星空日誌「つぶやき」

シグマAPO180mmとSWAT-350

火曜日の夜、ポータブル赤道儀SWAT-350にシグマ APO 180ミリレンズを載せて、オリオン座三ツ星付近の星雲を撮影しました。この夜は生憎の天気だったため、ほとんどの画像に雲が写り込んでしまい、最終的に使えたのは4枚のみでしたが、せっかくなので処理してみました。

オリオン座の星雲

上が画像処理後の写真です。撮影枚数が少ないところ、淡い星雲を明るく表現するために強調したため、かなり荒れてしまいましたが、バーナードループやオリオン座の淡い星雲も画面に表れました。総露出時間12分で、これだけ写るのですから、明るいカメラレンズは手軽でいいですね。大きな画像は、デジタル一眼ギャラリーの「オリオン座三ツ星とバーナードループ」をご覧ください。

今回使用した、シグマ APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM レンズは、お借りしたレンズです。このレンズは以前から天体写真ファンの評価が高かったので、気になっていました。今回実際に使用してみると、色収差がほとんどないシャープな像を結ぶことがわかり、高評価にも納得できました。次回は、晴れた夜にじっくりと夏の星雲を撮ってみたいです。

レンズを載せる赤道儀には、ユニテック社のSWAT-350を使用しました。一回り小さいSWAT-200に載せられると思っていましたが、送られてきた箱を開けたときにレンズ本体の大きさに驚いたので、余裕を見てSWAT-350を選びました。下はSWAT-350に撮影機材一式を載せたところです。

シグマ180ミリレンズ

SWAT-350に大きなシグマの180ミリレンズと重いAstro6Dカメラを載せましたが、搭載重量にはまだ余裕が感じられました。ユニテック社の公式ブログでは、ボーグ 107FLを載せて撮影されている様子も紹介されていますので、シグマ180ミリレンズセットをもう一つ載せても大丈夫そうです。

ポタ赤とカメラレンズの組み合わせなら、持っていく機材も少なくてすみ、設置や撤収も素早くできますので、心身共に負担が少なくていいですね。身軽な機材でも得られる画像は本格的なので、これから夏にかけての天体撮影を楽しむのにも適した組み合わせだと思います。

オフアキに適したオートガイダー

火曜日の夜、夜半まで天気が持ちそうだったので、オフアキのテスト撮影に出かけてきました。家を出るときは、近場の社の森公園に行くつもりだったのですが、車を走らせているうちに気が変わり、八塔寺まで行ってしまいました。やはり慣れた場所が気楽でいいですね。

先日の記事でも触れましたが、オフアキ撮影用のオートガイダーには、UltraStarをはじめとした、撮像素子の面積が大きく、感度の高いカメラが適しています。そこで、月面撮影用に使用しているZWO社のASI174MM-Coolをオートガイダーに用いて、Mewlon-250CRSで撮影を試してみました。

ASI-174MM-cool

上は、ASI174MM-Coolの写真です。ASI174MMカメラには、1/1.2型のCMOSセンサー「SONY IMX174」が用いられています。センサーサイズは、UltraStarオートガイダーより更に大きく、感度は、オートガイダーとして人気のあるQHY5L-Mより若干高いので、スペックとしては、オフアキに理想的なオートガイダーのように思われます。

ただ、私が所有しているASI174MM-Coolには冷却機能が付けられているため、非冷却のASI174MMに比べてフランジバックが約5ミリ長く、ピントが出るかどうかが問題でした。しかし、現地でオフアキのアダプターを変更してみると、ギリギリ、ピントを合わせることができました。

PHD2.6.2ガイドグラフ

上は、当日のガイドグラフです。PHD2.6.2も問題なくガイドできるようになり、ガイドグラフも安定しています。また、センサーが大きく感度が高いので、ガイド星も容易に見つかりました。この組み合わせなら、春の銀河をオフアキ装置で快適に撮影することができそうです。

なお、オートガイダーとして用いる場合は、フランジバックの短い非冷却タイプがおすすめです。また、QHY CCD社からも同じセンサーを用いた「QHY5III-174M」が販売されています。StarlightXpress社のUltraStarより若干安いので、これからオフアキ用のオートガイダーを考えられている方には、選択肢の一つになるのではないでしょうか。

EOS9000Dとステライメージ8が登場

昨日、キヤノンからEOS9000DとEOSKissX9iが発表されました。私は先月、EOS8000D(下写真)を購入したばかり。新製品の発表は予想していたとはいえ、購入して約1ヶ月で現行機種でなくなるのは、やはり寂しいですね。

EOS8000D

新しく発表されたキヤノンEOS9000DとEOSKissX9iは、EOS80Dと同じオールクロス45点AFセンサーが用いられているのがポイントですね。今のところ、EOS8000Dの19点AFでも困ったことはありませんが、EOS80Dと同じというのはやはり魅力です。連写性能も向上していますので、エントリー機とは思えないほど機能が充実したカメラだと思います。

EOS9000D等と同時に、新しい小型ミラーレスカメラ「EOS M6」も発表されました。こちらはEOS M3の後継機となるモデルで、昨年末に発売されたEOS M5からファインダーを省略したような機種になっています。型番が少々ややこしいですが、電子ファインダーが必要ない人にとっては、EOS M6はコンパクトで魅力的な機種になるかもしれません。

ステライメージ8

また、アストロアーツから、天体写真の画像処理ソフトウェア「ステライメージ8」が2月14日にリリースされました。今日の夕方に届いたばかりですので、まだインストールしていませんが、ステライメージ7と比べてどのような点が向上しているのかが楽しみです。個人的には、動作速度とコンポジット時の位置合わせの精度が向上していると嬉しいですね。

ところで、先日、調子が悪かったPHD2ですが、アプリケーションをアンインストールし、関係するフォルダを削除した後に、PHD2を再インストールし、カメラのドライバーも再セットアップしたところ、ガイドグラフが安定するようになりました。何が不調の原因だったのかはわからず、少々不安ですが、しばらく使用してみようと思っています。

EOS8000Dのバッテリーグリップとセンサー交換

土曜日は久しぶりに大阪ミナミに出かけてきました。難波周辺に広がるミナミの繁華街は、外国人旅行客に大変人気のあるエリアです。春節の時期が終わったので、もう空いているかなと思っていましたが、まだまだ旅行客で賑わっていました。

下は、ミナミでお馴染みのグリコの看板です。今では観光客の写真スポットとなっていて、多くの人が立ち止まって写真を撮っていました。

大阪ミナミの繁華街

今回、ミナミの繁華街を訪れた主目的は、キヤノンEOS8000D用の中古レンズを探すことでした。ポートレート撮影用に、できるだけ開放F値が明るいレンズをと思い、シグマ 30mm F1.4 DC HSMを考えていたのですが、人気の高いレンズのためか、中古価格はかなり高くて、結局、購入はしませんでした。

代わりに、久しぶりに寄った中古カメラショップで、EOS8000D用のバッテリーグリップ「BG-E18」が格安で販売されていたので、購入してきました。バッテリーグリップは、星空撮影には使用する機会はありませんが、ポートレートの縦構図撮影には便利なアイテムです。下が、バッテリーグリップを装着した様子です。重く、大きくなってしまいますが、いつものカメラがちょっと本格的なカメラに見えますね。

バッテリーグリップ

ところで、先日、縦縞ノイズが発生すると書いたEOS8000Dですが、その件をキヤノンサービスセンターに相談して点検していただいたところ、センサー基盤を交換していただけました。下はセンサー交換後の長時間ノイズの画像ですが、こちらには縦縞ノイズは出ていません。

EOS8000Dノイズ

また、ノイズを撮り比べてみましたが、交換前に比べると全体的にノイズが少なく、やはり同じカメラでもセンサーによって、ノイズの出方は変わってくることがわかります。詳しくは、EOS8000Dレビューのページ下部に追記しましたので、ご覧いただければ幸いです。

オフアキガイドとPHD2の不調

木曜日と金曜日の夜、八塔寺に撮影に出かけてきました。木曜日の夜は、天気予報は良かったものの、月が沈む前からベタ曇でその後に雪が降るという生憎の天気でした。一方、金曜日の夜は薄雲の通過はありましたが、月が沈んでからは朝まで快晴。連続で出かけた甲斐がありました。

下は、土曜日の明け方に撮影した南東の空です。手持ちでの撮影なので、ブレて星がギザギザになってしまっていますが、この程度の拡大率ならあまり目立ちませんね。

さそり座

まだ2月ですが、明け方の南天にはさそり座が昇ってきています。アンタレス付近も、頑張れば撮れそうですね。次回の新月期には、皆さんアンタレス付近を狙い出すのではないでしょうか。

ところで、最近、PHD2のガイド不調に悩んでいます。PHD2をバージョン2.6.2にアップデートして以来、最初の10分程度は順調にガイドしているのですが、その後、赤緯が徐々にズレていってしまいます。トレンドラインを表示させると、しばらく一直線が続くのですが、突然、折れ線グラフのように、あらぬ方向に向かって赤緯がずれ、戻ってきません。

金曜日の夜は月が沈むまでに時間があったので、設定をいろいろ変えて試してみたのですが、多少の変化はあるものの、最終的には同じ結果になります。結局、PHD Guidingに切り換えて撮影はできましたが、原因がわからないと不安です。もし、「このようにしてみては」などのアドバイスがございましたら、ご教示いただけますと幸いです。

下は、八塔寺でご一緒したYさんのオフアキシステムです。薄型のStarlightXpressのオフアキシスガイダーに、感度の高い「Ultra Star オートガイダー」を取り付け、春の銀河を撮影されていました。

オフアキシスガイダー

私もYさんも、鏡筒は全く同じ、Mewlon-250CRS+レデューサーだったのですが、私がオフアキを回しながら「ガイド星が見つからない」と騒いでいる横で、さっとガイド星を見つけて、撮影を始められたのが印象的でした。

やはり春の銀河のオフアキ撮影には、センサーの感度が高く、面積の広いオートガイダーが良いですね。しかし、Ultra Starオートガイダーは12万円前後と価格が高く、なかなか購入の決心がつきません。

キヤノンEOS8000Dの縦縞ノイズ

気軽にスナップ撮影できる軽量デジタル一眼レフを探していたところ、EOS8000Dが安くなっていたので、思わず衝動買いしてしまいました。考えてみると、キヤノンのAPS-Cデジタル一眼レフを購入したのは久々です。

キヤノンEOS8000Dは、2015年春に発売開始されたカメラです。EOSKissX8iよりも少し機能が増えて、EOS80Dよりは劣るという、キヤノンのラインナップの中で微妙な立ち位置のカメラです。個人的には、サブ液晶パネルはなくても良かったのですが、X8iと価格が変わらなかったので、EOS8000Dを選びました。

EOS8000D

実際に使った印象としては、良くも悪くもEOSという印象で、マニュアルを読まずともすぐに使うことができました。購入時は必要ないと思っていたサブ液晶パネルは意外と便利で、EOS8000Dを選んで正解だったと思いました。使用感を「EOS8000Dレビュー」に載せましたので、是非ご覧ください。

EOS8000Dは、気軽なスナップや風景を撮るために購入したのですが、やはり星空撮影時の性能が気になります。キットレンズで撮影したオリオン座三ツ星付近の写真をEOS8000Dレビューのページに掲載しましたが、赤い星雲の写り具合は、以前のEOSと変わりませんね。最近のフジやペンタックスのカメラは無改造でも結構写ると聞くので期待していたのですが、これがEOSの発色ということでしょうか。

ところで、ダーク画像を撮ったところ、撮影画像に下のような縦縞ノイズが写りました(画像は強調しています)。星空撮影に使用していたEOS60Dや他のカメラでは、このような縦縞ノイズは写らないのですが、センサーの読み出し回路に起因する熱ノイズでしょうか。

EOS8000Dの長時間ノイズ

思い起こしてみると、キヤノンはEOS70Dの頃から動画撮影に重きを置いて、デュアルピクセルCMOS AFを搭載し始めました。この機能があるため、EOS60D以降は冷却改造ができなくなってしまったのですが、ひょっとすると、この縦縞ノイズとデュアルピクセルCMOS AFは、何かの関係があるのかもしれません。たまたま外れの個体を引いただけかもしれませんが・・・(それはそれで悲しいですが・・・)。

STARBOOK TENをアップデート

今年も残すところ一週間を切りました。29日が新月ですので、年末年始は天体撮影に適した時期ですが、遠征する際に帰省ラッシュに巻き込まれると、悲惨なことになりますね。ずっと以前の年末、宝塚トンネル付近の渋滞に巻き込まれて、大変な思いをしました。それ以降、宝塚インターチェンジは、利用しないようになりました(笑)。

12月20日に、ビクセン製天体望遠鏡のコントローラー「STAR BOOK TEN」の最新プログラム(Ver4.20)がリリースされました(→公式ダウンロードサイト)。今回のアップデートでは、SAOメニューの追加など便利な機能が追加されているだけでなく、プログラムの不具合も修正されています。私も先ほど、AXD用のスターブックTENを早速アップデートしました。

スターブックテン

スターブックTENのメモリーが消えてしまう問題は、Ver4.10にアップデートして以降は解消しましたが、パソコンとLANケーブルで接続して、ステラショットで動かしていると、希に通信が途絶えてしまうことがありました。これはパソコン側の問題なのかもしれませんが、今回のアップデートでは、プログラムの最適化が実施されているということなので、動作が改善されることを期待しています。

ところで、スターブックTENは、AP赤道儀に繋いで使用することもできます。メーカー非推奨の使い方なので自己責任になってしまいますが、AP赤道儀とスターブックTENをケーブルで繋いだ後、外部電源端子からスターブックTENに直接DC12Vを入力します。赤道儀の電源を入れると、スターブックTENの画面にAP赤道儀が表示され、スターブックTENから自動導入が可能になります(導入速度は遅いですが)。

ちなみに、スターブックTENとパソコンをLANケーブルで繋げば、ステラショットからAP赤道儀を使って自動撮影することができました。

Pole Masterの取り付け加工

昨日までは、週末の天気予報が良かったので、撮影に出かける予定にしていたのですが、今、予報を確認すると、夜の雲量が高くなってしまっています。

例年なら晴天が続く10月下旬ですが、今年は本当に天気が不安定ですね。最近、予定通り撮影できていないため、この新月期は、数回、星空の撮影に出かけたいと思っていたのですが、この天候では難しそうです。

もし撮影に出かけることができたら、先日、八塔寺で撮影した「IC59とIC63」の星像がなかなか良かったので、その時に使ったε-250望遠鏡で冬の星雲を撮影しようと考えています。

ヘラクレス赤道儀とPoleMaster

ε-250は大きく重いため、搭載するにはヘラクレス赤道儀が必要なのですが、古い赤道儀のため、極軸望遠鏡のスケールが対応していないのが難点です。そこで、ヘラクレス赤道儀に電子極軸望遠鏡「Pole Master」を取り付けられるよう、上画像のように加工してみました。

Pole Masterの取り付けには、ユニテックが製造販売しているSWAT用取り付けアダプターを利用しました。これなら、Pole Master本体をワンタッチで取り付け、取り外しすることができて便利です。

取り付け加工といっても、ネジ穴を加工したアルミプレートを間にはさみ、SWAT用アダプターを取り付けられるようにしただけなのですが、赤道儀本体にネジ穴を開けるときは少々緊張しました。

加工中

上の画像は、ヘラクレス赤道儀の赤緯体に取り付け穴を開けた後、タップを使ってネジを切っているところです。雌ネジを切るときは、完全スコヤを使い、垂直に注意して加工しますが、赤道儀は丸い部分ばかりで、スコヤを当てることができません。苦労しつつ、なんとか取り付けに成功してホッとしています。後は、実戦で使い心地を確かめるべく、天気の回復を待ちたいと思います。

ビクセンVSD100 3.8のレビュー

ビクセンVSD100とSXP赤道儀昼間はよく晴れて暑いのですが、夜は曇りがちの天気が続いています。晴れた夜もあったようですが、ころころ変わる天気予報に惑わされ、まだ、撮影できていません。今のところ日曜日の夜あたりの天気が良さそうですが、どうなることでしょう。

撮影機材のページに、ビクセンVSD100のレビューを追加しました。ビクセンVSD100は、アイソン彗星の接近に合わせて開発された天体望遠鏡で、「今秋、降臨」のイメージ広告で天文ファンの注目を浴びました。しかし、その後、価格が発表され、発売開始されると、いつの間にか話題に上ることが少なくなってしまいました。

レビューにも書いていますが、VSD100の弱点は、販売価格の高さでしょうね。高価なタカハシFSQ-106EDよりも、更に10万円以上高いというのは、なかなか天文ファンに受け入れてもらいにくいと思います。希望小売価格45万円前後で発売していれば、今頃、VSD100を使っている天体写真ファンも多かったのではないかと思います。性能も良く、使いやすい望遠鏡だけに、残念です。

ニコンAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDが登場

ニコンAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED関東甲信越でも、昨日、梅雨明け宣言が発表されました。東京でもこれから暑い日が続きそうですね。実際、今日は車で出かけていたのですが、エアコンをかけていても暑くて辛かったです。昼間は曇って、夜、晴れてほしいなぁと思いながら、運転していました。

一昨日、ニコンから、新しい中望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」が発表されました。ニコン105mm f/1.4E EDは、フィルター径82ミリの大口径レンズで、105mmでF1.4という明るさは、星空・天体撮影にとても魅力的なスペックですね。

同じくらいの焦点距離のレンズで、天体撮影用として、キヤノンのEF100mm F2.8L マクロも人気がありますが、キャノンレンズと比べると、ニコン105mm f/1.4E EDは2段も明るいことになります。低ISO感度の設定でも、短時間で露光できるのは嬉しいですね。ポタ赤と組み合わせて、星空を気軽に撮影する用途としても使えそうです。

ニコンの公式ページによれば、ニコン105mm f/1.4E EDには3枚のEDレンズが用いられ、色収差を良好に補正しているようです。レンズにはナノクリスタルコートも採用されており、大変魅力的なスペックですが、税抜き定価が24万円と、中望遠レンズとしてはやや高価です。天体撮影に人気のカールツァイスのApo-Sonnar135mmF2が実売で18万円前後ですが、ニコンの実売は、それよりも少し高くなりそうですね。

発売開始は8月26日の予定です。気軽に購入できる価格ではありませんが、広範囲に広がる星雲の撮影用として、明るい高性能レンズが求められていましたので、ニコンからその条件を満たすレンズが登場するのは嬉しいですね。ニコンD810Aと組み合わせて、ケフェウス座の淡い星雲群や、オリオン座の周囲に広がるバーナードループなどを写してみたいと思いました。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
Ranking Banner


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode