星空日誌「つぶやき」

<< オフアキガイドとPHD2の不調 | main | EOS9000Dとステライメージ8が登場 >>

EOS8000Dのバッテリーグリップとセンサー交換

土曜日は久しぶりに大阪ミナミに出かけてきました。難波周辺に広がるミナミの繁華街は、外国人旅行客に大変人気のあるエリアです。春節の時期が終わったので、もう空いているかなと思っていましたが、まだまだ旅行客で賑わっていました。

下は、ミナミでお馴染みのグリコの看板です。今では観光客の写真スポットとなっていて、多くの人が立ち止まって写真を撮っていました。

大阪ミナミの繁華街

今回、ミナミの繁華街を訪れた主目的は、キヤノンEOS8000D用の中古レンズを探すことでした。ポートレート撮影用に、できるだけ開放F値が明るいレンズをと思い、シグマ 30mm F1.4 DC HSMを考えていたのですが、人気の高いレンズのためか、中古価格はかなり高くて、結局、購入はしませんでした。

代わりに、久しぶりに寄った中古カメラショップで、EOS8000D用のバッテリーグリップ「BG-E18」が格安で販売されていたので、購入してきました。バッテリーグリップは、星空撮影には使用する機会はありませんが、ポートレートの縦構図撮影には便利なアイテムです。下が、バッテリーグリップを装着した様子です。重く、大きくなってしまいますが、いつものカメラがちょっと本格的なカメラに見えますね。

バッテリーグリップ

ところで、先日、縦縞ノイズが発生すると書いたEOS8000Dですが、その件をキヤノンサービスセンターに相談して点検していただいたところ、センサー基盤を交換していただけました。下はセンサー交換後の長時間ノイズの画像ですが、こちらには縦縞ノイズは出ていません。

EOS8000Dノイズ

また、ノイズを撮り比べてみましたが、交換前に比べると全体的にノイズが少なく、やはり同じカメラでもセンサーによって、ノイズの出方は変わってくることがわかります。詳しくは、EOS8000Dレビューのページ下部に追記しましたので、ご覧いただければ幸いです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode