星空日誌「つぶやき」

<< SWAT-350 V-specで天体撮影 | main | 15cm屈折で撮ったM33銀河 >>

キヤノン EOS Ra登場

噂どおり、キヤノンEOS Raが発表されました。キヤノンEOS20Da、EOS60Daに次ぐ、キヤノンの天体撮影用モデルです。前2機種はセンサーサイズがAPS-Cでしたので、EOS Raは、キヤノン初の35ミリフルサイズ天体撮影用カメラとなります。

キヤノン EOS Ra

キヤノンEOS Raは、フィルターがHα線を通す天体撮影用に変更されたことに加え、ライブビューの拡大率が最大30倍になりました。30倍あれば、モニター上だけでピントの良否を簡単に判断できそうです。

気になるキヤノン EOS Raの販売価格は、現在のところ、30万円前後の予想のようです。ベースモデルのEOS Rの実勢価格が18万円前後ですので、やや割高に感じますが、メーカー純正の天体撮影用モデルが登場したのは嬉しいですね。

この発表を受けて、是非ニコンにも、Zマウントシステムで天体モデルを出してほしいと改めて思いました。ニコンD810Aには解像力、ノイズ特性共に満足していますが、マウント径が小さい点だけが残念です。直径が大きくなったZマウントで天体撮影用モデルが登場すれば、天文ファンにもとても喜ばれると思います。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode