星空日誌「つぶやき」

<< EOS8000Dのバッテリーグリップとセンサー交換 | main | オフアキに適したオートガイダー >>

EOS9000Dとステライメージ8が登場

昨日、キヤノンからEOS9000DとEOSKissX9iが発表されました。私は先月、EOS8000D(下写真)を購入したばかり。新製品の発表は予想していたとはいえ、購入して約1ヶ月で現行機種でなくなるのは、やはり寂しいですね。

EOS8000D

新しく発表されたキヤノンEOS9000DとEOSKissX9iは、EOS80Dと同じオールクロス45点AFセンサーが用いられているのがポイントですね。今のところ、EOS8000Dの19点AFでも困ったことはありませんが、EOS80Dと同じというのはやはり魅力です。連写性能も向上していますので、エントリー機とは思えないほど機能が充実したカメラだと思います。

EOS9000D等と同時に、新しい小型ミラーレスカメラ「EOS M6」も発表されました。こちらはEOS M3の後継機となるモデルで、昨年末に発売されたEOS M5からファインダーを省略したような機種になっています。型番が少々ややこしいですが、電子ファインダーが必要ない人にとっては、EOS M6はコンパクトで魅力的な機種になるかもしれません。

ステライメージ8

また、アストロアーツから、天体写真の画像処理ソフトウェア「ステライメージ8」が2月14日にリリースされました。今日の夕方に届いたばかりですので、まだインストールしていませんが、ステライメージ7と比べてどのような点が向上しているのかが楽しみです。個人的には、動作速度とコンポジット時の位置合わせの精度が向上していると嬉しいですね。

ところで、先日、調子が悪かったPHD2ですが、アプリケーションをアンインストールし、関係するフォルダを削除した後に、PHD2を再インストールし、カメラのドライバーも再セットアップしたところ、ガイドグラフが安定するようになりました。何が不調の原因だったのかはわからず、少々不安ですが、しばらく使用してみようと思っています。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode