星空日誌「つぶやき」

夏の天の川銀河の撮影レンズ

上る天の川あっという間に2月は過ぎて、今日は3月3日。桃の節句です。「最近、雛人形を見かけなくなったな」と思いつつ、ネットで検索してみると、埼玉県鴻巣市の市役所に展示されている「ピラミッド雛壇」が表示されました(公式ページはこちら)。雛飾りもここまで大きいと迫力があるでしょうね。近くなら是非見に行きたいところです。

先日のブログにも書きましたが、2月から3月にかけては透明度の高い日が多く、東から上ってくる夏の銀河を撮影する絶好の機会です。そこで、東から上る夏の天の川銀河を撮ろうと、下調べして準備をしていたのですが、結局、天候とタイミングに恵まれず、撮影することはできませんでした。左上は、昔、銀塩フィルムで撮影した、東の空から上ってくる夏の天の川銀河の写真です。これと同じような構図で、デジタルで撮影しようと思っているのですが、なかなか機会に出会えません。

ところで、天の川銀河の広がりを捉えるには、14ミリ前後の超広角レンズが便利です。最近、キヤノンからEF11-24mm F4L USMという魅力的な超広角レンズが発売されましたが、実売価格が40万円前後と、ちょっと手を出しにくい価格帯です。そこでお勧めなのが、キヤノンEF8-15mm F4L フィッシュアイ USMレンズです。魚眼レンズなので、一般撮影では使いにくいかもしれませんが、星空撮影には適していると思います。星像など詳しい情報をキヤノンEF8-15mmレンズレビューのページにアップしましたので、ご覧いただければ幸いです

CP+2015が開催中です

CP+2015会場昨日から、パシフィコ横浜で、CP+2015が開催されています。早速、CP+2015に参加された方から、会場に展示されたニコンD810Aの写真を送っていただきました。発表が直前だったためでしょうか、ニコンD810Aはケースに入れられていて、どうやら実機に触ることはできないようです。少し残念ですね。

ヨドバシカメラを始め、カメラショップでは、既にニコンD810Aの予約受付が開始されています。ヨドバシの価格は、税込み418,500円(ポイント還元あり)です。ニコンD810をベース機としていますので、デジタル一眼レフカメラとしては、かなり高額になってしまいましたね。

今回のニコンの天体撮影用カメラが、ニコンD810ではなく、D750をベースに作られていたら、もう少し手に入れやすい価格になったと思います。でも、D810の解像度の高さは素晴らしく、正直、D750ではなく、D810で作る価値はあったのではないかと思います。ただ、ニコンD810の液晶モニターは固定式のため、屈折望遠鏡で天頂付近を撮影するときは、モニター画面が見づらかったです。その点は、ニコンD750の可動式モニターの方が便利ですね。

天文ショップで販売されている改造デジカメと比較した場合、ニコンD810Aは、輝星を入れたときにゴーストの発生が少ないという点で優れています。TOA130で馬頭星雲を撮影したときも、輝星周りのゴーストは少なく、すっきりとした仕上がりが得られました。輝星周りのゴーストは、天体写真ファンの悩みの種です。デジカメをフィルター改造する際も、ゴーストが少ないクリアフィルター仕様にすべきか、それとも通常のIRカットフィルター仕様にするかで迷うところです。組み合わせる光学系にも影響されると思いますが、ゴーストに悩まされずに撮影できるのは、ニコンD810Aを使用する大きなメリットだと思います。

ニコンD810Aについての詳しい情報は、CP+2015会場のニコンブースで確認できると思います。天体望遠鏡コーナーでは、ビクセンさんやBORGさんも新製品を展示されているようですので、いろいろなブースを回って楽しめそうですね。

ニコンD810Aが発表されました

ニコンD810A本日、ニコンから新型デジタル一眼レフカメラ「ニコンD810A」が発表されました。ニコンD810Aは、赤い散光星雲が発するHα光の写りを向上させた天体撮影用モデルです。ニコン初の天体撮影の専用機で、今後、ニコンユーザーをはじめ、天体写真ファンの注目を集めそうですね。

今回、私は、このニコンD810Aの作例写真を撮影させていただきました。代表的な赤い星雲をいくつか撮影しましたが、Hα光の写りは大変良好で、天体用フィルターに換装した改造デジカメと同等の写りと感じました。星雲の階調も豊かに写し出してくれ、最終的に滑らかな作品を得ることができました。

ニコンD810と言えば、3836万画素の解像度の高いセンサーが強みですが、その恩恵は天体写真を撮影した際にも感じることができました。特に馬頭星雲などは、暗黒帯のディテールまで細やかに写し出された画像を見て、ニコンD810の解像力の高さを再認識した次第です。一方、これだけ解像度が高いと、望遠鏡の光学性能や夜空の状態(シンチレーション)などに大きく影響されます。現在、高橋製作所などでは、望遠鏡の実写テストにキヤノンEOS6Dを使用しているようですが、今後は、ニコンD810Aを始めとした高画素機でテストした方がよいかもしれませんね。

発売予定日は、5月下旬ということですのでまだ少し先になりますが、夏の星雲星団の撮影には間に合いそうです。ニコンには、星像が良く、天体撮影ファンに人気の広角レンズがありますので、そのようなニッコールレンズと組み合わせて、天の川で輝く散光星雲を写し出すのも面白そうです。

キヤノンが EOS5Ds と EOS5DsRを発表

キヤノンEOS5Ds R本日、キヤノンから、新しいデジタルカメラやレンズが数多く発表されました。これほどの数の新機種が一度に発表されるのは、かなり珍しいのではないでしょうか。来週から始まるCP+2015では、これらの機種に注目が集まりそうですね。

新製品の中でも特に目を引くのは、約5,060万画素のCMOSセンサーを使ったデジタル一眼レフカメラ「キヤノンEOS5Ds/EOS5DsR」ではないでしょうか。35ミリフルサイズデジタル一眼レフとしては、ニコンD810を抜いて最高画素数のデジカメとなります。ペンタックス645z(約5299万画素)の一回り大きいセンサーにも画素数で迫る、高密度センサーですね。発売予定は少し先の6月とのことですが、高画素機がどんな絵を造り出してくれるのか、今から楽しみです。

ただ、天体写真撮影用という視点から見ると、キヤノンEOS5Dsの常用ISO感度は6400になっていますので、ピクセルサイズが小さくなったことにより、ノイズが増えてしまうのではないかと思います。実際のノイズ量は、発売後のテストリポートを見るまで分かりませんが、画素数とノイズのバランスが気になるところですね。また、キヤノンEOS5Dsの価格は50万円程度とかなり高額ですので、フィルター改造に踏み切るのはなかなか難しいでしょう。

EF11-24mm F4L USMキヤノンEOS5Dsの他には、デジタル一眼の入門機の「キヤノンEOSKissX8i」と、ニューフェイスの「キヤノンEOS8000D」が発表されました。どちらの機種にも約2,420万画素のCMOSセンサーが用いられ、上位機種のEOS7DMarkIIやEOS70Dよりも画素数が多くなっています。AF機能も強化され、オールクロスの19点AFセンサーが採用されています。キヤノンEOS8000Dは、ボディ上部に表示パネルが装備され、操作方法も上位機種によく似ているようです。どちらもバリアングルの液晶モニターが採用されているので、天体撮影にも使いやすそうな印象を受けました。

さらに、ミラーレスカメラの「キヤノンEOSM3」やコンパクトデジカメ「PowerShot SX710 HS」なども発表されています。

個人的に一番興味があるのは、キヤノンの超広角ズームレンズ「EF11-24mm F4L USM」です。天体撮影の広角ズームと言えば、ニコンのAF-S14-24mmF2.8Gが人気です。今回、発表されたEF11-24mm F4L USMは、開放F値は4と若干暗いですが、開放から周辺像が良ければ、天体撮影に使いやすそうです。しかし、税別45万円という価格には驚きました。ある程度高くなるだろうとは思っていましたが、これはちょっと購入をためらってしまう価格ですね。

星景写真向きのデジカメとレンズ

キヤノンEOS6Dふたご座流星群の極大日が近づいていますが、近畿地方の天気は微妙です。前日の方が天気が良さそうですが、できれば極大日に流れ星を見たいものです。なんとか晴れてくれるといいですね。

星ナビギャラリーを使ったデジカメとカメラレンズの集計について、2014年9月号から12月号までのデーターを追加して更新しました。

2014年で最も登場回数が多かったデジカメは、キヤノンEOS6Dデジタル一眼レフカメラでした。1年間の登場回数は32回。長時間ノイズの少なさと、手頃な価格が評価されたのでしょうね。

2位には、同じキヤノンのEOS5DMarkIIIがランクインしました。2013年は1位でしたが、EOS6Dに追い抜かれてしまった感じです。3位には、3630万画素の高画素センサーで風景写真ファンに人気のニコンD800が入りました。

ニッコールレンズ一方、カメラレンズ部門では、「ニコンAF-S14-24mmF2.8G」が一位となりました。1年間に26回も誌面に登場しています。大きくて重いレンズですが、星空撮影に使い易いズーム域が魅力のレンズです。

2位には、シグマの15mmF2.8フィッシュアイレンズが入りました。集計を始めた2009年から継続して3位以内に入る安定感です。3位には、キヤノンの明るい広角単焦点レンズ「EF24mmF1.4LII」が入りました。開放F値の明るさが魅力のレンズですが、周辺の収差が大きく、順位が伸びないようです。

誌面の撮影データーを見ていると、キヤノンEOS6DにニコンAF-S14-24mmF2.8Gを組み合わせて撮影している方が多いことに驚きました。キヤノンとニコンのコラボ。これが現在、最も良い結果を得られる組み合わせなのかもしれません。

なお、今回の集計の詳しい結果については、星景写真向きのデジカメページと、星景写真お勧めのレンズのページをご覧ください。残すところ半月で2014年は終わってしまいますが、来年はどのカメラやレンズが星空撮影の分野で人気になるのでしょう。来年も集計を続けたいと考えていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

ソニーα7Sの印象

この3連休の大阪梅田界隈は、ユニクロ大阪の開店セールと、阪神タイガースの応援感謝セールでとても賑わっていました。特にユニクロの混雑は想像以上で、入店まで30分〜45分待ちという大行列。中に入ってからもまた行列という大変な混みようで、お目当ての極暖ヒートテックを買うのは一苦労でした。

ところで、大阪ハービス内にあるソニーストアで、高感度ノイズが少ないミラーレス一眼カメラとして話題の「ソニーα7s」の実機を試写してきました。撮影データーを持ち帰らせていただいて確認しましたが、確かに高感度ノイズは少なく、滑らかですね。ISO12800が普通に使えるのが驚きです。
ソニーα7S ILCE-7S
これだけ高感度に強いなら、是非、天体撮影にも使ってみたいですね。先日、EOSMで撮影したアンドロメダ銀河の写真をアップしましたが、あの写真の撮影は、ISO800で360秒露出でした。単純にISO12800を使えるとすれば、1コマあたり、30秒強で同じ程度の写りを得られることになります。これならオートガイドも必要ありませんね。

ただ、ソニーα7シリーズには、タイマーリモートコントローラーが純正で用意されていないのが残念です。また、明るいレンズのラインナップが少ないのも、星空撮影にはマイナスです。これからの充実に期待したいところです。

なお、タカハシ等の天体望遠鏡には、ソニーのカメラマウントが用意されていませんが、ソニーαEマウントをキヤノンマウントに変換できるアダプターがアイダスさんから発売されています。
ソニーEマウント-EOS変換アダプター
上の写真がそのマウントアダプターです。このアダプターを使えば天体望遠鏡との接続だけでなく、キヤノン製のカメラレンズも使えると思いますので、便利だと思います(※メーカーにレンズを使用できるかの確認はしていません)。

もう少しオプションパーツが充実すれば、天体写真や星景写真にソニーα7Sを使う方が増えてくるかもしれませんね。

キヤノンEOS7DMarkIIの印象

少し前の話題になりますが、グランフロント大阪で開催された、キヤノンEOS7DMarkIIの体験イベントに参加しました。

この日は、平日にも関わらず、会場は写真ファンで賑わっていて、EOS7DMarkIIに手を触れるまで30分以上並ばなければなりませんでした。人気の高かったキヤノンEOS7Dの後継機だけに、注目されているのですね。下は会場でいただいた、EOS7DMarkIIのパンフレットです。被写体別に7種類も用意するとは、キヤノンも気合いが入っていますね。
CanonEOS7DMarkIIパンフレット
EOS7DMarkIIの印象ですが、前評判通り、AF機能が一段と進化していました。特にAFの追従性能は素晴らしく、画面のどこかに被写体が入ってさえいれば、動きに合わせて追従してくれます。星空撮影には全く必要のない機能ですが、久しぶりに「このカメラは欲しいな」と思いました。

また、キヤノンEOS7DMarkIIの機能では、タイマー撮影機能に注目していました。インターバル撮影を設定すると、指定した間隔(1秒〜99時間59分59秒)と回数(1〜99回、無制限)で連続撮影され、バルブタイマー機能を設定すれば、1秒〜99時間59分59秒までの露光時間の設定が可能とのことです。大変便利な機能ですね。

それで会場に行くまでは、この二つの機能を使えば、「10分露出を20秒間隔で8枚撮影」という設定がリモートコントローラー無しで可能になるな、と思っていたのですが、実際はインターバルとバルブタイマーは同時に使用することはできないようです。

つまり、バルブタイマーを10分に設定すると、インターバル機能は使えないというわけで、連続で10分露出を何枚も撮影しようと思えば、タイマーリモートコントローラーが必要になります。残念ですね。次に出てくるであろう、キャノンEOS5DMarkIIIやキャノンEOS6DMarkIIでは、是非、インターバルとバルブタイマーの同時使用を実現していただきたいです。

ゴーストの低減処理

先日、ブログに、Astro60Dのゴーストについて書きました。小さなゴーストの場合はそのまま放置していることも多いですが、アンタレスのように大きなゴーストが発生した場合は、画像処理で目立たなくなるよう処理しています(下画像参照)。

ゴーストの補正


ゴーストの補正処理には、様々な方法があると思います。おそらく皆さん、自分の機材に合う処理方法を工夫されていることだと思います。私も、パスを使ってマスクを作ったり、アルファチャンネルを複数作成し、それを選択範囲にして・・・などといろいろ試してきました。そして最終的に、ゴーストの低減処理というページにまとめた方法に落ち着きました。今後、さらに試行錯誤するうちに新しい方法に代わるかもしれませんが、Astro60Dのゴースト補正方法の一つの参考にしていただければ幸いです。

ところで先日は、「HEUIB-IIフィルターでゴーストが若干薄くなるかも」と書きましたが、LPS-D1フィルターの場合はと思い、以前撮影した画像を確認してみました。すると、LPS-D1フィルターの場合は、ノーマルよりもゴーストが増えるような印象を持ちました(Astro60Dで撮影した、オリオン大星雲の写真をご覧ください)。フィルターの相性なのでしょうか。ゴーストの発生の原因は難しいですね。

Astro60Dのゴースト問題

Astro60DのゴーストAstro60Dは、Central-DS社が製造(改造?)し、協栄産業が販売している天体撮影用の改造デジタル一眼レフカメラです。冷却ユニットが取り付けられているため、暑い夏でもノイズが少ない画像が得られることで人気のあるカメラですが、輝星の周りにゴーストが出やすいという欠点があります。左画像は、さそり座のアンタレスを写したものですが、結構派手にゴーストが出ていますね。

このゴーストですが、光学系に入れるフィルターの種類によっては、目立たなくなることもあるそうで、最近私が使用しているIDAS HEUIB-IIフィルターとの相性はどうだろう、というご質問をいただきました。

ちょうど、コーワプロミナー500mmとAstro60D(HEUIB-IIフィルターをマウント内取付)で撮影した、はくちょう座のγ星の写真がありましたので、下に恒星部分をトリミングして載せました。アンタレスの画像とは、恒星の明るさや撮影光学系が異なりますのでこれだけで比較できませんが、輝星の周りのゴーストは、少し目立たなくなっているような気がしますが、いかがでしょう。

キヤノンEOS60Dのゴースト


Astro60Dはよく冷えて使い勝手がよいのですが、盛大なゴーストが厄介ですね。ゴースト発生の原因は、フィルター換装時に使う赤外カットフィルターだと思いますので、ゴーストの出にくいフィルターに変更してもらいたいところです。ゴーストが出なければ、輝星が入る構図でも積極的に撮影できるのですが、明るい星が構図内に入るアンタレス付近や馬頭星雲を撮影するときは、ちょっと困りますね。

星景写真に適したカメラレンズは?

キヤノンのカメラレンズ今日から8月に入りました。月齢を考えると、今週末が星空撮影の最後のチャンスですが、天気予報は今一つです。昼間はよく晴れて暑いのですが、夜になると曇ってしまいますね。

7月15日にアップロードした「星景写真に人気のデジカメ」の続編として、今度はカメラレンズの使用状況を調べてみました。集計に使ったデーターは、前回と同じく、星ナビ2009年1月号〜2014年8月号の読者の星ナビギャラリーです。デジカメ本体に比べて、様々なレンズが使われていましたので、集計には時間がかかりましたが、興味深いデーターが得られました。結果は「星景写真に人気のカメラレンズ」のページにまとめましたので、是非ご覧ください。

ページ最後のまとめにも記載していますが、前回のデジカメ集計データーと比べてみると、カメラボディ本体の分野ではキヤノンのシェアが圧倒的にも関わらず、レンズ分野となると他社製レンズの使用率が高いことがわかりました。これは、キヤノンユーザーが純正レンズの性能に満足していない表れでしょう。実際、星ナビ2014年8月号のギャラリー見開きには、キヤノンEOS6Dで撮影された3作品が掲載されていますが、全て他社製レンズで撮影されています。

キヤノンは、FDレンズの頃から「望遠系レンズは性能が良いが、広角レンズ系はイマイチ」とよく言われてきました。星景写真撮影では、広角レンズが多用されますから、まだその傾向が続いているのでしょう。一方、ニコンの新しい広角レンズは評判が良く、キヤノンと対照的です。星ナビのデーターをみると、レンズマウントアダプターを介して、キヤノンのデジタル一眼レフボディにニコンレンズを取り付けて撮影している例が散見されました。

星景写真におけるキヤノンカメラボディとニコンレンズの関係は、素直に考えれば「キヤノンのレンズは性能が悪いから、ニコンレンズを仕方なく使っている」と考えられますが、「ニコンレンズを所有しているので同社のボディを使いたいが、星空撮影にはキヤノンボディを使用している」とも考えられます。マウントアダプターを介してニコンレンズを使うと制約が多いので、星空撮影に使い易いデジタル一眼レフカメラをニコンが開発すれば、星景写真での形勢は一気に変わってくるかもしれませんね。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode