辻利の店に着くと思っていたほどの人出ではなく、並んでしばらくすると店に通されました。店内は改装されて綺麗になっていて、以前のような狭いイメージは払拭されていました。メニューを見た後に注文したのは、写真の「特選都路里パフェ」でここの定番商品です。この祇園辻利のパフェを食べたのは久々でしたが、昔と変わらず美味しかったです。お茶屋さんならではの新鮮な抹茶の渋みが、栗やあんの味とマッチしていて絶品です。少々高いですが、京都に出かけられたら是非チャレンジしてみて下さい。

フロマージュ姫路

フロマージュ姫路先日八塔寺に出かけたときに、姫路市内にある以前から気になっていたケーキ屋さん「フロマージュ」に立ち寄ってきました。このフロマージュ姫路は、ネットで評判のケーキ店で、以前からここのお菓子を食べてみたいと思っていました。天文と関係ないですが、以下そのレビューです。

フロマージュのお店は、姫路市の西飾磨駅のすぐ近くにあり、左写真のような外観です。出かけた日はバレンタインデーが近かったこともあり、店内は多くの人で賑わっていました。店の前の駐車場も満車で、たまたま空いたので駐車することができましたが、駅も近いので路上駐車は難しそうです。

フロマージュのケーキ店内は比較的広く、カフェも設けられています。このカフェでお目当てのケーキをゆっくり楽しもうと思っていたのですが、バレンタインデーで混雑するため、この日はカフェは臨時休業でした。そこでお持ち帰りでケーキを購入して、八塔寺の車の中で食べる羽目になってしまいました。これはちょっと悲しかったです。

今回食べたケーキは、「ベリーのズコット(左上写真)」と「イチゴのミルクレープ(左下写真)」です。このフロマージュ姫路の口コミでは「感動するほど大きなケーキ」ということでしたが、確かに他のケーキ屋さんと比べると大きいものの、感動するほどではありませんでした。でも食べたらお腹いっぱいになりましたので、分量的にはちょうど良かったのかもしれません。

フロマージュ姫路のケーキベリーのズコットにはチーズ風味のスポンジが使われていて、甘酸っぱいべりーと小さなシュークリームが載っていました。ただチーズの味はあまり濃くはなく、思っていたよりもあっさりした味でした。上に載っていたシュークリームにはカスタードがしっかりと入っていて、全体として食べ応えがあるケーキでした。

イチゴのミルクレープは、全てクレープだと思ったのですが、クレープの層になっているのは一番上だけで、残りの部分は普通のスポンジでした。クレープの部分にはカスタードがたっぷりと使われていて美味しかったのですが、できればスポンジはやめて、全てクレープの方が良かったと思います。2つのケーキを比較すると、カスタードの味がしっかりした、イチゴのミルクレープの方が私の好みでした。

どちらのケーキもよい素材を使って真面目に作られたケーキという印象でしたが、期待が大きかっただけに、もう少し何かインパクトが欲しかった気がします。ひょっとすると、バレンタインデーフェアの時期でしたので、いつもよりも味が落ちていたのかもしれません。今度訪れた際には、他の種類のケーキも試してみようと思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode