星空日誌「つぶやき」

<< マルチ赤緯ブラケットを使用した撮影システム | main | セレストロン望遠鏡の在庫一掃処分 >>

SWAT-350 V-specのPEモーション

新月期ですが、天気が思わしくありませんね。冬の太平洋側は晴れやすいのですが、週間天気予報を見ると今週も曇りがちの天気が続きそうです。例年に比べて暖かい影響でしょうか。

先日、晴れ間があったので、SWAT-350にFOA-60Qを搭載して、PEモーションを実測してみました。下の画像は、V-specノーマルモードでのPEモーションです(900秒露光です)。



カメラのピクセルサイズから計算したところ、約±4〜5秒という結果でした。改造前が±6〜7秒前後でしたので、V-spec改造によって、追尾精度が向上したことを確かめることができました。

続いて東側荷重スペシャルモードにして、PEモーションを実測しました。スペシャルモードとは、ユニテック社独自東西別々のPEC機能を働かせる追尾モードです。



上が、スペシャルモードのPEモーションの実写画像です。全く同じ機材と露光時間で撮影しましたが、ノーマルモードと比べて明らかにブレが少なくなっています。計算の結果、PEモーションは約±3秒でした。

先日、タカハシのFC-76DCの直焦点で300秒露光で撮影し、星が点像で驚きましたが、この結果を見て納得です。大型赤道儀並みの追尾精度ですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode