星空日誌「つぶやき」

<< 毎日ウィークリーの記事執筆 | main | ビクセン創業70周年 >>

タカハシのFSとFCシリーズ

星ナビ2019年10月号は「タカハシの屈折望遠鏡」特集でした。過去から現在までのタカハシ製屈折式望遠鏡が系統ごとに分けて説明されているので、各鏡筒の光学系の違いがよくわかりました。

昔からの天文ファンには、「高橋製作所と言えばフローライト屈折」というイメージがあると思います。タカハシは、1977年に口径9cm、F11の三枚玉フローライト屈折を商品化しました。1981年には、FC-100をはじめとした、2枚玉フローライトレンズ(フローライトが後玉)のFCシリーズを発表し、高橋ブランドを確立しました。

FS-128鏡筒

1994年、FCシリーズの後継機として、フローライトレンズを前玉に置き、フラウンホーファー型を採用したFSシリーズが発表されました。フローライトレンズを前玉におくことで、FCシリーズに比べて光学性能が向上し、特にレデューサー使用時の諸収差を良好に補正できるようになった、とメーカーがアナウンスしていた記憶があります。

現在は、デジタル対応したFC-76DとFC-100Dが販売されています。諸収差が減るなら、前玉フローライトのFSタイプの方が光学性能面で有利だと思うのですが、何か事情があるのでしょうか。いずれにせよ、今後も高橋の屈折望遠鏡には目が離せませんね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode