星空日誌「つぶやき」

<< ビクセンAXJ赤道儀を見てきました | main | 今年もありがとうございました >>

星空撮影用ソフトフィルターの比較

星空撮影に銀塩フィルムが使われていた頃に比べ、デジタルカメラで星空を撮影すると明るい星もシャープに小さく写るので、デジタルカメラでの星空撮影では、よくソフトフォーカスフィルターが使用されています。

下は、フィルターの有り無しの比較写真ですが、やはりフィルターを使って撮影した方が、星座の形がよくわかりますね。

ソフトフィルター効果

ソフトフォーカスフィルターは便利ですが、製品によってソフト効果が異なり、星の滲む量も変わってきますので、撮影者の意図に合ったフィルターを選ぶことが大切です。

個人的に興味もあったので、撮影によく使用しているケンコー製、ニコン製、LEE製のソフトフィルターを使って実際に星空を撮影して、星空撮影用ソフトフィルターの比較ページをまとめ、Webサイトに追加しました。

ソフトフィルター星像比較

上は、追加したページの一部画像ですが、フィルターの種類によって、星の滲み方が異なっているのがわかります。フィルターを選ぶ際のポイントも記載しましたので、ソフトフィルターを選択する際のご参考になれば幸いです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode