星空日誌「つぶやき」

<< 協栄オリジナルのSXP赤緯体 | main | 系外銀河の撮り方 >>

Red Cat51が注目株

先日は赤道儀について書きましたが、天体望遠鏡では、Wiilam Optics社の「Red Cat51」が天文ファンに注目されているようです。

Red Cat51は、口径51ミリの天体望遠鏡で、光学系には4枚玉ペッツバール式が採用されています。ピント合わせ機構には、ドロチューブではなく、レンズ摺動方式が採用されていますので、望遠鏡というより、コーワ PROMINAR 500mm F5.6L のようなテレフォトレンズになりますね。付属品が豊富で値段も手頃なので、人気が出るのもわかるような気がします。

Red Cat

今月号の星ナビの特集記事でも紹介されていましたが、6センチ前後の高性能望遠鏡は大きさが手頃で、これから天体撮影を始めてみようという方にも人気があります。

口径6センチ前後で撮影に適した望遠鏡では、昨年登場したビクセンFL55Sが思い浮かびます。ただ、本体だけで約10万円と価格が高く、補正レンズも含めると18万円前後にもなるため、なかなかお勧めしづらい面がありました。

そのため、お問い合わせをいただいた際は、天体望遠鏡らしいシルエットのタカハシFS-60CBをご紹介していましたが、これからの天文ファンの評価如何では、Red Cat51も選択肢の一つになりそうですね。

ちなみにFS-60CBは以前、所有していましたが、今は手放してしまいました。その後、FC/FSマルチフラットナー1.04×が出ましたので、手元に置いておけば良かったなと後悔している鏡筒です。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode