星空日誌「つぶやき」

<< オレゴン海岸の星空 | main | 気まぐれな富士山の天気 >>

アメリカのスイーツ

新月期の3連休ですが、台風18号が接近中です。星空はしばらく見られそうにありませんね。天体写真ネタもあまりないので、今回はアメリカで食べたスイーツや食事についてです。

アメリカのスーパーマーケットでは、ピンクや水色、黄色といった、ちょっとギョッとするような色のケーキが販売されています。そのため、アメリカのスイーツは美味しくないのではと思っている方もいるかもしれませんが、お店を選べば美味しいスイーツもたくさんあり、スイーツ好きにもたまらない場所だと思います。

アメリカのパイ

上は、アメリカの伝統的なパイです。オレゴン州の街で毎週、土曜日に開かれる「サタデーマーケット」で並べられていました。クランベリーやラズベリーなどがたっぷり使われたパイで、秋にはパンプキンパイも登場します。今回、私はピーカン・クリーム・チーズというパイを食べてみましたが、ピーカンナッツやカスタードがたっぷり入っていて、とても美味しかったです。

写真には大小2つのサイズが写っていますが、小でも一度に食べきれないほどのボリュームです。それでも大サイズを購入する方が多く、やはり皆さん、スイーツも豪快に楽しまれるみたいですね。

ジェラート

次は、オレゴン州ベンドにある「Bonta」というジェラート・ショップです。”オレゴン一美味しいジェラート”というネットの評判に惹かれて訪れたところ、確かに評判どおりの美味しさでした。

上は、今回いただいたジェラートです。3種類のジェラートを盛ってもらいましたが、中でもチョコレート系が美味しかったです。言葉では表現しにくいのですが、コクがあって濃厚だけれどさっぱりした味わいでしょうか。また是非訪れたいジェラート・ショップです。

3つ目は、友人の家でいただいた食事の写真です。リブ肉を使ったローストビーフで、伝統的なアメリカ料理だそうです。肉はとても柔らかくて、噛むと肉汁の味わいが口に広がります。かなり大きめのカットでしたが、赤身のお肉で脂っこさがなく、美味しくいただきました。

リブステーキ

最後の写真は、アメリカではなく、東京の麹町にある「パティシエ・シマ」のバスク・オ・マロンです。バスク・オ・マロンとは、フランスバスク地方の伝統菓子で、渋皮付き栗の甘露煮を入れてじっくり焼き上げたケーキだそうです。

バスクオマロン

ケーキにナイフを入れると、栗が丸ごとごろっと入っていて驚きました。しっとりしたパウンドケーキのような生地とほどよい甘さの栗がよく合って、とても美味しかったです。アメリカのスイーツもいいですが、こんな繊細な味わいは日本ならではかもしれませんね。

天気が悪い新月期は、気持ちがもやもやしてストレスもたまりがちです。そんなときは、甘いものを食べて気持ちをリフレッシュするのもいいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode