星空日誌「つぶやき」

今日は部分日食ですが・・

今日は部分日食が見られる日ですが、16時現在、兵庫県宝塚市では分厚い雲が空を覆って います。



今日の近畿地方は、昨夜の天気予報では、快晴でした。今朝の予報でも薄雲越しに部分日食を観測できる見込みでしたが、午後になると天気予報ががらっと変わり、悪くなってしまいました。

この雲越しでは、日食の観測は難しそうです。

2020年6月21日は部分日食です

明日(6月21日)日曜日の夕方、日本全国で部分日食が見られます。梅雨の時期なので、観測は難しいかなと思っていましたが、今の天気予報では晴天に恵まれる地域が多そうですね。

大阪市での部分日食開始時刻は、16時06分頃です。西空に傾いた太陽が少しずつ欠け始めます。食が最大となる(最も欠ける)のは、17時10分頃です。食分は0.54なので、三日月になるほど大きくは欠けませんが、太陽の40%ほどの面積が月に隠されます。

部分日食

太陽は非常に明るく危険なので、欠けている間でも、直接肉眼で見るのは絶対にやめましょう。観測の際は、日食観測用の専用フィルターを使って減光してください。天体望遠鏡を使用して観察する場合は、太陽投影板を使うと安心です。

カメラレンズや望遠鏡を使って部分日食を撮影する際は、太陽光を10万分の1程度に弱める減光フィルター(D5フィルターなど)を用いて、十分減光して撮影しましょう。

今回の部分日食を逃すと、次回、全国で部分日食が見られるのは、2030年6月1日になります(2023年4月にも一部の地域で部分日食を見られます)。せっかくの貴重な機会ですので、危険性には十分注意しつつ、部分日食を楽しみたいですね。

TSA-120Nが限定再販

高橋製作所から、TSA-120N鏡筒が数量限定で再販売されるようです。TSA-120N鏡筒は、TSA-120鏡筒と光学性能は同じで、フードを固定式にしたモデルです。 2018年12月にも数量限定で発売されました。



TSA-120は、2枚目にスーパーEDガラスを使用した、3枚玉アポクロマート式屈折望遠鏡です。スーパーEDガラスを2枚使用したTOA-130と比較すると、球面収差などが若干多いですが、軽いので持ち運びのしやすい鏡筒です。

TSA-120は、レデューサーやフラットナーレンズをTOA-130と共用できるので、以前から気になっている望遠鏡です。サイドバイサイドで恒星像を覗き比べたら、どんな感じでしょうね。

ビクセン レデューサーHDの星像

6月10日、近畿地方も梅雨入りしました。しばらくは、湿度が高く蒸し暑い天気が続きそうですね。21日の部分日食の日ぐらいは晴れてほしいのですが、梅雨なので期待薄でしょうか。

ビクセン レデューサーHDを取り付けたビクセンED103SとキャノンEOS6Dで撮影したピクセル等倍画像を、以下に掲載しました。画像をクリックすると、Webサイトの大きな画像が開きます。



撮影対象は、先日アップした、たて座の散開星団M11です。最四隅で若干色ずれが感じられますが、35ミリフルサイズの画角全体にわたって、星像はほぼ均一です。掲載画像は、フラット補正を行っていない画像ですが、周辺減光もそれほど目立ちません。

ビクセン レデューサーHDは、他社製のレデューサーと比べて、焦点距離を短くする力は弱いですが(0.79倍)、星像は良好ですね。最近のデジカメは高感度特性が優れているので、明るさよりも星像の良い補正レンズの方が、撮影や画像処理時のストレスが少ないように思います。

MT-200接眼体のオーバーホール

週末は気持ちの良い快晴に恵まれたので、ドロチューブの動きが悪くて前から気になっていた、タカハシMT-200の接眼体をオーバーホールしました。

下が、分解したタカハシMT-200の接眼体です。構造は、現行のε-180EDやε-130Dと同じですね。屈折望遠鏡と異なり、可動範囲が狭いので、ドロチューブ筒は短いです。



オーバーホールは、まず、シリコン除去スプレーを使って、古いグリスを拭き取ります。その後、十分乾かしてから、新しいグリスを可動部分に塗布し、組み立てて終了です。

回転体部分は若干遊びが感じられたので、粘度の高い光学ヘリコイド用グリスを塗りました。グリスの影響で、動きが少し重くなりましたが、これならガタが発生する心配はなさそうです。

今日も良い天気ですが、週間予報を見ると、週半ば以降は曇りや雨マークが続いていますね。いよいよ本格的な梅雨シーズンの到来でしょうか。

星空日誌メニュー

お勧め天文・写真書籍
人気ランキング
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
最新の記事
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
プロフィール
archives
Links
others
mobile
qrcode