星空日誌「つぶやき」

<< スカイウォッチャー EQ6R PRO赤道儀 | main | キヤノン EOS Ra登場 >>

SWAT-350 V-specで天体撮影

ユニテック社のポータブル赤道儀、SWAT-350 V-specを持って、八塔寺に星空撮影に出かけてきました。訪れた日は、PM2.5と黄砂が近畿から中国地方に到来していたため、空は白っぽくて透明度が悪かったのですが、久しぶりの星空を堪能できました。

SWAT-350 Vspec

上は、今回撮影に使用した機材、SWAT-350 V-specに載せたタカハシFC-76DCです。FC-76DCにFS/FCマルチフラットナーを取り付け、ニコンD810Aで天頂付近の天体を撮影しました。

FC-76Dとフラットナーの合成焦点距離は約590ミリですので、一般の赤道儀では星が流れて写ってしまうところですが、V-specのスペシャルモードのお陰でしょう、10枚中、平均7〜8枚の画像の星は真円を保っていました(露光時間は300秒です)。

オートガイド全盛の時代ですが、ノータッチガイドによる撮影だと機材が減り、設置や撤収が楽でした。ベテランのサブ機としても便利ですね。撮影した画像は仕上がり次第、ギャラリーに追加したいと思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode