星空日誌「つぶやき」

<< 2020年もよろしくお願いいたします | main | ニコンの新型フルサイズ一眼レフ D780 >>

Windows7からWindows10 アップグレード 41 Kernel-Powerのエラー

Windows 7のサポート期限が今月中旬(2020年1月14日)に迫っているため、メインパソコンのOSを、Windows7からWindows10にアップグレードしました。Windows 7は気に入っていたのですが、他のソフトウェアのサポートも切れるため、仕方ありません。



Windows10へのアップグレードは、上のマイクロソフトのページからツールをダウンロードして実施しました。

アップグレード作業は問題なく終わったのですが、Windows10にアップグレード後、パソコンの電源ボタンを押して立ち上げると、すぐにパソコンが停止してしまいました。もう一度電源ボタンを押すと、何事もなかったように動き出すのですが、原因がわからず、いろいろ調べて試していました。

Windowsのイベントログを確認すると、「41 Kernel-Power」のエラーメッセージが表示されていましたが、このメッセージだけではシステムダウンの具体的な原因がわかりません。BIOSをアップデートしたり、メモリの静電気を開放したりしましたが、効果はありませんでした。

ネットで検索してみると「Windows10の場合には高速スタートアップが原因で、KP41病が発生する場合がある」と書かれているページを見つけました。ダメもとで、電源のオプションの中にある高速スタートアップを無効にしてみたところ、一発で立ち上がるようになりました。

Windows7時代のグラフィックボードの相性が問題なのかと思っていましたが、高速スタートアップが原因とは驚きました。もし同じような症状で困っていましたら、高速スタートアップを無効にしてみてはいかがでしょうか。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode