星空日誌「つぶやき」

<< M45周囲の分子雲 | main | FS-152で撮影したM78星雲 >>

タカハシ Temma2Zが生産終了

一昨日、高橋製作所が、Temma2Zシリーズ赤道儀生産終了を発表しました。昨年末に在庫が払拭したEM-11 Temma2Zに続き、最近はEM-400 Temma2Zの在庫も終了と聞いていましたが、今回、正式に発表され、Temma2Zシリーズの赤道儀は完全に終了となるようです。

次機種はどのような仕様の赤道儀になるのか、まだわかりませんが、赤道儀のギアやモーターをはじめとした機械機構は、そう大きく変わらないように思います。外観も、色合いの変更程度で、現状と同じ鋳物の形を踏襲するのではないでしょうか。



一方、電子回路部分は、大きな変更があると思います。RS232Cによる接続をやめて、Wifi接続できるようになれば、使い勝手が良くなるでしょう。導入速度の変更があるかどうかも気になるところです。

個人的には、EM-200とEM-400の間を埋める赤道儀が登場すると嬉しいですね。本体重量が20キロ程度で、搭載可能重量が25キロの赤道儀が登場するなら欲しいなぁと思います。

そういえば、先日、昭和機械製作所から、上記のスペックに近い「SHOWA 17EXNOS赤道儀」が発表されました。スタンダードモデルとプレミアムモデルが用意され、プレミアムモデルでは追尾精度が±2秒以下という高精度ドイツ式赤道儀です。

魅力的な赤道儀ですが、スタンダードで1,100,000円(税別)、プレミアムになると1,180,000円(税別)と大変高価です。そして一番残念なのが、パソコンとの接続にはオプションの「ATLASTAR」という望遠鏡制御器が別途必要になるという点です。ATLASTARの価格は、240,000円(税別)もします。このクラスの赤道儀をパソコンの自動導入無しで使うというユーザーは皆無だと思いますので、標準付属にしてほしかったですね。

追記(訂正):SHOWA 17EXNOS赤道儀プレミアムモデルの追尾精度は、±2秒角以下(1″r.m.s.以下)でしたので訂正いたしました。ご指摘ありがとうございました。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode