星空日誌「つぶやき」

5万円あったら何を買う

商品券5万円の商品券を望遠鏡ショップで渡されて、「さぁ何か買え。」と言われたら何を買うでしょうか。私だったらフジノンの双眼鏡が欲しいな。

5万円の予算があったら、どんな天体望遠鏡を買えるだろうということを「予算で選ぶ天体望遠鏡」というページに記載しました。このページは、今までにメールで質問いただいた内容を読みやすくまとめたものです。

改めてこのページを見てみると、予算が5万円あれば天体観測を始められる機材を十分購入できますね。今度支給されるであろう定額給付金を家族4人分集めれば、このくらいの天文機材を買えるわけです。この機会に一家に一台、天体望遠鏡はいかがでしょう。ランキング投票ボタン

気になる望遠鏡

笠井トレーディングGS-200RC左は最近気になっている天体望遠鏡です。笠井トレーディングのGS−200RCという望遠鏡で、口径20センチF9のリッチークレチャン光学系です。

この望遠鏡の焦点距離は1827ミリ。この焦点距離なら、春の系外銀河や星雲のクローズアップ撮影に良さそうです。リッチークレチャンならイメージサークルも広いでしょうから、フルサイズデジカメも使えそうです。このGS−200RCの重さは5.7キロ。これならビクセンSXDやタカハシEM200赤道儀にも十分搭載できます。気になるお値段は22万8千円。実際に使った印象はどうでしょう。どなたか購入してみませんか。ランキング投票ボタン

長焦点の世界

ひまわり銀河季節は冬本番ですが、夜半過ぎには春の星座が東から昇り始めます。

星空で春と言えば、遙か遠くで輝く銀河の撮影時期になります。こうした小さな銀河を撮影するのは大変難しいものですが、やりがいや楽しさは星雲とはまた違ったものがあります。そういう時期ですから、最近ミューロン300についてメールをいくつか頂くようになりました。

その中で、AO7の接続方法についてのお問い合わせがありました。メールでは説明しづらいですので、私のAO7と冷却CCDデジカメの接続方法をミューロン300のページに写真付きで追記しました。何かの参考になれば幸いです。

PS:写真はりょうけん座にあるひまわり銀河です。来年はもっとアップで撮りたい対象です。ランキング投票ボタン

円高ドル安進む

Plane Wave CDK17為替市場は円高ドル安が進んで一時は88円台までドルが売られましたね。これほどの円高ドル安は13年ぶりだそうで、昨年の1ドル120円台と頃と比べると、25%ほどドルの価格が下がったことになります。

ということは、アメリカで売られている望遠鏡の価格が、昨年と比べると25%引きで購入できるというわけです。となると気になるのが、憧れの大口径です。左はPlaneWave社の17インチ望遠鏡です。価格は2万2千ドルと高価ですが、今なら日本円で200万円弱とお買い得です。クリスマスプレゼントにいいかもしれませんねー(笑)。

ところでこのPlaneWave社の望遠鏡は、ミューロンのドールカーカム光学系に補正レンズを付け足した光学系のようです。これでフルサイズデジカメを使えるということです。30センチのモデルなら9,990ドルで買えるので、魅力的な一台かもしれませんね。ランキング投票ボタン

おしゃれな望遠鏡

ドイツ製のドブソニアン今日も寒かったですね。頭痛はましになりましたが、外にいると寒さで身体が震えてきます。温かい食べ物が恋しい時期ですね。

ドイツの雑誌(カタログ?)が我が家に送られてきました。表紙に写真が採用された記念に送ってくれたようです。その雑誌をパラパラと見ていると、左の望遠鏡に目がとまりました。洗練されたデザインで、ぱっと見た感じは望遠鏡に見えません。格好よいですよね。

ドイツ語は読めないので内容がよくわからないのですが、非常に軽いドブソニアンと記事に書かれているようです。大きさは12インチですから30センチです。口径比はF4。お値段は3,980ユーロと少し高価ですが、デザインはシンプルで斬新ですね。

PS:なぜか最近、写真素材販売について、たくさんのお問い合わせをいただいているのですが、まだ全てにお返事できておりません。恐れ入りますが、もう少しお時間をいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。ランキング投票ボタン

幻のニコン望遠鏡

ニコン製望遠鏡のカタログ天体望遠鏡の歴史はカメラのように奥が深いので、今までに数多くの名機と呼ばれる鏡筒が登場しました。中には滅多に見かけなくて、今では幻と呼ばれる望遠鏡があります。私の中で、その中の一つに上がっているのが左のニコン8cmED屈折天体望遠鏡です。

このニコン8cm鏡筒は、1987年頃にニコンから発売された写真撮影用望遠鏡です。EDレンズを贅沢に2枚使った4群5枚のレンズ構成で、イメージサークル100mmというスペックを誇っていました。

しかしこのニコン8EDは、口径が8センチで口径比が6なのに価格が27万円もしました。当時、ペンタックスの10センチF4が28万円でしたから、ほとんど売れなかったと思います。実際、今までに一度も使っている方を見かけたことがありません。

でもEDレンズを2枚使ってF6という無理のない設計ですから、今のデジタル時代でも十分通用する望遠鏡ではないでしょうか。最近タカハシから登場したFSQ85EDは29万円。今、登場したら売れていたかもしれません。どちらが写るか試してみたい一台です(笑)。ランキング投票ボタン

反射望遠鏡

MT200週末もどうやら天気が悪そうですね。今週末はしらびそ高原で撮影しようとお誘いいただいていたのですが、これでは無理そうです。残念無念です。

今日の画像はタカハシのMT200反射望遠鏡です。最近たまに反射望遠鏡と屈折望遠鏡の違いをご質問頂きます。反射望遠鏡はその名の通り、ミラーで光を反射させて光を集める望遠鏡です。

鏡で光を集めるわけですから、普通の顔を写す平面鏡ではいけません。真ん中が凹んでいる凹面鏡を使って光を集めます。凹面鏡は、正確には放物面鏡という鏡です。粗悪な製品になると、球面鏡を使っているので注意しましょう。球面鏡ですと光が一点に集まらず、いくらピントを合わせても呆けているようにしか見えません。

ところで、このMT200の内容をタカハシMT200のページにまとめてみました。良かったらご覧ください。最近はシンプルなニュートン反射は減りましたが、侮れない実力がありますね。下のミザール望遠鏡も13センチの反射望遠鏡でよく見えました。今ならケンコーSE200を写真撮影用に改造できたら面白いかもしれませんね。ランキング投票ボタン

ミザール望遠鏡

ミザール望遠鏡左は私が使っていたミザール製望遠鏡です。引き出しから写真が出てきたので、今日の話題に登場となりました。

この望遠鏡は、ハレー彗星が1986年に地球に近づいた時に購入したものです。あの時は天文ファンが急増して、空前のハレーブームでしたよね。このミザール望遠鏡はLX-130SLRS20というモデルで、当時新しく発売されたRV85赤道儀とセットで販売されていました。この機材は長い間大切に使用していましたが、最近手放しちゃいました。

ところでハレー彗星が来た頃、ミザールとビクセンは私の印象ではライバル関係のようでした。ビクセンがマイコンスカイセンサーを出すと、ミザールも自動導入コントローラーを発表して争っているようでした。

でもその後、ビクセンはSP赤道儀、GP赤道儀と発表して今のSXD赤道儀と発展していますが、ミザールの製品はあまり見かけなくなりました。元ユーザーとしては寂しい限りです。そんなミザールの思い出を天体望遠鏡のページにまとめてみました。偏見が入っているかもしれませんが、良かったらご覧ください。ランキング投票ボタン

コンパクトな望遠鏡

FSQ106EDの伸縮明日は新月ですが天気悪いですね。天気図を見ると、停滞前線が日本列島の真上に伸びています。もう秋雨の時期という感じですね。しばらくは星見に行くのは難しそうです。

写真はお借りしているFSQ106ED望遠鏡です。この天体望遠鏡はフード部分が伸縮するので、縮めると写真のように非常にコンパクトになります。メーカーによれば、伸ばしたときは675ミリ、フード収納時は580mmです。これぐらいの大きさなら、撮影旅行にも携行しやすいですね。

ところでFSQ106EDの焦点距離は530ミリです。超望遠レンズのキャノンEF500mmF4Lなどよりは一段暗いですが、価格はほぼ半額です。これで風景写真や人物写真などを撮ったらどんな感じで写るのでしょう。ちょっと興味がありますね(笑)。ランキング投票ボタン

キャンプのお供に最適な双眼鏡

私の双眼鏡夏休み真っ盛りというわけで、これからキャンプに出かけようという方も多いでしょう。キャンプに行くなら持って行きたいのが、双眼鏡です。星の綺麗なところで眺める星空は格別です。でも肉眼だと、天の川も星の集まりかどうかわかりませんし、ちょっと寂しいのも事実です。そんな時には双眼鏡が最適です。

何かの広告のようになってしまいましたが、双眼鏡って様々な用途に人気がありますよね。最近は天体望遠鏡よりも、星空を見るのに適した双眼鏡についてよくご質問をよくいただきます。やっぱり夏休みだからでしょうね。

でも双眼鏡って、ほんとにたくさんあるので選ぶのは難しいですよね。そこで双眼鏡の選び方というページに、基本的なことをまとめてみました。まだ言葉足らずの部分もありますが、よかったら参考にしてください。

ちなみに写真は私愛用の双眼鏡です。いくつか持っていますが、これが一番古いモデルで20年以上の付き合いになります。今でも現役で綺麗に星が見えます(笑)。ランキング投票ボタン

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode