星空日誌「つぶやき」

<< 八塔寺の合同観望会 | main | ウィルタネン彗星の観望・撮影機材 >>

IC1805とIC1848

月が大きくなってきたので、新月の撮影時期はそろそろ終了ですね。

この新月期に何回か八塔寺に撮影に出かけましたが、快晴の天気予報でも途中で雲が空を覆ってしまうなど、なかなか予定通りに撮影が進みませんでした。

逆に天気予報が悪いときに出かけた方から、「一晩中、快晴だった!」と聞いたりしましたので、天気予報よりも自分の勘を信じて出かけた方が良かったのかもしれません。

IC1805とIC1848

上の写真は、コーワのテレフォトレンズとフルサイズデジタル一眼レフカメラで撮影した、カシオペア座のIC1805とIC1848の写真です。

昔から人気の高い、秋の定番の撮影対象ですね。途中で雲に覆われたため、13枚という中途半端な撮影枚数になってしまいましたが、淡い部分まで写ってくれました。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode