星空日誌「つぶやき」

<< アンタレス南中と薄明開始時刻 | main | CP+2015が開催中です >>

ニコンD810Aが発表されました

ニコンD810A本日、ニコンから新型デジタル一眼レフカメラ「ニコンD810A」が発表されました。ニコンD810Aは、赤い散光星雲が発するHα光の写りを向上させた天体撮影用モデルです。ニコン初の天体撮影の専用機で、今後、ニコンユーザーをはじめ、天体写真ファンの注目を集めそうですね。

今回、私は、このニコンD810Aの作例写真を撮影させていただきました。代表的な赤い星雲をいくつか撮影しましたが、Hα光の写りは大変良好で、天体用フィルターに換装した改造デジカメと同等の写りと感じました。星雲の階調も豊かに写し出してくれ、最終的に滑らかな作品を得ることができました。

ニコンD810と言えば、3836万画素の解像度の高いセンサーが強みですが、その恩恵は天体写真を撮影した際にも感じることができました。特に馬頭星雲などは、暗黒帯のディテールまで細やかに写し出された画像を見て、ニコンD810の解像力の高さを再認識した次第です。一方、これだけ解像度が高いと、望遠鏡の光学性能や夜空の状態(シンチレーション)などに大きく影響されます。現在、高橋製作所などでは、望遠鏡の実写テストにキヤノンEOS6Dを使用しているようですが、今後は、ニコンD810Aを始めとした高画素機でテストした方がよいかもしれませんね。

発売予定日は、5月下旬ということですのでまだ少し先になりますが、夏の星雲星団の撮影には間に合いそうです。ニコンには、星像が良く、天体撮影ファンに人気の広角レンズがありますので、そのようなニッコールレンズと組み合わせて、天の川で輝く散光星雲を写し出すのも面白そうです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode