星空日誌「つぶやき」

<< CP+2018に参加しました | main | 富士山と木星 >>

CP+2018の会場で見つけた製品

CP+2018の会場で見つけた製品の一部をご紹介します。



ケンコー・トキナーのブースに「ハーフプロトン(A)フィルター」が展示されていました。ハーフNDフィルターと同じように、フィルターの半分だけがソフトフィルター加工されています。

フィルターの大きさは、100×125mmです。発売開始は5月の予定、希望小売価格は28,400円(税別)とのことです。地上風景はシャープなまま残し、星空だけをぼかしたい用途に便利だと思います。



同じブースに、SAMYANGの新しいAFレンズシリーズも展示されていました。SAMYANGのレンズはコストパフォーマンスが高く、星空撮影用としても人気があるので、実写性能が気になります。

また、昨年11月に発売開始されたスリック社のポータブル赤道儀「ECH-630」が、ケンコーのスカイメモTと並べて展示されていました。



実物を見たのは初めてだったのですが、直方体の形状はカメラバックにすっぽり収まりそうですね。ただ想像していたよりも大きく、大きさはスカイメモTと変わらないように思いました。

STCフィルターのブースでは、「E-Warmer防曇ヒーターフィルター」が展示されていました。



夜露防止ヒーターと言えば、レンズの周囲に巻くものと思っていましたが、これはフィルター自体を温める構造のようです。時間の関係で、詳しい使用方法については聞けませんでしたが、面白い構造ですね。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、シグマのブースには、個人的に気になっている「14-24mmF2.8DGHSMArt」レンズが展示されていました。ただ、皆さんの注目は、大口径レンズ「シグマ105mmF1.4DGHSM」に集まっていたようです。

シグマ105mmF1.4DGHSMは、開放F値が明るいレンズなので、ポタ赤を使って大きく広がった星雲を撮るには適しているでしょうね。価格や発売時期が気になります。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode