星空日誌「つぶやき」

<< ニコンミュージアムに行ってきた | main | 武庫川一文字でタチウオ釣り >>

ビクセンの工場見学に参加

そろそろ撮影時期に入りましたが、天気が回復しません。日本列島の南海上には停滞前線が伸びており、梅雨の時期のような空が広がっています。早く、秋のスカッとした天気になってほしいですね。

ニコンミュージアムを見学した次の日、ビクセンのトナかい会員のイベント「ビクセン工場見学(ファクトリーツアー)」に参加してきました。

ビクセン

ビクセンと言えば、高橋製作所と並ぶ、日本の天体望遠鏡のメーカーです。天体望遠鏡の製造工場を見学できる機会はめったにないので、以前から参加してみたいと思っていたイベントでした。

上は、埼玉県所沢市にあるビクセン本社建屋です。この日、ビクセンの工場見学には6名の方が参加されていました。兵庫県から来た私が最も遠いだろうと思っていましたが、熊本県から来られた学生さんがいて驚きました。工場見学のイベントは人気があるのでしょうね。

本社の会議室でツアーやビクセンの歴史について説明を受けた後、本社の向かいにある工場に移動しました。工場内は工場長にご案内いただいたのですが、大変気さくな方でお話しやすく、赤道儀パーツの塗装工程から望遠鏡のレンズの組み込みまで詳しく教えていただきました。

ビクセン

上は、SXD2赤道儀を組み立てているところです。赤道儀は流れ作業で製造されているのかと思っていましたが、熟練の社員の方が、一つ一つ軸の回転のスムーズさを確認し、微調整しながら組み上げていました。これだけ手間をかけているなら、価格が高くなってしまうのも仕方がないかなと思いました。

下は、ビクセンR200SS望遠鏡の光軸調整をしているシーンです。遠く離れたところに設置した人工星を実視で確認して調整されていて、光軸調整前と後の星像を見せていただきました。このように見比べてみると、光軸調整の善し悪しは一目瞭然ですね。ところで、R200SSを載せている光軸調整用の台ですが、これは手作りだそうです。望遠鏡を台ごと微動できるようになっていて、便利だなと思いました。

ビクセン

この他にも、レンズの組み付けや最終仕上げの様子も見せていただき、素敵なお土産もいただきました。現地でお世話になった皆様、ありがとうございました。

ビクセンの工場内は想像していたより広く、全体的に明るい雰囲気でした。また、シフトの関係かもしれませんが、実際に作業されている方は、若い方が多いと感じました。ベテランから若い方へ技術が伝達されているのでしょうね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode