星空日誌「つぶやき」

<< ビクセンED103S で撮影した しし座の三つ子銀河 | main | 木星状星雲 NGC3242 >>

ビクセンSDフラットナーHDの星像

ゴールデンウィーク真っただ中ですが、新型コロナウィルス蔓延の影響で、例年になく静かな大型連休になりました。緊急事態宣言は延長されるようですが、このGWの外出自粛が効果を表し、コロナウィルス感染状況が終息に向かってほしい ですね。

SDフラットナーHDを取り付けたビクセンED103Sと、キャノンEOS6Dで撮影したピクセル等倍画像を、以下に掲載しました。画像をクリックすると、Webサイトの大きな画像が開きます。



撮影対象は、ふたご座のM35星団です。テスト撮影日は晴れ間が西空しかなかったため、M35を撮影対象に選びました。M35の高度が低いため、星が少し肥大気味に感じますが、35ミリフルサイズの画角全体の星像はほぼ均一で、四隅でも星像は丸く保たれています。

掲載画像は、フラット補正を行っていない画像ですが、周辺減光も目立ちません。四隅の色ずれも感じられず、かなり良い印象を持ちました。レデューサーHDを使用してみるのが楽しみです。



なお、撮影に使用したED103Sは、メーカーにてデジタル対応SD改造サービスを施してもらったものです。この改造サービスを受けると、接眼部に上のようなシールが貼られます。 デジタル対応SD改造サービスは、7,000円(消費税別・送料別)かかりますが、現行機種のSD103Sと同じ性能になるのは嬉しいです。ちょっとしたチューンナップサービスですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文書籍・グッズ
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode