星空日誌「つぶやき」

<< 目に毒の新機材 | main | デジカメで撮ったIC348付近 >>

やっと撮れたSh2-129

Sh2-129秋が深まるにつれて朝晩の気温が低くなり、肌寒く感じるようになってきました。先日、出かけた八塔寺の朝の気温は、約11度でしたから、天体撮影にはそろそろ冬の防寒着が必要になってきましたね。

八塔寺で撮影した、Sh2-129の写真をギャラリーにアップしました。先日のブログでも書きましたが、前回は縦構図で撮り、星雲が画面からはみ出してしまった星雲です。今回はカメラを90度回転させて横構図で撮影しましたので、星雲全体を収めることができましたが、淡い部分まで含めるとギリギリですね。

Sh2-129の撮影には、焦点距離500ミリのタカハシε-180EDを使用しましたが、400ミリ前後の焦点距離で撮影した方が収まりがよかったかもしれません。次の機会があれば、ビクセンVSD100で撮影してみたい星雲です。

今回は天候や月の関係で、10枚しか撮影できませんでしたが、Astro6Dの冷却のおかげで、淡い星雲にも関わらず、滑らかに仕上げることができました。もう少し撮影枚数を増やして、淡い部分がどこまで広がっているかを表現してみても面白いかもしれませんね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode