星空日誌「つぶやき」

星空キャンプ

今週末は、兵庫県養父市の若杉高原おおやキャンプ場に星空キャンプに出かけてきました。自分でテントを張るのは初めてでしたが、スタッフの方に手伝っていただきながら、なんとかテントとターフを張ることができました。お世話になったKさん、ありがとうございました。

星空キャンピング

少し雲のある空模様でしたが、テントを一歩出れば星空が広がる世界は、素晴らしいものでした。いつもは重機材を駆使して天体撮影をしていますが、双眼鏡と星図だけを持って楽しむ、気軽な星空キャンプもいいですね。とても開放的でリラックスした気分になりました。また、星空を楽しむキャンピングに出かけてみたいと思います。上の画像は、星空観望の合間に撮影したスナップ写真です。

都会は暑くて寝苦しい夜が続きますが、おおやキャンプ場の夜はとても涼しく、テントの換気口を開けて寝ていると肌寒いくらいでした。エアコン要らずの星空キャンプは最高ですね。また是非出かけてみたいと思います。

武庫川一文字でタチウオ釣り

10月に入りました。9月は本当に天気が悪かったですね。天文仲間と会ったときの第一声は「ずっと天気が悪いですね」が決まり文句になりました。たまには「最近、晴れ続きで、身体が持ちませんよ」と言ってみたいものです。

天気が悪くて星が見えないので、武庫川一文字にシーズンを迎えているタチウオ釣りに出かけてきました。武庫川一文字は、西宮市の沖にある防波堤で、関西では人気の釣りスポットです。武庫川一文字は陸続きではなく、いわゆる沖堤防なので、下のような渡船を利用して行きます。

渡船

この時期、タチウオは店頭でもよく見かけ、白身の高級魚として人気がありますが、釣り人にとっても大変人気のあるターゲットです。夏から秋にかけてがタチウオ釣りのシーズンで、夕方、辺りが暗くなると小魚を追って、海の表層まで上がってきますので、この時間帯が釣るチャンスです。

関西には、以前、ブログでご紹介した兵庫突堤など、いくつかのタチウオ釣りの人気スポットがありますが、武庫川一文字はその中でもサイズの大きなタチウオが多く釣れることで知られています。この日も夕方になると、下の写真のように、防波堤に釣り人がびっしりと並びました。タチウオ釣りは、本当に人気がありますね。

武庫川一文字

ほとんど満員状態の武庫川一文字でしたが、残念ながらこの日は前日までの大雨で水潮になった影響か、周りは釣れている様子がありません。これは駄目かなと思いつつも、ルアーをメタルジグからバイブレーションに替えてみたところ、1匹釣ることができました。更にバイブレーションから、ワインド用ルアーに変更したときにもう一匹を釣ることが出来ました。

下は釣ったタチウオの写真です。片方は指3本の普通サイズですが、もう一匹は指5本弱のかなりの大物でした。このぐらいの大きさのタチウオになると、釣り上げるときは非常に重く、リールのドラグがジージー鳴って、途中で糸が切れないかと冷や冷やしました。

タチウオ

なお、タチウオの大きさは、長さではなく、胴の部分に指を当てたときに指何本分の太さになるかで表現します。3本ぐらいが岸から釣れる標準的な大きさで、4本となると大物です。ただ、指の太さは人によって異なりますので、ちょっといい加減な測定方法ですね(笑)。今度からはメジャーで測ってみようと思います。

新緑の六甲山

新緑の六甲山明日(明後日かな?)からいよいよゴールデンウィークですね。きっと明日のニュースでは、海外旅行に飛び立つ空港の様子や道路の渋滞情報が流れるのでしょう。天気がよいといいですね。

ところで私の家の近くには六甲山がそびえています。最近暖かくなってきたので、新芽が顔を見せるようになりました。新緑の時期ですね。画像は、つい先日六甲山のドライブウェイで撮った写真ですが、緑が綺麗でさわやかなドライブ日和です。どこに行っても人混みのゴールデンウィークですから、近くの自然公園などに気軽に出かけてのんびり過ごすのもいいかもしれませんね。

ゴールデンウィークの星空の方は、月齢の関係で後半が本番になります。前半は家族サービスして、後半に星空撮影に出かけるというのが理想的パターンかも。私もそうしようと企んでいます(笑)。ランキング投票ボタン

満天の星空

朝昨日は天気が不安でしたが、思い切って八塔寺に出かけてきました。途中の道のりは雲が多く、道も濡れていたのでダメもとで出かけたのですが、当日の夜は一晩中快晴で朝まで美しい星空を見ることが出来ました!行って良かったです。現地でお世話になった皆様、ありがとうございました。

最近は晴れてもすぐ曇ってきたり、電源関係のトラブルがあったりでまともに撮影できませんでしたが、この日は安心して撮影できました。途中で湿度が急に上がって、レンズが曇ってしまっていたというケアレスミスはありましたが(笑)。

ところで撮影に行く時の天気と期待度には、おかしな法則があるような気がします。

「今日は確実に晴れだ!」と期待して行く→曇る

「今日は駄目だろうなぁ・・」とダメもとで行く→晴れる

という法則が私にはあるようです(笑)。皆さんにはないですか?ランキング投票ボタン

↑このプログ記事のランキング投票ボタンです

星空に出会えました

八塔寺の北西の星空昨日は岡山県八塔寺に星の撮影に行ってきました。この日はほぼ一晩中快晴の空に恵まれました。雲の心配をしないでよかったのは、本当に久しぶりです(笑)。

昨晩の現地は寒く、気温は6度前後まで下がっていました。真冬になるともっと寒くなりますが、身体がまだ寒さになれていない今の方が寒く感じる気がします。寒い空の中、輝くオリオン座が綺麗でした。

撮影の方は電源が途中でいきなり止まってしまうトラブルがあって、期待通りにはいきませんでしたが、ゆっくり星空を眺めることが出来ました。星空には流れ星も多く、火球クラスの明るい流れ星もよく流れていました。今考えるとオリオン座流星群の流れ星だったのでしょうね。

南の空低くにはカノープスも見えて美しい星空でした。月が大きくなってきたので、撮影は来月にお預けですが、最後に素敵な星空を見れてよかったです。また来月も晴れて欲しいですね。
ランキング投票ボタン
↑ランキング投票ボタンです

冬の天の川

オリオン座せっかくの新月期の週末ですが、夜空はどんより曇り空。今にも雨が降ってきそうな空模様です。天気予報も今日になって、一気に悪化してしまいました。予報が正しければ、当分星空は見れそうにありません。

今の時期、10月頃はそろそろ冬の星座を狙い出す頃です。有名なオリオン座は、夜中前から東天に顔を出しますから、これからが絶好の撮影時期と言えます。この新月期、オリオン座を撮影しようと思ってらっしゃった方も多いのではないでしょうか。私も撮影したかったです(笑)。

オリオン座付近には、淡い冬の天の川が流れています。この天の川の流れは繊細でとても美しい眺めです。大きな冬の天の川の画像を追加しましたので、よかったらご覧下さい。

こうして見ると冬の天の川には、大きな散光星雲がいっぱいありますね。この画像をプリントしたらファイディングチャートにも使えるかも(笑)。
ランキング投票ボタン
↑ランキング投票ボタンです

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode