星空日誌「つぶやき」

<< やっと撮れたSh2-129 | main | 八塔寺星祭りに出かけてきました >>

デジカメで撮ったIC348付近

秋らしい晴天が続くようになりました。今週は気温も高く、昼間、外を歩いていると汗ばむほどです。月末には月が小さくなるので、その頃までこの天気がもってほしいですね。

画像は、八塔寺で撮影した「IC348付近の写真」です。IC348はペルセウス座に位置する小さな散開星団ですが、周囲に色彩豊かな星雲が広がっているので、天体写真ファンに人気のある星域です。同じくペルセウス座に位置するカリフォルニア星雲に比べて、とても淡い天体ですので、撮影には冷却CCDカメラが有利なのですが、今年は天候が悪かったので、デジカメで気軽に撮影してみました。
IC348

撮影に使用したカメラは、キヤノンEOS6Dを天体撮影用に冷却改造したAstro6Dです。冷却の効果もあり、元画像にノイズは目立ちませんでした。星雲の淡い部分が現れるまで画像を強調すると、さすがにザラツキ感が出てきましたが、冷却CCDカメラの画像と比べても、遜色ない写りだと感じました。むしろ、アイダス社のHEUIB-IIフィルターを使用したおかげで、赤色の星雲をコントラストよく表現できたと思います。

天候が不安定だったため、コンポジット枚数が予定していたより少なくなってしまいましたが、あと十数枚撮影できれば、より滑らかに仕上げることができたと思います。究極的な性能を求めると、冷却CCDカメラがベストですが、これだけ淡い星雲を写すことができるならデジカメで十分かなと、個人的には感じました。デジカメの技術の進歩は素晴らしいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode