星空日誌「つぶやき」

ブルーリバー

美瑛川 ブルーリバー左の画像はMさんが撮られた風景写真です(画像をクリックするとMさんのギャラリーの大きな写真に飛びます)。水がとっても青くて、初めて見たときに不思議な感覚に襲われました。この川の名前ご存じですか?

この川の正体は、ブルーリバーと呼ばれている北海道の美瑛川だそうです。温泉の成分が流れ込むのでこんなに青くなるそうで、ほんとに神秘的なブルーですね。ブルーって見ていると吸い込まれそうになることがあります。この川も近くで見ているとそんな感じなのかな?一度美瑛まで見に行ってみたいです。ランキング投票ボタン

爽やかな季節とデジスコ

フィールドスコープ10月から11月と言えば、一番気候がよい季節です。空も澄んでいて空気も爽やかな季節で、夜は快晴の日が続きます。しかし、昨年ぐらいからは、夜なかなか晴れなくなってしまいました。

どうしても撮りたい続きのコマがあったので、実は昨日も八塔寺に出かけました。しかし、やっぱり晴れたり曇ったりの天候でした。昨日はなんとか撮影できましたが、4晩に分けてカラー画像を撮影したので、一つの作品に仕上げるのが大変そうです。やっぱり一晩スッキリ晴れて、連続で撮影するのが一番ですよね(笑)。

昼間は温かくて今日は半袖でもよいほどですね。昼間は天気が良いことが多いので、これからは左のフィールドスコープとデジカメで野鳥撮影も楽しもうと思っています。葉が落ちる秋から冬にかけてはデジスコ撮影のシーズン到来です。皆さんもいかがですか。ランキング投票ボタン

コスモスの花

コスモスの写真昨晩は初めは晴れていたのですが、ブログを書いた後に望遠鏡を見に行ったら曇ってしまっていました。画像を見ても何も写っておらず残念無念です。週末に期待ですね。

先日郊外を車で走っていると、コスモスの花がちらほらと咲いているのに気がつきました。もうコスモスが咲く時期なんですね。コスモスの花は、色鮮やかでとっても綺麗ですね。特に青空が似合う花だと思います。

そこで今日の画像は、コスモスの花の写真です。八塔寺からの帰り道に見つけたコスモス園で、昨年撮影したものです。今年もコスモスたくさん咲いているでしょうか。晴れたら星見の帰りに見に行こうと思っています。ランキング投票ボタン

のどかな里山の写真

八塔寺の田園風景最近天気がよい日が続きます。月が大きくなるとほんとによく晴れますね。天文ファンへの何かの嫌がらせでしょうか(笑)。

今日の写真は八塔寺の里山風景です。先日撮影に出かけた帰りに道ばたから撮った一枚です。わらぶき屋根の家の周りに畑が広がっていて、なんだか心和む風景です。都会のコンクリートジャングルとは違う世界のようですね。

この八塔寺の畑では、秋になると芋掘りイベントなどが行われます。昨年は星見の後に参加して、立派な芋をたくさん取ってきました。結構楽しいので今年も行こうと思っています。星見の後に、みんなで芋掘りなんてどうでしょう(笑)。ランキング投票ボタン

宝塚花火大会行ってきました

宝塚花火大会の写真今日は宝塚の花火大会、会場まで見に行ってきました。着くのが遅かったので、残念ながら花火の無料観覧席は満席。有料観覧席は空いていましたが、2000円と高いので、道路脇で花火を鑑賞していました(笑)。

行き当たりばったりの花火の鑑賞でしたが、偶然にも真正面が打ち上げ場所だったので、綺麗に花火を見ることができました。距離も近いので、お腹まで花火の「ドーン」という打ち上げ音が響いてきました。夜空一杯に咲いた花火、大迫力でした。やっぱり近くで見ると迫力があって綺麗ですね〜

ちなみに私は宝塚南口駅側から花火を鑑賞しましたが、宝塚駅側の無料観覧席にはまだ空きがあったそうです。明日行くならそちらがお勧めかも。また、風向きは武庫川の上流から下流に流れていました。宝塚大橋側から見ると、煙が一杯で見づらいと思います。上流側に陣取りましょう(笑)。

上の花火の写真は、デジカメで撮ってきた宝塚花火大会の写真です。クリックするとギャラリーの大きな写真にリンクしますので、是非ご覧ください。人多いですよねー。ランキング投票ボタン

紫陽花の花

あじさいの花今日もよく雨が降り続いています。昼間でも空は暗くて風が吹いているので、どことなく薄気味悪い空。じめじめしてどんより暗いから、怪談話でもしたら面白いかも、なんてことを話しながら一日が過ぎていきました。

そんな雨ですが、傘をさして街を徒然と歩くと、いつもの曲がり角に綺麗な紫陽花の花が咲いていました。それが今日の写真です。

紫陽花の花と言えば、ブルーを想像してしまいますが、この紫陽花はパープルのような、ちょっと変わった色をしていました。雨に打たれる姿がちょっと色っぽく、艶っぽく感じられ、梅雨のどんよりした気分を華やかにしてくれた紫陽花の花です。もうシーズンも終わりですが、「あじさい寺に行いってみたいなぁ・・」とふと思った昼間の散歩でした(笑)。ランキング投票ボタン

フォトコン写真展

写真展の様子梅田のキャノンギャラリーにふらりと立ち寄ってみると、月刊フォトコン誌の月例コンテストに入賞された方々の選抜写真展が行われていました。左の写真はその展示の様子です。

一般写真のフォトコンなので、星や天体の写真はありませんが、綺麗な風景写真(ネイチャーフォト)やスナップが飾られていました。どれも本当に綺麗な写真で、誌面で見るのとは全く違った印象です。プリント自体も丁寧に焼かれていて、非常に繊細でなめらかなプリントでした。こうしたよいプリントを見ると勉強になりますね。

作品の中では、スナップは私はよくわからないのですが、波を写した海の写真が印象に残りました。光のとらえ方が非常に上手く、神々しさも感じられる作品で、少しの間見入ってしまいました。この写真展は明日までだそうですが、お近くに行く機会があれば、立ち寄ってみられてはいかがでしょう。ランキング投票ボタン

蛍が見える場所

蛍の写真6月の中頃は星はなかなか見えない時ですが、蛍が飛び始める時期です。最近は蛍を見に行く機会が減りましたが、昔は毎年蛍を野山に見に行っていました。真っ暗闇の里に、蛍がぽわぁーと飛ぶ様は美しいですよね。

昔は蛍と言えば、川の近くならどこでも見れたそうですが、最近の都会では滅多に見ることができません。しかし、私の家の近くの逆瀬川という小さな川では蛍を飼育しているらしく、この時期になると蛍が飛んでいるのをたまに見かけます。

といっても、見かけるのはほんの1匹2匹ぐらいですので、この写真のように、たくさんの蛍を見ようと思うと、郊外に出かけないとなりません。近畿地方でしたら、滋賀県に大きな蛍の里というのがあって有名だそうですが、そちらは行ったことがありません。何万人も来るところだそうですから、すばらしい蛍の舞なのでしょうね。でも蛍は人が少ないところでのんびり眺めた方が綺麗かもしれませんね。

ちなみにこの写真は兵庫県の峰山高原近くの河で撮ったものです。画像をクリックすると大きな画像が表示されますので、是非ご覧ください。また、蛍の壁紙も追加しました。こちらもご利用いただければ幸いです。ランキング投票ボタン

雲海の朝

雲海の朝近畿地方も梅雨入りしてしまいましたね。天気予報を見てもずーっと曇りか雨のお天気ですが、梅雨入りしたばかりの頃は、予報が外れることも多いです。週末の天気がよい方にずれることを願いましょう(笑)。

ガスの到来やトラブルで、星の撮影は上手くいかなかった週末の八塔寺ですが、夜明け前に美しい雲海を見せてくれました。左の雲海の写真がその様子です。ここは標高400m程度の場所ですが、こうして雲海に覆われると、高い山の上にいるようでした。

湿度が高くて星の撮影には適さない日本ですが、こうした風景が見られるのは、この温暖湿潤な日本の気候ならではなのでしょうね。こういう写真を見ると、なんだか心が落ち着きます。きっと日本人の心の風景なのでしょう。

でも都会の空気は無味乾燥していて、こうした景色は見られませんよね。たまには郊外に出て、こうした景色と向き合うこともストレス発散に必要なのかもしれません。私もこの雲海を見ていると心が浄化されるようでした。

PS:この写真を壁紙にもしてみましたので、よかったら風景写真の壁紙からご利用ください。広がりのあるワイド壁紙がおすすめです。。ランキング投票ボタン

ダチョウがこんな所に!

ダチョウ今日で4月も終わりです。今月はガソリン暫定税率に振り回された月でしたね(笑)。

ところで今夜の天気予報は快晴ですが、衛星画像を見ると雲が西から来そうな気配です。こういうときは星空の判断が難しいですね。また、明日の昼から少し下り坂のようですが、週末には回復して晴れて欲しいところです。

スプリング8の見学会の後、せっかくの連休なので、八塔寺の周りを中心にドライブしていました。いつもの撮影で向かう路から外れて岡山方面へと走っていると・・・視界の左隅になんとダチョウの姿が!一瞬のことだったので見間違いかと思いましたが、車を路肩に停めて歩いて戻ってみると、写真の通りのダチョウさんがいらっしゃいました(笑)。ビックリです。

「なぜこんなところにダチョウが?動物園?ダチョウの飼育?」といろいろな考えが頭をよぎりますが、ダチョウさんが目の前にいるのは事実です。ダチョウをこれほど間近で見たのは初めてだと思いますが、背がとっても高いです。私の身長よりずっとあります。足の先から頭の先までは、2メートルほどでしょうか。つつかれたら痛そうです(笑)。

帰ってきてネットで調べてみると、最近はダチョウの肉が健康食品として注目されているそうで、観光農場があちこちにあるそうです。この話を聞くとちょっと可哀想な気もしますが、このダチョウも飼育用に飼われているものなのかもしれません。何しろビックリした出来事でした。

PS:この大きなダチョウさんも『鳥』なんですね。フィールドスコープでデジスコ撮影してみようかな(笑)。ランキング投票ボタン

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode