星空日誌「つぶやき」

<< 迷人会キャンプに参加 | main | ニコンのダハプリズム双眼鏡 >>

タカハシ FC/FSマルチフラットナーを購入

先週水曜日までは「今年の西日本は梅雨が来ないのかな。」と思うほどの晴天でしたが、今は雨の日が続いています。今日は新月で絶好の天体撮影シーズンなのですが、晴天は全く期待できそうにありません。

天気が悪いと、ついつい機材に関心が向かいますね。以前から増税前に手に入れておこうと思っていた、タカハシの「FC/FSマルチフラットナー 1.04x」をとうとう購入してしまいました。



FC/FSマルチフラットナーは、2018年8月に発売された補正レンズです。現行機種のFS-60CB、FC-76D、FC-100Dだけでなく、生産が終了したFSシリーズや、旧FCシリーズにも使用できるフラットナーレンズです。

購入後、早速、箱からフラットナーレンズを取り出したのですが、想像していたより小さく感じました。鏡筒径の太いFS-128FやFS-152に付けたら、アンバランスのような気がします。



生産が終了した、タカハシ 76Dフラットナーと並べて写真を撮ってみました。筒の直径はほぼ同じですが、全長はマルチフラットナーの方が短いですね。

次に販売価格を比べると、税抜き15,200円だった76Dフラットナーと比べ、FS/FCマルチフラットナーは、税抜き21,000円と38%程高くなりました。更に、マルチCAリングを機種ごとに別途購入しなければなりません。35ミリ判のフラットナーレンズとしては、若干、価格が高いなという印象です。

このフラットナーレンズは、タカハシ製の望遠鏡用ですが、2枚玉アポクロマートは収差特性が似ていることが多いので、工夫すれば、他社製屈折望遠鏡にも使用できるかもしれません。梅雨が明けたら、FC/FSマルチフラットナーを使って、夏の星雲星団を撮影してみたいと思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode