星空日誌「つぶやき」

<< 2枚玉アポクロマート屈折の可能性 | main | キャンプブーム >>

Mewlon-250CRSのオフアキ撮影システム

台風5号の影響で九州地方は大雨のようですが、来週末には梅雨明けとの予報も発表されました。次の新月期は撮影を楽しめそうですね。

オフアキシステム

上図は、私が撮影に使用しているMewlon-250CRSの、オフアキ撮影用のシステムチャートです。タカハシのシステムチャートを真似て描きました。

オフアキシスガイダー(三ツ星製OAG-8)は、レデューサーCR0.73×の後ろにネジ込んでいます。オフアキの後ろにカメラマウントを介して、EOS製デジタル一眼レフカメラを取り付けています。OAG-8の厚みは、20.15mm、EOSカメラマウントの厚みは、約8mmです(テーパーアダプター含む)。

オートガイダー視野内にガイド星が見つからないときは、カメラ回転装置(TSA-102)を回してガイド星を探しています。天体写真は南北を合わせるのが一般的ですが、オフアキの場合は、ガイド星が見つからないことも多いので、多少ずれても気にしないことにしています。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode