星空日誌「つぶやき」

<< タカハシのFSとFCシリーズ | main | FS/FCマルチフラットナーと76Dフラットナーの星像比較 >>

ビクセン創業70周年

今日から10月です。消費税が8%から10%にアップされますね。望遠鏡は高額な製品が多いので、2%と言えども影響が大きく、高額商品の売れ行きが鈍るかもしれません。

消費税増税前の駆け込み需要はそれほど大きくならなかったようですが、私は、タカハシFC-76D用のレデューサーを購入しました。少し前にFS/FC用のフラットナーも手に入れていましたので、FC-76D用の補正レンズが揃ったことになります。あとは天候の回復を待つのみです。

FC76D

また、天体望遠鏡メーカーのビクセンは、今年の10月で創業70周年を迎えたそうです。1949年、光学製品の卸売りを個人事業で始められてから70年、今や日本を代表する望遠鏡メーカーの一つですね。近年は、星空イベントにも力を入れられ、多方面でビクセンの名前を良く耳にします。これからも親しみやすい望遠鏡メーカーとして、魅力的な製品を送り出してほしいです。

ちなみに私がはじめて購入した赤道儀式天体望遠鏡は、ビクセン製のニューポラリス型でした。私が子供の頃は、百貨店(デパート)に天体望遠鏡がよく並べられており、私も阪急百貨店で両親に購入してもらいました。それからウン十年、今では見かけなくなった天体望遠鏡メーカーも多い中、ビクセンはますます第一線で活躍されていますね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode