星空日誌「つぶやき」

<< タカハシ FC/FSマルチフラットナーを購入 | main | 冷却CCDカメラのフランジバック >>

ニコンのダハプリズム双眼鏡

私が持っている双眼鏡はポロプリズム双眼鏡ばかりなので、コンパクトで軽いダハプリズム双眼鏡が欲しくなり、ニコンサロンに出かけて、最新の双眼鏡を見比べてみました。

まず最初に覗いてみたのは、ニコン100周年モデルの「WX 7x50 IF」です。これは全くコンパクトではないので、候補ではなかったのですが、テーブルの上にドカンと置かれていたので、思わず手に取ってしまいました。

手持ちでは非常に重く、IFなのでピントを合わせるのも大変ですが、さすがに像は非常に明るく、透き通るような視界にほれぼれしました。視界も広く、この双眼鏡で観望する星空はさぞ素晴らしいだろうと思いました。ただお値段も、税抜き64万円と素晴らしく高額で、ちょっと手が出ません。

WX 7x50 IF

Nikon WX双眼鏡をしばし楽しんだ後、EDG(約19万円)、モナークHG(約11万円)、モナーク7(約5万円)を並べて、見比べてみました。どれも口径42ミリで8倍のモデルです。

大きさはどれも似たようなものですが、モナークHGとモナーク7に比べ、EDGは少し重く感じました。モナークHGとEDGのボディには、マグネシウム合金が使われているので、モナーク7より重くなるのは納得ですが、モナークHGとEDGの重量の差は何でしょうね。

室内をさっと見た印象では、各双眼鏡にそれほど差は感じられませんでしたが、周辺像はフィルードフラットナーが入っている分、モナーク7に比べて、EDGとモナークHGの方が、像の歪みが少なく感じました。

しばらく見比べた後、鏡筒を前レンズ側から覗くと、モナーク7とモナークHGの内面のつや消し加工は、ほぼ同じように見えました。一方、EDGの筒内には内面反射防止用の絞り環のようなものが設置され、各部の色消し塗装も良好に感じました。

つや消し加工を見比べた後、それを意識して像を観察すると、モナークHGに比べ、EDGの方がコントラストが高いようにも感じましたが、室内でははっきりとした違いはわかりませんでした。星空を観察すれば、結果が変わってくるのでしょう。

室内で見比べた印象では、星だけでなく、気軽に旅行などにも持ち運ぶなら、モナークHGぐらいの価格と性能が妥当かなと思いました。できれば、星祭りなどで実際に星空を覗き比べてから購入したいですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode