星空日誌「つぶやき」

<< 10連休の天気と月齢 | main | 大型で淡いNGC4236銀河 >>

やっと会えた快晴の星空

新月期と重なる期待の10連休でしたが、残念ながら不安定な天候が続きました。天気予報も直前でころころと変わり、雲一つない快晴の天気予報だったにも関わらず、一晩中曇天の夜もありました。天文ファンとしては、少々残念な連休だったのではないでしょうか。

結局、10連休の間で一晩中快晴に恵まれたのは、5月3日の夜だけでした。この夜はいつものメンバーが八塔寺に集まり、朝まで賑やかに星空観望や天体撮影を楽しむことができました。



私は、新しく手に入れたフジノンの双眼鏡「7×50 FMT-SX」を持参し、学生の頃から愛用してるカートンの双眼鏡「 ADLERBLICK 7×42 MC」と見比べたりしながら、天の川の中で輝く星団や星雲の観望を楽しみました。

カートンの双眼鏡と比べると、フジノンの双眼鏡は口径が大きい分、視野が明るく、また周辺像もシャープに感じました。カートンのアブラトリックも悪くないのですが、星像や視野の平坦性を比べると、さすがは定評のあるフジノン双眼鏡ですね。ただ本体が重いので、長時間手持ちで観望するのは辛いです。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode