星空日誌「つぶやき」

<< 今年のアンドロメダ大銀河 | main | デジカメ用ナローバンド撮影フィルター >>

TOA130のフードの交換

先日、機材を準備するためにタカハシTOA-130屈折望遠鏡をアルミケースから取り出すと、鏡筒一面に黒い粉が付着していました。どうやら、フード内に貼られた植毛紙がはがれ、粉状になってしまったようです。このままだとレンズに付着してしまうので、フードを鏡筒から外してみました。

TOA130の対物レンズ

上の写真は、フードを外した様子です。フードは、鏡筒にねじ込まれているだけだったので、簡単に外すことができました。TOA-130は、口径13センチの屈折望遠鏡ですが、間近で見るレンズは迫力がありますね。

最初は、フードの植毛紙を貼り直すつもりでしたが、金属製のフードに代えて、段ボールフードを自作することにしました。せっかく自作するので、レンズセルの外側に夜露よけのヒーターを巻きつけ、その上から段ボールを巻きつけて、フードの形に成型しました。

TOA130の自作フード

上が、完成したフードの写真です。金属製のフードはかなり重く、TOA-130の対物レンズは3枚玉ということもあり、望遠鏡の前側が重くて取り回しにくかったのですが、段ボールフードは軽いので、前後の重量バランスが良くなりました。

また、今まではフードの外側からヒーターを巻いていたため、レンズにヒーターの熱が伝わりにくく、湿度が非常に高い夜にはレンズが結露しそうになったことがあるのですが、フードの内側にヒーターを巻くようにすると、湿度の高い夜でも安心して撮影を楽しめるようになりました。

フードを改造してみて思ったのですが、屈折望遠鏡のフードには、固定式や伸縮式が採用されていますが、カメラの望遠レンズのような取り外し式の方が便利だと思います。特にFSQをはじめとした撮影用望遠鏡の場合は、海外にも持って行くことが多いので、取り外しができる方がメリットが大きいと感じました。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode