星空日誌「つぶやき」

VSD100で撮ったネオワイズ彗星

近畿地方の梅雨が明けた7月31日の夜、八塔寺までネオワイズ彗星撮影に出かけてきました。

月齢10の大きな月が夜空を照らしていましたが、晴れ間が広がり、ネオワイズ彗星を双眼鏡で確認することができました。



上はビクセン VSD100F3.8で撮影したネオワイズ彗星の写真です。途中で薄雲が彗星にかかりましたが、写りの良かった18枚をコンポジットして仕上げています。尾を出すために画像を強調したので、背景が荒れてしまいました。

ネオワイズ彗星は、肉眼では全く見えず、口径5センチの双眼鏡を使って、彗星の核が分かる程度の明るさでした。しかし、写真に撮ると伸びた尾がまだよく写りますね。月明かりがなければ、もっと綺麗に仕上がったでしょうね。

やっと見られたネオワイズ彗星

昨日、九州、中国・四国地方がようやく梅雨明けしました。近畿地方も、今日か明日には梅雨明けしそうですね。

昨夜は大雨警報が出るほどの夕立に見舞われましたが、その後、晴れ間が広がったので、急遽、車で10分ほどの場所に出かけ、念願のネオワイズ彗星を初めて見てきました。



神戸市内なので光害が酷く、月明かりの影響も大きかったので、肉眼では全く彗星は見えませんでしたが、口径4センチの双眼鏡を使うと、何とかぼんやりとした核を確認することができました。

上は、焦点距離200ミリのレンズで撮影した写真です。写りは悪いですが、よく見ると尾が伸びているようにも見えます。

あと一週間早く梅雨が明けていれば、楽しめただけに残念でした。

ビクセン VSD100 生産終了

雨続きでしばらく更新が遠のいていましたが、週間予報にやっと晴れマークが出てきましたね。今週後半ぐらいに梅雨明けでしょうか。

望遠鏡販売店で教えていただいたのですが、ビクセンの短焦点屈折望遠鏡「VSD100 F3.8」の生産が終了したそうです。ビクセンから正式なアナウンスはありませんが、公式サイトを見てみると、確かに「生産終了・在庫払底」と書かれています。VSD100ユーザーとしては、少々寂しいです。



VSD100が発売開始されたのは2013年末ですから、今夏で市販開始後、約7年にな ります。一般的な工業製品で7年と言えば長いですが、日本製の天体望遠鏡としては、短命と言えるのではないでしょうか。

VSD100は、発売当初からタカハシFSQ-106EDと比較されることが多かった鏡筒です。結像性能では、VSD100はFSQ-106EDに及びませんが、VSD100のイメージサークルの広さと外気温順応の速さ(外気温変化でピント位置が大きくずれない)は、大きな魅力でした。

VSD100の次の鏡筒が出てくるかどうかわかりませんが、是非、VSD100の技術を生かした、新しい天体撮影用望遠鏡(アストログラフ)を開発してほしいですね。

ネオワイズ彗星は雲の向こう側

16日の夜、晴れ間が期待できそうな天気予報だったため、西へ西へと車を走らせましたが、北斗七星は見えるものの、低空の雲は取れず、ネオワイズ彗星を見ることはできませんでした。

翌17日も、天気予報を信じて八塔寺に出かけましたが、太陽が沈んで周囲が暗くなると、僅かにあった晴れ間もなくなり、全天曇りに変わってしまいました。結局、ネオワイズ彗星どころか、恒星一つ見ることもできず、足取り重く帰ってきました。

天文仲間の報告では、九州でもネオワイズ彗星を見ることができたとのこと、どうやら近畿地方は運が悪かったようです。彗星を求めて晴れている地域を探し回るのにも疲れたので、そろそろネオワイズは諦め、次の機会を待ちたいと思います。

タカハシ ε-160EDが登場

相変わらずの梅雨空が続きますね。例年、梅雨の時期でも数日は晴れることが多いのですが、ネオワイズ彗星が来た今年に限って、さっぱり晴れません。つくづく梅雨空が恨めしいです。

ところで、先日、高橋製作所から、タカハシε-160EDが発表されました。ε-160と言えば、銀塩フィルム時代に発売開始され、私も愛用していたモデルです。ε-160EDは、EDガラスを使用した新設計の補正レンズを加え、従来機に比べて結像性能を一段と高めたようです。



私は現在、ε-180EDを使用していますが、F値が2.8と非常に明るいので、光軸調整やスケアリングがシビアで、取り扱いに気を遣う鏡筒だなと感じています。ε-180EDのページにも書いていますが、εシリーズは、F3.3のε-130Dやε-160が扱いやすいと思っていましたので、ε-160EDの登場は嬉しいですね。人気が出るのではないでしょうか。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode