星空日誌「つぶやき」

<< 世界最大級の双眼鏡 | main | ビクセンED103Sと相性の良いレデューサー >>

満足度の高い望遠鏡の買い方

タカハシMT-160望遠鏡昔、天文ショップの誠報社で、「パーフェクト撮影セット」なる天体写真の撮影機材一式が販売されていました。価格は安いセットでも50万円前後。最も高価なものでは、200万円近くのものもありました。学生の頃、「こんな機材一式をスパッと購入できたら、どんなにいいだろう」と思いながら、広告を眺めていたのを覚えています。

しかし、最近、読んだ行動心理学の本によれば、一気に欲しいもの全部を買ってしまう行動は、手に入れた後は急激に満足感が薄れ、結果として満足度の低い買い物になってしまうそうです。購入した喜びに慣れてしまうことを、心理学では快楽順応と呼ぶそうですが、新しいものにすぐに順応してしまって、機材を手に入れた嬉しさが続かないということのようです。

逆に、機材を望遠鏡、赤道儀、カメラなどと小分けして、かつ期間をおいて購入していけば、順応した頃にまた新しい機材を手に入れるという変化が訪れるので、結果として、満足感が長続きするようです。

自分の場合に当てはめてみると、私が初めて購入した高橋製作所の機材は、EM-200赤道儀でした。今から考えるとおかしな話ですが、まずは赤道儀のみを購入しました(限定特価だったため)。赤道儀だけは何もできなかったのですが、初めてのタカハシ製品を手に入れたのが嬉しく、有頂天になったのを覚えています。

しばらくして、今度はメタル三脚を購入し、再びわくわくした気持ちになりました。三脚が手に入ったので、EM200に、その頃所有していた小さな反射望遠鏡を載せて、撮影を楽しみました。そして最後に、EM200に載せるに相応しい鏡筒、MT-160の中古品を購入しました。最初にEM200赤道儀を購入してから最後のMT-160鏡筒を手に入れるまで、2年ほどかかったと思いますが、確かに一気に全ての機材を買うよりも楽しさが持続したように思います。

そう考えると、天体撮影機材は大人買いするよりも、少しずつ揃えていく方が満足度が高いと言えるかもしれません。カメラレンズをお持ちなら、まずは赤道儀を購入し(三脚も要りますが)、カメラレンズで撮影を楽しみます。一通り季節の天体の撮影を終えたら、次にお目当ての天体望遠鏡を購入し、今度は望遠鏡で撮影するというのがいいかもしれませんね。もっと長い期間にわたって、購入の楽しさを味わおうと思えば、BORG望遠鏡のように、パーツを少しずつ買い足していくのもいいかもしれません。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode