星空日誌「つぶやき」

<< さそり座ゼータ星付近 | main | ビクセンR200SSの裏話 >>

ε-130Dで撮ったM8M20

大塔村で撮影した、いて座のM8とM20の写真をギャラリーにアップしました。夏の定番構図で何度も撮っていますが、やはり今回も撮ってしまいました。

M8とM20

撮影には、前回と同じく、タカハシε-130Dを使いました。ε-130Dはコンパクトで軽量のため、取り扱いがしやすく、良い鏡筒だと思います。機材テストで使わせていただいたのですが、すっかり気に入ってしまいました。

イプシロンシリーズは光軸調整が面倒ですが、ε-130Dは鏡筒径が細いので、全体的に撓みにくく、光軸もずれにくいように思います。また、ε-130Dの光軸調整機構は、ε-180EDのそれに比べて使いやすいように感じます。

タカハシε-130D

ε-130Dでは主鏡の調整が押し引きネジになっているのが大きな違いですが、斜鏡の傾き調整ネジも、オフセットされた斜鏡の上に一致するように配置されていて、ネジを動かしたとき、鏡が傾く方向をイメージしやすいと感じました。

調整ネジには、粘り気のあるグリスが塗られ、ネジが緩みにくくなっているのも好印象です。ε-130Dは小さいですが、本格的な天体撮影を楽しめるので、これからも人気が継続しそうですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode