星空日誌「つぶやき」

<< ビクセンFL55SSで撮影した北アメリカ星雲 | main | SWAT-350 V-specで天体撮影 >>

スカイウォッチャー EQ6R PRO赤道儀

AXD赤道儀より一回り小さく、軽めの赤道儀を探しています。赤道儀本体の重さが20キロを超えると持ち運びが大変に感じるので、タカハシε-180EDを搭載できて、20キロ弱の赤道儀が理想です。

日本製でその要望にかなう赤道儀は、タカハシEM-200 Temma2ZとビクセンAXJ赤道儀です。タカハシEM-200は銀塩フィルム時代に10年以上使用していたので、良さはわかっていますが、パソコンに接続しないと自動導入できない点が難点です。

ビクセンAXJ赤道儀は、AXD2と同じコントローラーで使い勝手はよいのですが、70万円という価格がネックです。スペックとしては理想的なのですが、ちょっと高すぎますね。

スカイウォッチャー EQ6R PRO

先日、そんなことを考えながら協栄産業大阪店にお邪魔すると、スカイウォッチャー EQ6R PROが店内に展示されていました。存在は知っていましたが、実機を見たのは初めてです。スペックを見ると、本体重量が約17キロで搭載可能重量が約20キロと理想的で、値段も三脚がついて、21万円前後と財布に優しい価格設定です。

スカイウォッチャー EQ6R PRO赤道儀には、運搬用の取っ手も取り付けられていて、遠征時も設置しやすそうです。実際の追尾精度や、モーターの動作は使ってみないとわかりませんが、店員さんによれば、アタリはずれが若干あるものの、なかなかの評判のようです。ちょっと気になる機材です。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode