星空日誌「つぶやき」

戸隠 鏡池の星空

天候に恵まれなかった、戸隠の鏡池ですが、薄雲越しに撮影した星空写真を処理したので、デジタル星野・星景写真ギャラリーにアップしました。

鏡池の星空

上がその鏡池で撮影した星空写真ですが、戸隠連峰のすぐ上に北斗七星が輝いているのがわかります。北極星は北斗七星の右上で輝いていますので、この方向が真北です。

鏡池からは戸隠連峰は北方向になるため、いて座付近の天の川をバックに撮影することはできないのは残念です。ただ、はくちょう座が沈む頃になれば、夏から秋の天の川を背景に撮ることはできそうです。初秋に再チャレンジしたいところです。

北天一の球状星団M13

今日は、5月中旬とは思えない暑さでした。また、PM2.5の影響で空がかなり白っぽく、外を歩くのも躊躇するほどでした。最近、街中でもマスクをする人が多いですが、黄砂やPM2.5対策なのでしょうね。

G3-16200ギャラリーに、八塔寺で撮影したM13の写真を追加しました。下は周囲をトリミングした写真ですが、星がボール状に集まっている様子がよくわかります。望遠鏡で覗いてもその様子はよくわかります。先日、八塔寺で行われた観望会でも、ボンヤリとですが、星々が集まっている星団の様子を確認することができました。

M13

ところで、M13をはじめとする球状星団は、天文ファンには人気の高い天体だと思いますが、一般の方に写真を見せてもあまり受けがよくないように感じます。

球状星団は、カラフルな星雲の写真と比べると地味ですし、小さな写真プリントでは、多数の星々が集まっている様子がわかりづらいためかもしれません。個人的には好きな天体なのですが、その良さをお伝えするのはなかなか難しいなぁ、と感じました。

戸隠の鏡池

ゴールデンウィークに信州に出かけた折、戸隠に立ち寄ってきました。戸隠と言えば、戸隠奥社へと続く杉並木が有名ですが、今回は戸隠連峰を見渡せる鏡池を訪れました。

鏡池は、戸隠山をはじめとした山々を見渡せる場所として知られています。風がない日は水面に山並を鏡のように映すので、「鏡池」と名付けられたのでしょう。今回は、鏡池を背景に星空撮影をしようと考えていたのですが、あいにくと雲が頻繁に通る空模様で、思っていた写真を撮ることはできませんでした。

鏡池

星空写真は無理でしたが、代わりに、朝日を浴びた戸隠山の写真を撮影することができました。上は、鏡池から北方向に見える戸隠連峰を写した写真です。写真は画像処理でやや強調していますが、肉眼でも朝日を浴びて輝く山並みがとても美しかったです。本当に風光明媚な場所ですね。風景写真ギャラリーに、大きな「鏡池と朝焼け」の画像を掲載しているので、是非ご覧ください。

ゴールデンウィークということもあり、早朝の鏡池はカメラマンで一杯でした。朝焼けを撮るなら、薄明前には現地に入っていないと、撮影場所がなくなりそうです。

へびつかい座の巨大星雲

今月号の星ナビに掲載した「へびつかい座の巨大星雲Sh2-27」の写真を、デジタル天体写真ギャラリーに追加しました。誌面と見比べると、印刷よりWebの方が星雲の写りが若干良く見えますね
へびつかい座のSh2-27

この作品は、10年ほど前に銀塩フィルムを使って撮影した「アンタレスと巨大星雲」という写真を参考にして構図合わせをし、撮影しました。銀塩の作品は、当時としては珍しい銀塩フィルムの2枚コンポジットで撮影して高評価を得ましたが、やはりデジタルの方がシャープ感があり、綺麗に写りますね。

ちなみに、へびつかい座の星雲Sh2-27の存在を初めて知ったのは、星ナビの前身である「スカイウォッチャー」誌面のモノクロギャラリーに掲載された作品でした。そのときは、アンタレスの上にこんなに大きな星雲が輝いていることを知ってとても驚きました。ただ、星雲の形に特に特徴がなく、愛称がないのが残念ですね。オリオン座のエンゼルフィッシュ星雲のように、何かに似た形であれば、もっと有名な天体になったと思います。

長野県阿智村のはなもも祭り

ゴールデンウィーク後半は、信州に出かけてきました。大型連休だけあって、どこを訪れても人で一杯でしたが、5月らしい晴天に恵まれて、残雪輝くアルプスの山並みを堪能できました。

旅行の帰り道、長野県阿智村に立ち寄ってきました。阿智村は、環境省が実施している全国星空継続観測で、「星が最も輝いて見える場所」の第一位に選ばれたことがある村です。それ以来、阿智村は「日本一の星空が見える村」を合言葉に、星空観望のナイトツアーを実施しています。最近はメディアなどで取り上げられることも多くなり、阿智村は観光客に人気の星空観察スポットになっています。

阿智村のナイトツアー

私が訪れた日は満月期でしたので、ナイトツアーには参加しませんでしたが、阿智村は高い山に四方を囲まれているので、光害の影響が少なく、確かに星がよく見えそうに思いました。ゴンドラに乗って、標高1400mの富士見台高原まで上れば、さらに綺麗な星空を眺められそうですね。

阿智村では、ちょうど「はなもも祭り(花桃祭り)」が開催されていました。下は花桃祭りの会場で撮影した写真です。濃いピンクと薄いピンクの色合いのコントラストがとても美しく、本当に桃源郷に来たような気分になりました。

阿智村の花桃

ちなみに花桃というのは、観賞するために改良されたモモで、福沢諭吉の娘婿にあたる福沢桃介氏がドイツのミュンヘンから持ち帰り、この地方に植えたのが始まりだそうです

最初は村の一部に植えられただけでしたが、15年ほど前、地域振興のために花桃を大規模に植栽して、10年ほど前から「花桃祭り」が開催されるようになったということです。

現在では、阿智村全体で約1万本が植えられ、花桃祭りのシーズンになると、全国から約20万人の観光客が訪れるそうです。今年のシーズンはもう終わりそうですが、花桃はとても綺麗でしたので、お勧めの観光スポットです。星空ファンなら、星空ツアーとセットで訪れるのもいいかもしれませんね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode