星空日誌「つぶやき」

<< しゃぼん玉星雲 | main | 天体撮影ソフト NINA を使ってみました >>

最接近から一月後の火星

昨夜(11月6日)撮影した火星の写真です。

火星

最接近から1か月が経ち、望遠鏡で観望しても小さく感じるようになりました。表面の詳細模様も写りづらくなってきたように思います。火星シーズンの終わりが近づいてきましたね。

ところで、昨夜はミラーを清掃したε-180EDの光軸テストもしていたのですが、20時過ぎに雲が南西方向からやってきて、星が見えなくなってしまいました。次の新月期はε-180EDで冬の星雲を撮ろうと思っていたのですが、このまま遠征に持っていくのは不安ですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文書籍・グッズ
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode