星空日誌「つぶやき」

アポロ計画の頃の日本

アポロ11号が月面に着陸したのは、1969年7月20日です。当時の日本は、高度成長期の最後の好景気、いざなぎ景気で沸いていました。

読売新聞社がまとめた「20世紀の日本」という本を読むと、いざなぎ景気の頃には、三種の神器と呼ばれた「洗濯機・テレビ・冷蔵庫」は、ほとんどの家庭に普及し、戦後の生活を一変させたとあります。



そして、三種の神器を継ぐものとして新しく登場したのが、当時3Cと呼ばれた「自動車・カラーテレビ・クーラー」です。この時期の消費革命により、消費は実用からファッションがリードするようになり、日本の生活は一段とアメリカに近づいたとのことです。

好景気に沸く日本で流れた月面着陸成功のニュースは、まさに未来は明るいものとして、人々の目に映ったことでしょうね。ちなみに画像は親が撮った当時のスナップ写真です。古い自動車が写っていますが、今でもある車種でしょうか。

星ナビのアポロ特集

アポロ11号の月着陸から50年を記念し、今月号の星ナビには、アポロ計画全記録を写真付きで紹介した別冊付録が付いています。



アポロ計画というと、アームストロング船長が月に到達したアポロ11号や、奇跡の生還を果たしたアポロ13号の物語が有名ですが、この別冊では、その他のアポロ宇宙船が果たした功績や、アポロ計画までの道のりが順序立てて説明されていて、アメリカの当時の月探査計画がよくわかりました。

最近、日本の月探査衛星かぐやの活躍もあり、再び月探査が注目されています。今回の星ナビの特集は、今一度アポロ計画を見直す資料としても面白い企画だと思います。是非、ご覧ください。

プロミナーでアンタレス付近

梅雨入りが近づく中、5月29日の夜は朝まで快晴の予報でしたので、八塔寺まで出かけてきました。幸い天気予報どおりの朝まで快晴に恵まれ、梅雨入り前の貴重な星空を堪能できました。

下は、今回、プロミナーとAstro6Dを使って撮影したアンタレス付近の写真です。紀伊半島に比べると八塔寺の空は南方向が明るく、あまりコントラストを上げられないため、ソフトなイメージで仕上げてみました。

アンタレス付近

ちなみに処理途中の画像は下のとおりで、写真の下半分ぐらいが明るく緑カブリしています。ここからカブリ補正やグラデーションマスクを使い、背景の明るさを整えて仕上げました。



なお、画像の左下に写っている刷毛で掃いたような白い筋は、アンタレスのゴーストのようです。Astro6Dに入れているフィルターが原因でしょうか。消すこともできますが、時間がかかりそうなので、このままアップしました。

気流とWindyの予報

昨夜は、高気圧に広く覆われた影響で、よく晴れました。風もほとんど感じられず、気流は良さそうだと思いましたが、惑星を観望してみるとかなり揺らぎがあり、結局0時前に諦めて片付けました。下は昨夜の木星です。

木星

当日のシーイングの予想には、天気予報サイトWindyの風予報を参考にしています。Windyでは、地表近くだけでなく、高層の風速も表示されるので、大変便利です。

Windyによると、昨夜は地表付近の風は落ち着きますが、約1500m以上の上空は風が強く気流が悪そうな予想でした。しかし、大きな高気圧に覆われて綺麗に晴れているし、Windyも間違うこともあるので惑星撮影を敢行しましたが、予報どおりの悪気流でした。

昨夜の結果からしても、Windyはシーイング予測に便利ですね。もちろん外れることもあるのですが、気象庁のウィンドプロファイラや海外サイトで気流の予想していたことを思えば、ずっと便利でとても助かります。

一世を風靡した撮影システム

古い望遠鏡のパーツを整理していたら、ペンタックス望遠鏡用のPentax67回転装置が出てきました。ちょうど、ペンタックス67ボディが手元にあったので、ビクセン VSD100 F3.8 に取り付けてみると、下の写真のようにぴったりです。



鏡筒がペンタックスからビクセンに変わりましたが、1990年頃、中判銀塩フォーマットとPentax100SDUFを使って、天体撮影を楽しんでいた方には、懐かしい組み合わせではないでしょうか。



久しぶりに、中判銀塩フィルムでの星雲撮影も面白いかなと思いましたが、ペンタックス100SDUFIIは、イメージサークルが88ミリありましたが、VSD100は70mmと小さくなっています。ペンタックス67の対角は89ミリあるので、VSD100では光量がかなり落ち込みそうですね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode