星空日誌「つぶやき」

<< 星をもとめて2018に参加 | main | キヤノンEOS Rを触ってみて >>

ビクセンSXP2赤道儀が登場

9月26日、ビクセンがSXP2赤道儀を発表しました。SXP2は、生産が終了していたSXP赤道儀の後継機ですが、想像していたより早い発表でした。

新しくなったSXP2赤道儀では、上位機種のAXJ赤道儀と同じく、ベルトドライブや、極軸をフォーク式で支える構造を採用しています。従来のSXP赤道儀は、SXD2のベアリング数を多くしただけというイメージがありましたが、SXP2になって、SXシリーズ最高峰モデルという装いになった印象です。

ビクセンSXP2赤道儀

個人的には、SXP2の極軸傾斜角の調整ネジに、これまでのタンジェントスクリューではなく、AXJやAXDと同じ方式が採用されて強度が増した点が嬉しいです。ベルトドライブのレスポンスも、SXPユーザーとしては気になります。

SXP2は、その他、ベアリングの変更などにより、最大搭載重量が16キロから17キロにアップしています。希望小売価格は、52万5000円、SXPと比べると少々高い印象を受けますね。なお、発売開始は2018年10月19日の予定です。

ビクセンSXP2のライバルとなるのは、高橋製作所のEM-200Temma2Zでしょう。価格、強度ともにほぼ同じですので、SXP2がロングセラーのEM-200Temma2にどれだけ食い込んでいけるか、注目したいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode