星空日誌「つぶやき」

<< FSQ-106EDPが登場 | main | ステラショット2 >>

しし座のNGC2903銀河

緊急事態宣言が発令されました。宣言を受けて、天文ショップの協栄産業も、店舗営業を休止するようです(ネット・電話販売は継続)。感染拡大が収まって、通常営業に戻ってくれる日を待ちたいと思います。



タカハシ Mewlon-250CRSで撮影した「しし座のNGC2903銀河」の写真をギャラリーに追加しました(下は中心部拡大画像)。



NGC2903は、天王星を見つけたウィリアム・ハーシェルが発見した系外銀河です。しし座の「ししの大がま」と呼ばれる部分の先に位置し、春の系外銀河の中でもいち早く東天から昇ってきます。

NGC天体としては、明るさ、見掛けの大きさ共に案外と大きいので、双眼鏡でも存在が分かり、小口径でも撮影しやすい天体です。

NGC2903を前回撮影したのは2006年です(当時撮影したNGC2903)。当時、撮影した画像の写りに満足できなかったため、再撮影しようと毎年思いながら、気がつくと14年も経っていました。思い出したときにすぐに撮影しておかないと、あっという間に月日が過ぎてしまいますね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode