星空日誌「つぶやき」

TOA130のフードの交換

先日、機材を準備するためにタカハシTOA-130屈折望遠鏡をアルミケースから取り出すと、鏡筒一面に黒い粉が付着していました。どうやら、フード内に貼られた植毛紙がはがれ、粉状になってしまったようです。このままだとレンズに付着してしまうので、フードを鏡筒から外してみました。

TOA130の対物レンズ

上の写真は、フードを外した様子です。フードは、鏡筒にねじ込まれているだけだったので、簡単に外すことができました。TOA-130は、口径13センチの屈折望遠鏡ですが、間近で見るレンズは迫力がありますね。

最初は、フードの植毛紙を貼り直すつもりでしたが、金属製のフードに代えて、段ボールフードを自作することにしました。せっかく自作するので、レンズセルの外側に夜露よけのヒーターを巻きつけ、その上から段ボールを巻きつけて、フードの形に成型しました。

TOA130の自作フード

上が、完成したフードの写真です。金属製のフードはかなり重く、TOA-130の対物レンズは3枚玉ということもあり、望遠鏡の前側が重くて取り回しにくかったのですが、段ボールフードは軽いので、前後の重量バランスが良くなりました。

また、今まではフードの外側からヒーターを巻いていたため、レンズにヒーターの熱が伝わりにくく、湿度が非常に高い夜にはレンズが結露しそうになったことがあるのですが、フードの内側にヒーターを巻くようにすると、湿度の高い夜でも安心して撮影を楽しめるようになりました。

フードを改造してみて思ったのですが、屈折望遠鏡のフードには、固定式や伸縮式が採用されていますが、カメラの望遠レンズのような取り外し式の方が便利だと思います。特にFSQをはじめとした撮影用望遠鏡の場合は、海外にも持って行くことが多いので、取り外しができる方がメリットが大きいと感じました。

Moravian製 G3-16200A 冷却CCDカメラの結露

台風22号が過ぎ去った後、気持ちの良い晴天が続いています。この晴天があと一週間早ければ、天体撮影を楽しめただけに少々残念ですね。

ところで、月は大きいのですが、せっかく晴れたので、モラビアン製の冷却CCDカメラを使用して撮影を楽しもうとしたところ、画面に不思議な模様が写りました。

冷却CCDカメラの結露

上が撮影画像ですが、アンドロメダ銀河の中央が、ぼやけて写っているのがわかります。どうやら冷却CCDカメラのカバーガラスが結露したようで、冷却CCDのセンサー温度を上げると、結露が取れて正常に写るようになりました。

今回使用したMoravian製のG3-16200カメラは、購入してまだ1年程度しか経っていませんので、結露するとは全く思っていませんでした。ちなみに、SBIG製のSTL-11000Mは、購入してから10年以上が経ちますが、今まで結露したことがありません。カメラは同じように扱っていますので、個体差はあるにしても、Moravian製のカメラは、SBIG製に比べて、結露しやすいのかもしれませんね。

フィルター径の違いによる周辺減光の比較

先週末の台風21号に続いて、今週末も台風22号の接近の影響で雨ですね。新月期の週末が2回連続で崩れると、やる気も下がってしまいます。来月の新月期こそは晴れてほしいですね。

ところで、Central DS社のAstro6D(キヤノンEOS6D 天体改造モデル)には、ドロップインフィルターボックスが装備されており、48ミリと52ミリのフィルターが使用できる構造になっています。今回、48ミリ径のフィルターを入手したので、52ミリと比べて周辺減光の発生に違いがあるか調べてみました。

Astro6D

下は、TOA130を用いて撮影したフラットフレームの比較画像です。撮影したままの画像ではわかりにくいので、レベル補正コマンドで強調しています。

フィルター系の違い

比較画像をご覧いただくと、52ミリの場合に比べて、48ミリのフラットフレームは四隅が暗く、光量がストンと落ち込んでいるのがわかります。

35ミリフルサイズセンサーは大きいので、周辺減光の点では、やはり口径の大きなフィルターを使用した方が良さそうですね。ケラレが少ないとフラット補正も楽だと思います。

キヤノンEOS6Dのレビューページにも、Astro6Dについての記事を載せていますので、是非ご覧ください。

スリックのポータブル赤道儀「ECH-630」

スリックから、ポータブル赤道儀「ECH-630」が発売されるようです(11月10日発売予定)。ECH-630は今年開催されたCP+2017で展示されていたモデルで、星空追尾モードに加えて、タイムラプスにも対応した電動雲台です。

スリックのポータブル赤道儀

上は公式ページの写真ですが、縦横9センチ弱の立方体で、重さ630g程度と小型軽量ですので、持ち運びがし易そうですね。ただ、電源が乾電池4本というのはわかるのですが、USBポートから給電時にも乾電池が必要というのが不思議です。モバイルバッテリーで使用したいユーザーにとっては、その点が少々残念かもしれません。

スリックと言えば、カメラ三脚やカメラ雲台のイメージがあります。私は2本のスリック製三脚を所有していますが、数年前まで、スリックがポータブル赤道儀を発売するとは思ってもみませんでした。それだけ星空撮影に注目が集まっているということでしょうね。これからは、固定撮影だけでなく、赤道儀を使って星空を撮影する人が一層増えそうですね。

ステラショットにディザリング機能追加

アストロアーツ社の天体撮影ソフト「ステラショット」の1.5bアップデーターが、先日リリースされました。今回のアップデートで、ステラショットもディザリング撮影に対応しました。最近は、M-GENなどのディザリング機能を使用する方が増えていたので、待望のアップデートではないでしょうか。

ステラショット

なお、ディザリングとは、一枚撮影するごとに数ピクセルずらして撮影を続ける機能です。コンポジット後のノイズが平均化されるので、特に淡い星雲を撮影するファンから評価を得ている撮影手法です。詳しくは「ディザリング撮影とは」のページをご覧ください。

ところで、今回のアップデートでは、撮影画像のメモリーカード保存にも対応しました。撮影画像をパソコンにしか保存できないのは不安でしたので、嬉しい追加機能です。今週は久しぶりに晴れそうなので、新しくなったステラショットを使って、撮影してみたいと考えています。

FSQ-85EDPとフラットナー1.01×が新発売

タカハシから、FSQ-85EDPが発表されました。新しいFSQ-85EDPは、従来のFSQ-85EDの接眼部を撮影用に仕様変更したモデルです。カメラ回転装置などが標準装備されているので、カメラマウントさえ用意すれば、カメラをすぐに取り付けて、撮影を楽しむことができます。

FSQ-85EDフラットナー

タカハシFSQ-85ED用の補正レンズ「フラットナー1.01×」も先日発表されました。FSQ-85EDは、天体撮影ファンに人気が高い鏡筒ですが、35ミリフルサイズカメラで撮影すると、周辺の星像が流れるのが残念でした。新しいフラットナー1.01×は、その周辺像を改善するための補正レンズです。

メーカー発表の作例を見る限り、新型フラットナーを用いたときの周辺星像はかなり良さそうです。フラットナー1.01×は、比較的手頃な価格(2万円)ですので、FSQ-85EDユーザーなら是非手に入れたいオプションパーツですね。

シグマ24-105mm F4 DG OS HSMレンズ

昨日、発表されたキヤノンEOS6D MarkIIは、私にとって、今年中に手に入れたいデジタル機器製品リストの上位に入ってきました。あとは、ニコンD810の後継機が気になります。一度に2台買うのは難しいので、D820(仮称)の正式発表を待って、考えようと思います。

ところで、先日、シグマの標準ズームレンズ「24-105mm F4 DG OS HSM(ニコン用)」を購入しました。ニコンD810用には、ニコンの標準レンズとして、AF-S NIKKOR24-85mm f/3.5-4.5G ED VRを持っているのですが、もう少し描写力の高いレンズが欲しくなり、シグマレンズを購入しました。

24-105mm F4 DG OS HSM

予想はしていましたが、シグマ24-105mmF4レンズは、とても大きく、重さもかなりあります。同じ焦点距離のキヤノンEF24-105mmF4Lレンズと比べると、一回り太く、重い感じです(上画像は、レンズをテレ側にして並べたところです)。一般撮影用ですが、撮影画像ができましたら、また画像と共に使い心地をご紹介したいと思います。

FC-76DCで天体撮影

週末は八塔寺に天体撮影に出かけてきました。2夜連続で撮影したのですが、金曜日の夜は23時ごろまで曇り、土曜日は一晩中晴天に恵まれました。今夜も天気が良さそうですが、さすがに体力の限界を感じて帰ってきました。

金曜日の夜は、タカハシFC-76DCで撮影を楽しみました。FC-76DCは、対物レンズにフローライトが使用された口径76mmの屈折望遠鏡です。数年前に購入し、自宅での観望用として愛用していましたが、撮影に使用したのは今回が初めてでした。

FC-76D

撮影は、FC-76DCの接眼部にフラットナーレンズを取り付け、ニコンD810Aで行いました。FC-76DCのF値は7.8と暗いので、ISO1600で15分前後の露光が必要でしたが、星像はシャープだと感じました。処理できましたら、ギャラリーに掲載したいと思います。

FC-76DC

タカハシの小型鏡筒と言えば、FS-60Cの人気が高いですが、FC-76Dも使いやすい鏡筒だと思います。口径もFS-60Cより大きいので、惑星もそれなりに楽しむことができます。最近、鏡筒分割式のモデルも発売が開始されましたので、海外遠征用としても使いやすい鏡筒と言えるのではないでしょうか。

シグマ 20mm F1.4 DG HSMの使用感

忙しく駆け回っているうちに新月期になりました。4月初めに撮影した画像をまだ処理できていないのですが、週末は天気が良さそうですので、望遠鏡を持って遠征になりそうです。西に傾きつつある春の銀河を撮るか、東から昇ってくる夏の天体を狙うか、迷うところです。

シグマ20ミリレンズ

先日、シグマのArtレンズについて触れましたが、シグマの超広角レンズの使用感を「シグマ 20mm F1.4 DG HSMのレビュー」ページにまとめましたので、ご覧いただければ幸いです。

今回、使わせて頂いたレンズの中で、シグマ20ミリレンズが一番のお気に入りです。5月25日までキャッシュバックキャンペーンが行われているので、手に入れるには良いチャンスですね。ただ、最近はサードパーティ製のレンズも高くなりましたね。

夏の天の川

上は、月初めに出かけた大塔村にて、シグマ 20mm F1.4 DG HSMで撮影した、天の川銀河の写真です。さそり座から、はくちょう座までの天の川が構図に収まるので、夏の天の川を一網打尽という感じですね。これからの時期、夏の天の川を狙うのに適した広角レンズだと思います。

星空撮影に人気の シグマ の Art レンズ

シグマの交換レンズの中でも最高の光学系が使われた「Art」シリーズは、星空写真ファンの間でも人気が高いです。特に単焦点の広角レンズは、天体撮影を行うベテランの方からも支持を得ているように思います。

下は、シグマArtシリーズの20ミリ、24ミリ、50ミリのレンズを並べたところです。いずれもしっかりした造りで、手に持つとずっしりと重みがあります。特に一番左の20ミリレンズは前玉レンズが大きく、950gもの重さがあるので、広角レンズとは思えないほどのボリューム感があります。

シグマのカメラレンズ

実際にこれらのレンズで星空を撮影しましたが、どのレンズも、シャープで色収差も少なく、コントラストの良い画像を生み出してくれました。下はシグマの50ミリレンズで撮影した天の川のハイライトですが、一枚画像にも関わらず、気持ち良いほどの写りです。

天の川の写真

後日、各レンズのレポートをWebサイトに追加したいと考えていますが、最近、Artシリーズに、14ミリと135ミリのレンズが加わりました(14ミリは発売日未定)。135ミリと言えば、カールツァイスのApo-Sonnar135mmが、天体写真ファンに人気がありますが、それと同等レベルの性能であれば、今後、人気が出てきそうですね。

シグマでは、現在、キャッシュバックキャンペーンが実施されています。残念ながら、新しい14ミリと135ミリは、キャンペーンの対象には含まれていませんが、20ミリ〜85ミリまでの単焦点レンズはキャンペーン対象商品です。キャンペーンは5月25日までやっているようですので、手に入れ時かもしれません。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode