星空日誌「つぶやき」

<< ビクセンFL55SSとBORG55FL | main | 本日、火星大接近 >>

明日、火星が地球に最接近

いよいよ明日(7月31日)は、火星が地球に最接近します。最接近時の地球と火星の距離は、約5,759万キロメートルです。前回の火星大接近(2003年)のときは、約5,576万キロメートルでしたので、若干遠くなりますが、それでも約15年ぶりの火星大接近は楽しみですね。

火星大接近

気になる天候ですが、現在の予報によれば、晴天に恵まれる地域が多そうです。夜、晴れていれば、21時ごろに南東の夜空を見上げると、一際明るく輝く、赤い火星が見えるはずです。火星は接近すると赤く明るく見えるため、不気味に感じられるのか、不吉な星とされてきました。

日本の火星大接近の逸話では、1877年に火星が大接近したときの話が有名です。この年、火星が地球に約5,630万キロメートルまで近づいた時、日本は、西郷隆盛率いる士族との西南戦争の真っ只中でした。

西南戦争の結果は、ご存知のとおり薩摩軍が敗退し、西郷隆盛は9月24日に自決します。このような内乱の真っ最中に火星大接近が起こったため、人々は不気味な火星を眺めて不安になったことでしょう。

そして、西郷の死後、ある新聞が「遠眼鏡で火星を観ると、軍服姿の西郷隆盛が見えた」と報じたため、誰からともなく火星を「西郷星」と呼ぶようになり、西郷星を描いた錦絵が人気を博したそうです。

1877年と言えば、イタリアのスキャパレリが22センチの屈折望遠鏡を使って、火星面の詳細なスケッチを作成していた頃です。日本が西郷星で盛り上がっていた頃、このスケッチがきっかけとなり、世界は火星の運河論争へと突入していくことになります。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode