星空日誌「つぶやき」

<< ミラーレスでアンドロメダ大星雲 | main | カシオペア座γ星付近のIC59星雲 >>

ビクセンAP赤道儀の価格

ビクセンAP赤道儀本日、ビクセンから、AP赤道儀が正式に発表されました。AP赤道儀は、CP+やビクセンのイベントで先行展示されていた赤道儀で、各ブロックがモジュール化されているのが特徴です。イベントで見たときは、分割すると軽量コンパクトになるので、持ち運びに便利だと思いました。

気になるAP赤道儀の価格は、赤道儀本体のみで8万円(税抜)です。モーターや極軸望遠鏡は別売りなので、少々高い印象です。ちなみに、赤道儀の比較ページにも載せていますが、ビクセンGP2赤道儀の価格は、36,500円でした。GPD2赤道儀は87,000円と、AP赤道儀よりも高価ですが、極軸望遠鏡が標準で付属しています。

天体撮影ファンにとって、赤経モーターと極軸望遠鏡は必須パーツです。AP赤道儀に赤経モーターが付いた、AP-SMマウントは13万円です。こちらに別売りの極軸望遠鏡PF-L(28,000円)を付けると、158,000円とかなり高くなってしまいます。最近のビクセンは興味深い製品を次々に発表してくれますが、価格設定が少し高いのが残念です。天体撮影入門者の方向けに、入手しやすい価格帯の赤道儀も用意して欲しいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode